タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイのタクシー乗車で留意すべき点は ・・・

2013年06月30日 | タイの海外安全情報
    ここの処 たびたび タクシーの乗車拒否に遭いますねぇ~   ワタシの住まいの最寄りの駅は、スクンヴィット通りのプロンポンですから 出かけても帰る際は 同駅近辺は 渋滞が激しい場所ですので、よく 乗車拒否に遭ってしまいます。  「乗車拒否」 の他にも、「乱暴な運転」 「メーターを 使用しない」 等々、タイの人も顔を しかめるタクシー 運転手に 遭うことがあります。 「タクシー10万台が走 . . . 本文を読む
コメント (2)

明後日からタイ人のビザ解禁がスタートするけど …

2013年06月29日 | タイのちょっと気になる報道!
    明後日、7月1日から タイ人の日本入国が、ビザ無しで 15日間が 可能となります。  確か20年以上前は、日本人のビザ無しでのタイ入国も15日間でした。 まぁ~ 観光であれば、 15日間で十分ですからネ。 15日を 超える滞在や就労など 目的とする滞在については、これまで通り 事前に ビザ取得が必要となります。  それにしても、ビザ無しでの入国、早く実現しましたねぇ~  今までの在タ . . . 本文を読む
コメント

混んでいるのは交通渋滞だけじゃない?

2013年06月28日 | タイの名所、名物、料理
    タイに戻り、久しぶりに朝のBTS (スカイトレイン) に 乗りましたら、まぁ~ その混雑やら 益々 酷くなりましたねぇ~ 東京のラッシュアワーに負けないようになりましたヨ (苦笑)。 現在、BTSの毎日の利用者数は 75万人前後と聞いていますが、前年比 約15%増加しているようです。 MRT (地下鉄) の利用者も、ここ2年で 約1.5倍になっており、その上昇率には驚かされますネ。   . . . 本文を読む
コメント

昨日から 「世界麻薬撲滅の日」 なんですよ!

2013年06月27日 | タイの海外安全情報
    昨日の6月26日は、「麻薬撲滅の日」 と されていんですが、日タイで 余り 報道されませんねぇ~ 1998年の国連による 「薬物乱用防止のための指導指針に関する宣言」 の採択された6月26日が、 「国際麻薬乱用撲滅デー」 とされています。 日本でも6月20日から7月19日の間、薬物乱用 防止に対する啓発キャンペーンとして当運動を 実施しているはずなんですがネ。  2019年を 目標と . . . 本文を読む
コメント

今度こそやれよ、キラデク・アフィバーンラト君!

2013年06月26日 | タイのプロゴルファー
    アフィバーンラトは “アジアのジョン・デーリー” と呼ばれているとか、昨日からの続きです。 47歳のジョン・デーリーは、全米プロゴルフと全英オープンで優勝し、PGAツアーで通算5勝を 挙げて いる選手ですからねぇ~ アフィバーンラトも その太っている個性を 活かした方が良いのかも 知れませんよネ。 戦績が悪ければ 何を 言われて仕方ありませんが、良いですからねぇ~ 現在 アフィバーンラ . . . 本文を読む
コメント

キラデク・アフィバーンラト、惜しかったなぁ~ 

2013年06月25日 | タイのプロゴルファー
    いやぁ~ 惜しかったですねぇ~ そう、タイの若武者 23歳のキラデク・アフィバーンラト選手です。 国内男子メジャー 「日本ゴルフツアー選手権」 での最終日。 首位と1打差の2位タイから スタートし 逆転でのメジャー制覇を 目指したんですが、1打及ばず2位タイで今大会を 終えました。  彼は 何度か最終組ベスト3位以内でプレーしていますが、今回が一番優勝に近かったんですがねぇ~  ですが . . . 本文を読む
コメント

訪日の東南アジア旅行者は タイ人が支えている?

2013年06月24日 | タイのこぼれ話
    昨日からバンコクに入りましたので、日本の読者の皆さんには2時間遅れの配信となってしまいます。 朝の8時に書き上げても、日本では10時になってしまいます。 毎日 朝 一番に 読んで貰っている人たちには 少し 不便を かけますが、宜しくで~す。 それにしても、タイに戻る便には、噂どうり タイ人が 随分と 乗っていましたねぇ~    幾度となく日タイを 行き来していますが、これ程タイ人が . . . 本文を読む
コメント (4)

僧侶も 食べたい物を リクエストできたらねぇ~

2013年06月23日 | タイの名所、名物、料理
    タイの僧侶は、托鉢の供え物によって、太ったり 痩せたりしてしまう、なんて ちょっと 滑稽です。 供え物を 捧げる市民は、このことを 知っているんでしょうか ・・・ 昨日からの続きです。 太り気味の僧侶が多いことに、事態を 重くみたタイ保健省は、「僧侶の健康に関する基準」を 策定し、 全国の寺院を 対象に、健康診断の導入やストレッチなどの軽い運動を するよう呼び掛けているとか。   し . . . 本文を読む
コメント (2)

子供だけじゃない、僧侶にも肥満問題が ・・・

2013年06月22日 | タイのちょっと気になる報道!
    19日の当ブログで、昨今のタイの子供に、太っている子が多くなった旨の内容を 書きましたが、 タイの僧侶までもが、太った僧侶が増え 健康状態に黄色信号が ともっているそうですヨ ・・・ 僧侶の肥満問題で、バンコク週報に興味津々な記事が載っていました ・・・ 国民の9割以上が仏教徒のタイでは、以前より少なくなりましたが、今だにバンコクの大都会でも 托鉢の風景が見られます。 僧侶は日の出から . . . 本文を読む
コメント (2)

今や 全国区となった井戸木鴻基プロ ・・・

2013年06月21日 | タイのゴルフ、あれこれ
    以前は 関西のゴルファーと言えば、杉原輝雄プロを 中心に、賞金王になった 前田新作プロ、日本 マッチプレーに勝った山本善隆プロなどの名前が思い浮かびます。 でも 今は 井戸木鴻樹プロですネ。 関西どころか、全米シニアプロに勝って、彼抜きで日本のプロゴルフを 語ることはできなくなりました。 何せ、あの伝説的なジャック ニコラウスやアーノルド パーマーらの名選手が、歴代優勝者ですからネ。 . . . 本文を読む
コメント

タイに 日系・カーブス1号店がオープンしている!

2013年06月20日 | タイの名所、名物、料理
    アメリカに本部を置く女性専用のフィットネスクラブ・カーブスを タイに1号店を オープンさせたのは、今年の1月です ・・・ 昨日からの続きです。 ところが カーブス・タイランドの経営と運営は、日系企業なんですネ。 ちょっと意外でした。  アメリカ発のカーブスは、世界90カ国に展開しており、日本へは2005年に進出し、8年間で 1,250店舗 (4月末) と、急速に店舗数 及び 顧客数を . . . 本文を読む
コメント (1)

タイの健康志向も どんどん 進んでいる ・・・

2013年06月19日 | タイのちょっと気になる報道!
    最近は タイでも健康志向が高くなっていることもあって、朝夕の公園でウォーキングや ジョギングを している人が、実に多くなりました。 休日なんか、その多さで驚きますヨ。 ここに集まる現地の人達は、余裕のある人が多いのか、太ったタイ人を よく見かけます。 ふ、と気づく と タイ社会でも太っている人が随分と増えました。 スカイトレインに乗っていると太った小中学生も   よく 見かけます。  . . . 本文を読む
コメント (2)

このプログラムは 益々 親日家が増えるだろうなぁ~

2013年06月18日 | タイの出来ごと、あれこれ
    いや いや 安倍首相の勢力的な外交活動には驚きますネ。 外交だけでなく、国外を 問わず、 安倍首相の東奔西走ぶりは、良い、悪いは別にして、今までの首相にないものがありますよねぇ~ しかし、安倍晋三氏が首相になって、タイの学生さんに喜ばれていることもあるんですヨ。 実は 6年前の第一次安倍政権時に アジア・太平洋各国から高校生・大学生 及び 若者を 日本に招く 「ジェネシス」 というプロ . . . 本文を読む
コメント (2)

マークセン選手が 今季 5度目の優勝! 残るは …

2013年06月17日 | タイのプロゴルファー
    タイのサムイ島にあるサンティブリ・サムイCC (パー71) で、行なわれていた男子ゴルフの アジアツアー 「クイーンズ・カップ」 の優勝者は、またまた プラヤド・マークセン選手でした。 今年の前半で すでに 5勝目ですヨ。 本当に強いですねぇ~  JGTOとワンアジア ツアーとの開幕戦となった 「タイ オープン」 (3月) と今回のアジアン ツアーと両方の優勝があるので価値があります。 . . . 本文を読む
コメント (2)

世界ランキング、バンコクのあれこれ ・・・

2013年06月16日 | タイの名所、名物、料理
    最近 「バンコクの物価が高くなった」 と よく 耳にしますが、まだ まだ 他の国に比べると 安いですネ。 こんな興味深い物価指数を 表したニュースを 目にしました ・・・ 世界最大の旅行口コミ情報サイトであるトリップアドバイザーが世界49都市で旅行者の出費を 比較調査した 「旅行者物価指数」 の2013年版で、安い都市の6位にバンコクが入っています。   2人で旅行した場合の1日の出 . . . 本文を読む
コメント