タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

磁気のキャッシュカードが使用不可になります!

2019年09月20日 | タイの海外安全情報
 今日の話は タイ在中の方々は勿論、日タイを行き来し 日本に住まいの方々へ注意喚起です。 来年1月15日以降、現在 持っている全ての磁気カードのキャッシュカードは、タイ国内の ATM(現金自動預払機)やEDC端末で、利用が不可能になりますので、ご注意ください。    <EDC端末機(Electronic Data Capture)> 磁気タイプのATMカード、デビットカードが使用できなく . . . 本文を読む
コメント

タイには 128歳のご老人がいるらしいけど ・・・

2019年09月19日 | タイのちょっと気になる報道!
   今週月曜日16日は、日本では「敬老の日」で祝日でした。 「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し長寿を祝う」ことを趣旨としています。 2002年までは毎年9月15日を敬老の日としていましたが、03年から現行の9月の第三月曜日と いう規定となりました。そして この時期毎年、発表されるのが100歳以上の高齢者数ですよネ。   日本の厚生労働省は、全国の100歳以上の高齢者が9月15日時 . . . 本文を読む
コメント

タイのタピオカが世界一の輸出量、日本も貢献している?

2019年09月18日 | タイの名所、名物、料理
   日本のタピオカ ブームも貢献しているのでしょう、タイがタピオカの原料などで知られる 「キャッサバ」の輸出量が世界1位となったことが、今月初めタイ商務省から発表されました。 タピオカは、キャッサバの根茎から作られたデンプンのことですが、菓子の材料や料理の とろみ付けに用いられる他、紙の強度を上げるための薬剤の原料としても使われています。 タピオカを抽出後に発生する残渣のパルプから燃料利用でき . . . 本文を読む
コメント

今度は畑岡奈紗プロが海外メジャーを獲ります!

2019年09月17日 | タイのゴルフ、あれこれ
   畑岡奈紗プロは日米通算で7勝です。海外メジャーではプレーオフで惜敗した18年「全米女子プロ」の 2位が最高位。“いつか海外で日本人女子がメジャーを獲るのは自分” と自他ともに認めていたことが、 渋野日向子プロの勝利で、それがモロモロと崩れ落ちました。 昨日の続きになりますかネ。 渋野日向子プロが8月の海外メジャー「AIG全英女子オープン」を制した時は、“すごく悔しかった。 自分も頑張ろうと . . . 本文を読む
コメント

渋野日向子・畑岡奈紗プロ、どちらが凄いと思う? 

2019年09月16日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   畑岡奈紗プロが「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」で、フォン・シャンシャン選手 相手に堂々の強さを見せつけ勝利、国内メジャー3勝目、日米通算7勝目を挙げました。    <小林浩美会長も嬉しそう> 渋野日向子プロが海外メジャー「AIG全英女子オープン」を制してから、当ブログでも “しぶこ フィーバー” になっている最中、Yさんという方から 同ブログにメッセージが届きました。  “確かに . . . 本文を読む
コメント

捨てないことも大事、けど回収率も学ばないと ・・・

2019年09月15日 | タイの出来ごと、あれこれ
   先月末から1週間で、タイ・チョンブリー県、パタヤも面するサッタヒープ湾でウミガメ 4匹が死んでいるのを地元の漁師が発見。悪化するタイの海洋ゴミを食べたとみられています。 タイには海軍の保護センターにウミガメなどを治療できる病院があり、これまで多くのウミ ガメを診てきたといいます。が、4匹も すでに死んでいたのは初めてらしく “このままでは ウミガメがいなくなる可能性がある” と危機感を抱い . . . 本文を読む
コメント

渋野プロ 記録更新ならず、今度は畑岡プロがトップ!

2019年09月14日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   一昨日、29ラウンド連続オーバーパーなしのツアー新記録を樹立した しぶこプロでした。 が、昨日は、一転3オーバーと崩れ 記録更新が断たれてしまいました。 残念です。 いつも 当ブログで、期待したり、いいぞと騒ぐと「逆になってしまうジンクス」は、無くなり そうにありません(苦笑)。予選落ちこそ免れましたが、通算1オーバーは首位と9打差の 42位タイ。優勝争いからは脱落したでしょうネ。 昨日は . . . 本文を読む
コメント

渋野日向子プロ、これぞ 本物のスター でしょう!

2019年09月13日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   やっぱり やってくれました! しぶこプロ。「連続イーブン以下のラウンド数」新記録達成です。 ファンから “ここは” と期待されて応えてしまうのがスターです。「日本女子プロ選手権コニカ ミノルタ杯」で、5バーディー、3ボギーの2アンダー70で回り、「28」でアン・ソンジュ選手と 並んでいた連続イーブン以下ラウンド数を「29」に伸ばし、日本ツアー新記録を打ち立てました。    <上田桃子プロ . . . 本文を読む
コメント

タイは 自殺予防対策を もっと 強化すべきかな?

2019年09月12日 | タイと日本の違い!
   一昨日の10日は、世界保健機関が定めた「世界自殺予防デー」。16日まで自殺予防週間です。 2003年に世界保健機関(WHO)と国際自殺予防学会が共同で、最初に開催された「世界自殺 防止会議(ストックホルム)」が、9月10日だったことから、この日に定められたようです。 ですから この時期、世界各国で自殺予防策など、統計と合わせて発表されています。   WHOが2016年度の「国別10万人 . . . 本文を読む
コメント

西野タイが初勝利、絶対 2次予選は突破して!

2019年09月11日 | タイで活躍する日本人! (会社)
   良かったです! 西野タイが就任後2戦目で、初勝利を挙げました。 昨日、西野監督率いるタイが「ワールドカップ(W杯)アジア2次予選」G組第2戦に臨み、 アウェーでしたが 3–0でインドネシアに快勝しました。過日の当ブログで 次の試合は10月 15日に、ホームでアラブ首長国連邦との戦い と書きましたが間違い。 失敬しました。   スコアレスで折り返した55分にスパチョク・サラチャット選手が . . . 本文を読む
コメント

今月28日に日本人会チャリティバザーが開催される!

2019年09月10日 | タイで活躍する日本人! (会社)
   まだ 少し先の話ですが 今月28日(土曜日)に、タイ国日本人会(島田厚 会長) 主催による「タイ国日本人会 第48回チャリティーバザー」が開催されますネ。 タイ国日本人会は、チャリティーバザーを日タイ親睦のために1972年より開催して、今年で 48回になります。近年、タイ国日本人会は いろいろな意味で大きく変貌を遂げていますが、 今年のチャリティーバザーも、例年とは違った催し物があると聞い . . . 本文を読む
コメント

強くて優しいマークセン選手、恐るべし!

2019年09月09日 | タイのプロゴルファー
   「フジサンケイ クラシック 」は、最終日 石川遼プロの7アンダーの追い上げはあったものの 結局は パク サンヒョン選手が、15アンダーで逆転優勝。 ガン・チャルングン選手の最終日は、 2オーバーで通算7アンダーとなり 6位タイで終了。でも彼が初勝利する日は近いでしょうネ。  ここのところ、日本の男女ツアーに気を取られていましたら、ガン選手が尊敬しお手本としている プラヤド・マークセン選手( . . . 本文を読む
コメント

ガン選手の心強い大きな味方は奥さんでした!

2019年09月08日 | タイのプロゴルファー
   「フジサンケイ クラシック 」3日目を終わって、チェ・ホソン、チャン・キム選手がトップ、 パク サンヒョン(韓国)、ガン・チャルングン選手が4打差の3位、5位にA・キュー選手 (フィリピン)と、上位陣がすべて外国勢では、日本のゴルフファンも興味がないでしょうねぇ~ 6アンダーで6位タイにようやく、今平周吾・岩田寛・香妻陣一朗プロが入り、今季2勝の石川遼 プロは4アンダーの12位。これでは人 . . . 本文を読む
コメント

3位に入ったタイのガン・チャルングン選手のこと!

2019年09月07日 | タイのプロゴルファー
   男子ツアーの「フジサンケイ クラシック」二日目が終了、上位3人が外国勢です。今日の 話題は、その一人 8アンダーで3位につけているタイのガン・チャルングン選手 27歳です。 トップタイに12アンダーで韓国のチェ・ホソン、米国籍のチャン・キム選手が並んでいますから 4打差です。 今日と明日とありますから、念願の日本での初優勝も夢ではありませんヨ。    <3位に入ったガン選手> 尊敬する . . . 本文を読む
コメント

西野タイ、初戦は勝てず 引き分け、残念でした!

2019年09月06日 | タイの出来ごと、あれこれ
   いやぁ~ 残念でしたねぇ~  西野タイは初戦を飾れませんでしたねぇ~ タイのタンマサート スタジアムで行なわれた「22年カタール ワールドカップ・アジア二次予選で 対 ベトナム戦 0-0の引き分けに終わりました。西野監督は、Jリーグ所属のチャナティップ、 ティーラトン、ティティパン選手の3人を先発出場させましたが、スコアレスのドローでした。    <チャナティップ選手、頑張ったけど ・・ . . . 本文を読む
コメント