タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイで結婚サービス・ツヴァイが撤退した理由は?

2014年04月30日 | タイのこぼれ話
    日本から ありとあらゆる業種が タイへ進出しています。 でも 珍しく撤退する会社も出ています。 イオングループ傘下で、結婚相手紹介サービスを 手がけるツヴァイ (東京都)は、タイ子会社 ツヴァイ (タイランド) の事業を 5月末で撤退するようです。 2011年12月に設立された時は、 タイで この手の業種は どうなのか興味を もって見ていましたが、やはり NGでしたねぇ~   主にタ . . . 本文を読む
コメント

タイのゴミ問題、これは時間がかかりそう ・・・・

2014年04月29日 | タイの出来ごと、あれこれ
    最近のバンコク市内には、半透明のゴミ箱があちこちに置かれているのに気づきます ・・・ これは 昨年4月にバンコク都庁が3万5千個購入し、都内各所へ設置を しているからですネ。 価格は1個2千バーツで、容量は80リットルとか。 ここに家庭のゴミを 捨てる者もいるので、一般 市民に 家庭のゴミなどの捨て場所ではなく、通行人や旅行者用であることも、強く訴えています。    近年、タイ政府も . . . 本文を読む
コメント

トーナメントプロの初優勝が いかに 大変か 分かる?

2014年04月28日 | タイのゴルフ、あれこれ
    なかなか 初優勝という獲物を 獲得することは難しいんですねぇ~  昨日の男女ツアーを 観ていて、つくづく 実感しました!  まずは、女子ツアー 「フジサンケイレディスクラシック」 の園田絵里子プロ25歳。 マンデー トーナメントを 首位タイで突破し、女子ツアー初となるマンデーからの優勝に挑み、「ワァ~ シンデレラ ガールの誕生か」 なんて、騒がれましたが、惜しくも叶いませんでした。 . . . 本文を読む
コメント (2)

タイの交通戦争、何とかしなければ ・・・・

2014年04月27日 | タイのちょっと気になる報道!
    バンコク市内で、何とかしてほしいものの一つに 歩道でのバイク走行があります。 特に 朝夕の交通渋滞時のスクンビット通りは、危なくて、危なくしょうがありません! 先日 一人の欧米人が走ってくるバイクタクシーに向かって、手を 大きく広げて仁王立ちに なって、“止めろ!” とばかり、無言の抵抗を していました。 よ~く その気持ち分かります。     一部のバイクタクシーなんて、ビュンビュン . . . 本文を読む
コメント

女子高校生ゴルファー、 女子プロゴルフ界の宝の山?

2014年04月26日 | タイのゴルフ、あれこれ
    まさか、2週連続で高校生が優勝しないだろうけど、女子ツアーでのアマチュア疾風が凄い! 今度は、永井花奈ちゃん16歳が 「フジサンケイクラシック」 で、36歳のベテラン大山志保プロに 次いで 1打差の2位タイにつけています。 東京・日出高校2年生が、68 でプレーしています。  2位タイには 穴井詩 / 藤本麻子 / ウェイ・ユンジェ (台湾) らが続いていますが ・・・   <永井花 . . . 本文を読む
コメント (2)

タイの人の優しさが身に 沁みる今日この頃です!

2014年04月25日 | タイの好きな所、良い所
    しかし、大変な事故が起きましたねぇ~ そう、韓国の旅客船 「セウォル号」 の沈没事故です。 韓国の海洋警察は、潮流の穏やかな 「小潮期」 が、最終日となった24日も捜索を 続けましたが、 収容した遺体は、同日夜までに 171人で、依然131人が 行方不明のままとなっています ・・・  タイでは、近年 韓流ブームもあって、ドラマや韓国のポピュラー音楽 (K-POP) など、若者の . . . 本文を読む
コメント (3)

タイ料理は やっぱり トムヤムクンでしょ!

2014年04月24日 | タイの名所、名物、料理
    日本で日清から発売されたトムヤムクンのカップヌードルが、計画を 大幅に上回 り、 供給量を 確保できないため、販売が一時休止になっていると聞きます。(昨日からの続き) まぁ~ トム (煮る) ヤム (あえる) クン (海老) と言えば、タイの代表的な料理で 日本でも よく 知られるようになりました。 このトムヤムクン、日本の味噌汁・フランスのオニオン スープと共に、 江上料理学校の創設者 . . . 本文を読む
コメント

日タイの日清カップヌードルが美味しくなった?

2014年04月23日 | タイの名所、名物、料理
    タイと日本で、日清食品が新しいカップヌードルを 出しているのを ご存知でした? まずは タイのカップヌードルです。 食べても美味しいとは思っていませんでしたが、それが 日本風の味に変わって販売されています。 パッケージも新しくなっていますネ。 今までのタイ製 カップ麺と違って、味・香り・麺のコシも日本のカップ麺と同じクオリティに近づ いていますヨ。   以前から “日清食品が出てきて . . . 本文を読む
コメント

みなみちゃん、高校生プロになるのかなぁ~

2014年04月22日 | タイのゴルフ、あれこれ
    女子ツアーの優勝で 史上最年少記録を 更新した鹿児島高1年の勝みなみちゃん15歳。  ジュニアからプロのコーチに従う選手が多い中、完全な独学で ここまで来たと聞きますが、 異色の存在ですよネ。 (昨日からの続きです) 体だって、1メートル57センチの56キロですヨ。 それなのに戦績も立派です。 鹿児島・長田中では スポニチ主催全国中学校春季大会で2・3年時に連覇。 2012年九州女子アマ . . . 本文を読む
コメント (2)

また 日本女子ツアーに 大変な少女が現れました!

2014年04月21日 | タイのゴルフ、あれこれ
    また とんでもない少女が現れましたねぇ~ 日本の十代のアスリートは凄いや! 「ツアー史上最年少優勝」 と 「史上4人目のアマチュア優勝」 の2大快挙を 成し遂げました。 15歳293日での日本女子ツアー優勝は、2012年6月、サントリーレディースでキム・ヒョージュ選手が 記録した16歳332日を 更新する史上最年少です。 日本選手では2003年9月、ミヤギテレビ杯ダン ロップで優勝した宮 . . . 本文を読む
コメント (2)

パスポートの管理には くれぐれ も ご注意を ・・・

2014年04月20日 | タイの海外安全情報
    日本もゴールデンウィークが近づ いていますネ。 タイの日本大使館からも タイへ 渡航するにあたり、いくつかの注意事項が流れていました。  中でも 反政府デモの拠点であるルンピニ公園には 近づかないこと と、パスポートの保管 ・ 管理について、強調して注意喚起しています。 我々も留意したいところです ・・・   特に 先のマレーシア航空370便の墜落事故では、盗難パスポートで搭乗してい . . . 本文を読む
コメント

アジアのベスト・レストラン 50 に バンコクが六つも!

2014年04月19日 | タイの名所、名物、料理
    今のバンコクは、世界有数の料理天国 或いは、美食天国と言われるくらいになりました! それを 象徴するかのように、世界の食の専門家が選ぶ 「アジアのベスト・レストラン50」 の 2014年版に、1位にバンコクのタイ料理店・ナームが、3位にインド料理のガガン と二つの レストランが上位を 占めました。 他のレストランも50位以内に4つも入りましたものネ ・・・   ちなみに、東京からは2 . . . 本文を読む
コメント (2)

ようやく 男子ツアーも 春を 迎えたんだけど ・・・

2014年04月18日 | タイのゴルフ、あれこれ
   男子ツアーに、実質の開幕戦 「東建ホームメイトカップ」 が 開催されましたネ。 女子ツアーでは、早くも1か月ちょいで、O・サタヤ選手のように 3千万円を 稼いでいる選手が いるというのに、男子ツアーは、ようやく スタートです。 この格差は ちょっと問題ですよネ。 更に 同大会で 早くも上級者のゴルフファンを ガッカリさせる珍事が起き、白けさせたようです。 42歳になる大津将史プロが、プロ . . . 本文を読む
コメント

タイで日本人でも 不動産ローンが組めますよ ・・・

2014年04月17日 | タイの楽しみ
    昨日のアユタヤ銀行が、完全に日系の銀行として機能してくると、 日本人の不動産購入など、どっと、こちらに流れるんでしょうねぇ~ バンコクを 散策していると、建設中のコンドミニアムや高層ビルが、やたらと目立ちます。 10年前と 比較すると、地価は相当騰がっていますが、それ以上に買う人が増えているのが、現状のようです。    それだけ購入できる中間所得層が広がっています。 こんな所からも最 . . . 本文を読む
コメント (3)

日系に なった アユタヤ銀行が動き出したかな?

2014年04月16日 | タイの楽しみ
    当ブログでも 昨年12月に、三菱東京UFJ銀行が タイの商業銀行5位であるアユタヤ銀行を 買収したニュースは 話題にしました。 邦銀がアジアでの銀行を 買収するのは初めてのことです。 アユタヤ銀行は タイ国内の銀行序列では、バンコク銀行・クルンタイ銀行・サイアム商業銀行・ カシコン銀行に次ぐ 5番目の銀行ですが、タイ語ではクルンシー (Krungsri) と呼ばれています。  黄色が特色 . . . 本文を読む
コメント (3)