タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

日タイでの強制送還も いろいろ あります!

2018年03月31日 | タイのちょっと気になる報道!
   先日、初めて在タイ日本大使館でパスポートを再発行しました。簡単にできましたネ。 実はパスポートの発行には「新規申請」「切替申請」「増補申請」の3種類あって、 再発行とは言わないそうです。今回、私の場合は「切替申請」になるとのことです。 ただ、旧パスポートの査証欄の余白が36ページも残っていて、勿体ない気もしないではありません。 と言うのも最近、パスポートの査証欄に空白がなく、タイに入国で . . . 本文を読む
コメント (6)

三つの空港が繋がる、これは素晴らしい!

2018年03月30日 | タイの名所、名物、料理
   タイ政府は、バンコク近郊の三つの国際空港を高速鉄道で結ぶ計画案を、27日 閣議で承認しました。 2022年開業を目指す同案の承認を待っていた先進国やタイ大手・外資系企業は多いことでしょうネ。 国や企業だけではありません。タイの人たちも随分と便利にあるでしょう。観光客然りです。 高速鉄道はドンムアン・スワンナプーム両国際空港とパタヤの先にあるラヨーン県のウタパオ 国際空港の約220キロが結ば . . . 本文を読む
コメント

ジャパンゴルフフェアが開催されて 一言 ・・・

2018年03月29日 | タイのゴルフ、あれこれ
   去る23日から25日まで、パシフィコ横浜で開催された「ジャパンゴルフフェア 2018」に 読者の皆さんで、どのくらいの人たちが 行かれたんでしょう? 横浜で2年目の開催となった「第52回ジャパンゴルフフェア2018」は、過去最高の 57,179人の来場者を数え、盛況のうちに終了したようです。宮里藍プロはじめ40人前後の プロゴルファーも来場し、同フェアの様々なイベントを盛り上げたと報道され . . . 本文を読む
コメント

タイはウーバー撤退で クラブタクシーが独擅場になる?

2018年03月28日 | タイの出来ごと、あれこれ
   タイ政府はウーバーなどの配車アプリに反対する前に “現行のタクシーに対する世論の 不満” に対し、タクシー運転手の教育などを まず すべきでしょう。 昨日からの続きです。 タクシーの既得権益を守るよりも、なぜウーバーの人気が高まるのか、その対抗策は何なのかを 考えてほしいですネ。陸運局に寄せられる四輪タクシーの苦情4万件を何とかしてほしいです。   ウーバーのタイ進出により タクシーが . . . 本文を読む
コメント

残念です! 配車アプリの ウーバーが タイを撤退!

2018年03月27日 | タイの出来ごと、あれこれ
   時折、利用していた米国の配車アプリ「ウーバー(Uber)」が 東南アジアの最大手 「グラブ」に東南アジア事業を売却。タイからも撤退するという報道が流れています。 昨日から今日にかけて、その旨のメールが各ユーザーへ一斉に送られています。世界70カ国の 450都市以上で展開していたんですが、中国、ロシアに続き、東南アジアまで撤退です。なぜ?   なんでも 2019年の上場を目指しているよう . . . 本文を読む
コメント

お蔭様で 11年間 毎日 更新できました!

2018年03月26日 | タイの番外編
   今日は 当ブログの誕生日なんですヨ。 2007年3月26日から毎日 更新して丸11年が 過ぎました。 で、今日は個人的な当ブログの話になりますが、悪しからず です。 11年間といいますと4,015日ですから、4,015ページの記事が存在することになります。 数字にしますと、ちょっと驚きます。 でも こうして毎日 休むことなく続けることができて いるのも、読んで頂いている方々が、いらっしゃる . . . 本文を読む
コメント (9)

今年のマスターズ、英樹にウッズに とても楽しみ!

2018年03月25日 | タイのゴルフ、あれこれ
   マスターズまで2週間を切りました。注目はもちろん、松山英樹プロですが、あと 腰のケガから復活したのでしょう、2015年以来出場のタイガー・ウッズ選手ですネ。 今月「バルスパー選手権」では首位と1打差の2位タイ。翌週の「アーノルド・パーマー招待」 では 5位タイと、2週連続でベスト5に入り 最高に近い状態でマスターズを迎えられます。   ツアー通算80勝、マスターズでは過去4回優勝してい . . . 本文を読む
コメント

タイの離婚率が高くなった、女性が求める条件は?

2018年03月24日 | タイのこぼれ話
   今日は、タイの5歳になる女の子、ノイちゃん親子のこんな会話から・・・ ママ     「ノイちゃん、生まれて来てくれて、ありがとうね ♪」 パパ     「パパもママもノイちゃんが生まれて来て、とても幸せだよ ♪」 ノイちゃん  「そっか~ パパとママが結婚して~ だからノイが生まれたんだ~♪」 両親の本音  「違う、違う、ノイが生まれたから結婚したんだよ」とは、とても言えなかった!   . . . 本文を読む
コメント

チュアン チュン GCが リニューアルしてフローラビレに!

2018年03月23日 | タイのゴルフ場
   タイのゴルフ場って、新しくオープンするコースは聞いても 閉鎖するコースって聞きません。 数年前、プレジデントCCが一時閉鎖され、オーナーが変わって 今はスワンナプームCCとして、 再スタートしています。 そう、オーナーが変わって再スタートというのは、時折ありますネ。    <フローラビレ ゴルフ&カントリークラブの正面玄関> 最近では、チュアン チュン ゴルフクラブがクラブハウスを素敵 . . . 本文を読む
コメント

パーク24が完成 間近、スクンビット22はどうなる!

2018年03月22日 | タイの名所、名物、料理
   BTSプロンポン駅で降りて、ベンジャシリ公園のほぼ隣近くにある「ダイナソー・ プラネット」が、4月20日をもって閉鎖されることが報じられています。    <ダイナソー・プラネット> ダイナソー・プラネットとは、一言でいえば「ジュラシックパーク」みたいな所で、恐竜の歴史や 生態を知ることができる施設です。2年前に、プロンポン駅直結のエンポリアムが、3番目の ショッピングモールとするエムスフ . . . 本文を読む
コメント (2)

タイで青年実業家が新党を立ち上げた! さぁ~ ?

2018年03月21日 | タイの出来ごと、あれこれ
   現在、来年2月に予定されている総選挙に向け、新政党の登録が行なわれています。 タイ共産党という名前で申請した新党が、憲法に定められた「タイ国は国王を元首とする民主主義 制度統治」の原則に従っていなければならいという理由で、選挙管理員会から却下されています。   憲法第65条で政党結成の自由が認められているんですが、このような条例規定で、タイ国は 共産主義者を遠ざけてきていたんですネ。タ . . . 本文を読む
コメント (3)

航空会社の競争激化で運賃が下がるのは嬉しいね!

2018年03月20日 | タイの名所、名物、料理
   昨年は、タイから日本へタイ人が約98万人訪れ、日本からタイへ日本人が約154万人訪れました。 この訪問客の数字には、特にタイ人にとってはエアアジアなどの格安航空会社(LCC= ローコスト キャリア)の躍進が、大きく貢献しています。 時には5千バーツから   1万バーツ(約1万7千円~約3万4千円)で、日本を往復できるんですから 憧れの日本も 身近になったんでしょうネ。年々、タイ人の日本 . . . 本文を読む
コメント (2)

ライブで 鈴木愛プロの優勝は 観られたけど ・・・

2018年03月19日 | タイのゴルフ、あれこれ
   今月初め 当ブログで、ゴルフ中継はライブでなければ面白くもないし視聴率もあがらないと、 叫んでしまいました。しかし、昨日 最終日の「Tポイントレディス」は、テレビ朝日がBS 朝日と組んで、完全なライブ中継を行なってくれました。やっぱりゴルフはライブですネ。   鈴木愛プロ優勝の瞬間から表彰式の様子など楽しく観ることができました。開幕戦の「ダイキン オーキッドレディス」では、首位から出た最 . . . 本文を読む
コメント (2)

ゴルフの素晴らしさを促進してくれているのは?

2018年03月18日 | タイのゴルフ、あれこれ
   タイに居るとゴルフ環境が、全てにおいて緩くスムーズなので、プレーできる有難味が忘れがち。 反省しながら、ふと思うと、ゴルフのハンディキャップというシステムも素晴らしいですネ。 ハンディキャップというシステムによって、老若男女 全ての人が楽しめます。孫と一緒になって、 そう 三代でプレーしているKさんファミリーもいらっしゃいます。またW夫妻は、いつもケンカ しながらラウンドしています。どちら . . . 本文を読む
コメント

タイの感動犬と人気犬、そして注意犬、って?

2018年03月17日 | タイの名所、名物、料理
   昨日に続く感動した話、今日は “タイの忠犬ハチ公物語”、ワンちゃんの話です。 余りにも、主人を想う健気な姿に、マスコミが取り上げました。 バンコク都の西隣にあるサムットサコーン県にある運河沿いの道で座り続ける一匹の犬。 “クンクン” と 小さな声で泣きながら、じっと運河の水面を見つめていました。人間風に 言うと「どうしたの? 早く出てきて」と、心配顔で飼い主を待ち続けていたそうです。   . . . 本文を読む
コメント