タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

プラユット第二次政権が 正式に発足されました!

2019年07月18日 | タイの出来ごと、あれこれ
 16日、タイのプラユット首相率いる新政権の新閣僚36人が、ワチラロンコ国王夫妻臨席のもと、 国王陛下に対し、政権発足のための宣誓式を行ない、第二次政権がようやく発足しました。    <プラユット首相> これで、2014年5月のクーデター後から続いた軍事政権の最高機関であった「国家平和秩序 評議会(NCPO)」は解散され、形の上では約5年ぶりに 待ちに待った民政に復帰したことに なります。  . . . 本文を読む
コメント

タイの高齢化社会に向かい 雇用に変化が起き出した!

2019年07月11日 | タイの出来ごと、あれこれ
   日本の充実してしまった高齢化社会に、タイも負けじと 日本の後を追っているようです。 日本政府は先月「未来投資会議」を開き、働きたい高齢者に対し70歳までの雇用確保として、 「継続雇用や他企業への斡旋などを設ける努力義務を課す」など具体的な方針を、企業に対し 打ち出しました。働く意欲のある高齢者を増やし、社会保障費を抑えることが狙いのようです。   タイでは先月、政府が加速する高齢社会の . . . 本文を読む
コメント

夏休みを迎えて航空会社の競争も始まった!

2019年07月10日 | タイの出来ごと、あれこれ
   日本の夏休みも近づいて来ました。タイへの旅行を計画している人は、どこの旅行社や 航空会社を利用するか チェックしている最中でしょう。タイへはリピーターが多いんですが、 今やネットでホテルや航空会社を 直接 予約してしまう人も多くなりました。 タイ国際航空(TG)が家族や友人同士の旅行用に、4名以上の特別運賃を昨日から販売していますネ。 JALやANA、LCCなどへの対抗策でもあるんでしょう . . . 本文を読む
コメント

タイでの海洋汚染問題、日本にも責任の一旦が ・・・

2019年07月07日 | タイの出来ごと、あれこれ
   先週の2日3日に当ブログで取り上げたプラスティックとビニール袋のごみ問題。もう一つ、 日本とタイにとって、プラごみの輸出入問題も 解決しなければならない大きなテーマです。 タイ政府は近年、自国の電子機器やプラスチックなどの資源ごみが増大していること、また不法 処理も平行して多くなり、海洋が汚染されているとして、資源ごみの輸出入を禁止しています。   日本はというと、大量資源ごみを海外に . . . 本文を読む
コメント

タイの日系企業もプラごみ問題に取り組んでいる!

2019年07月03日 | タイの出来ごと、あれこれ
   プラスチックごみが海に捨てられると、有害なマイクロプラスチックとなり、それを魚が食べて その魚を人間が食する、人間が人間を衰亡させる事態になっていきます。 昨日からの続きです。 マハプラノーム僧侶の寺に集まったペットボトルは、リサイクル工場で処理され、繊維に生まれ 変わり、これを綿などの素材と合わせて布にします。布は再び寺に運ばれ、地元の人たちにより 僧衣に作り変えられ、販売されています。 . . . 本文を読む
コメント

タイでも 本格的になってきた プラごみ環境問題!

2019年07月02日 | タイの出来ごと、あれこれ
   世界的な環境汚染の問題として注目されているプラスチックごみ。ビニール袋も そうです。タイでも昨年当りから急激に それらの取り組みの機運が高まっています。 昨年7月、ザ・モールグループはエンポリアム、エムクオーティエ、サイアムパラゴンの高級 デパートで、“7月3日はビニールの買物袋を提供しない” としていました。 当日は「国際 プラスチックバッグ・フリー・デー」にあたり、この日を境に取り組み . . . 本文を読む
コメント

タイのプラユット首相もG20首脳会議に出席!

2019年06月30日 | タイの出来ごと、あれこれ
   「インテックス大阪」(住之江区)で行なわれていた『G20大阪サミット』が閉幕しました。 集合写真にタイのプラユット首相も映っていました。“タイはいつから日米欧や新興国の リーダーが一堂に会する20カ国・地域首脳会議に加わったの?” と思いきや ・・・・ 特別招待客として、今月23日に閉幕した「東南アジア諸国連合(ASEAN)」の議長国として出席 していました。 今月11日に首相に再任され . . . 本文を読む
コメント

タイで 日本のイチゴが 人気らしいですね!

2019年06月20日 | タイの出来ごと、あれこれ
   日タイ それぞれで簡単に食べられない果物といったら、どんなものがあるでしょうネ。 日本ではタイのドリアン・マンゴスチン・マンゴー・ランプータンでしょうか。ランプータンが 一番 見かけないかも? 今 タイでは果物の王様・ドリアン初め、これらの果実は今が旬ですネ。 昨年、タイのドリアンを中国のオンライン ストア「アリババ」に出店販売したら、1分で8万個も 売れ以来、中国では品切れ状態が続き . . . 本文を読む
コメント

バイクタクシーの「仁義なき戦い」は縄張り争い!

2019年06月19日 | タイの出来ごと、あれこれ
   乱闘事件が起き 死亡者2名を出てしまったバイクタクシー グループ同士の乱闘事件。場所は スクンビット通り ソイ103 (BTSウドムスック駅)の入り口でした。 昨日からの続きです。 乱闘事件の顛末はこうでした。 このエリア一帯は BTS(高架鉄道)の延伸が進んで、新しいビルや高層分譲マンションの新築が 続くなど、バンコクのベッドタウン 及び 商業地区として大きな発展を遂げている場所です。 . . . 本文を読む
コメント

タイでのバイクタクシー乱闘事件の要因は何だ?

2019年06月18日 | タイの出来ごと、あれこれ
   15日、バンコク市内のスクンビット通り ソイ(小路)103辺り(BTSウドムスック駅)で、バイク タクシー運転手の集団同士で、ナイフ・銃などを持出し、路上で大乱闘するという事件がありました。 時折、専門学校生同士が やはり集団で、乱闘騒ぎという事件は聞きますが、今時 大人同士が 縄張り争いで、乱闘騒ぎとは驚きます。 昔の昔、菅原文太のやくざ映画のようです(苦笑)。   タイには日本には . . . 本文を読む
コメント

タイも労働者不足、日系企業のその対策は ・・・

2019年06月09日 | タイの出来ごと、あれこれ
   近年の日タイを見ている「労働者不足」という問題も共通点としてあげられますネ。 タイは日本と同じ、いや より少子高齢化のスピードが早くなっています。深刻な少子 高齢化問題を抱えており、慢性的な労働者不足に悩んでいます。 日本と同じように アジアの他国の人たちが、タイで働く光景をアチコチでを見かけます。   国境付近の地域だけでなく、バンコクでも近隣諸国の移民労働者数が急増し建設現場から . . . 本文を読む
コメント (2)

プラユット氏の首相継続が決定した、今後どうなる!

2019年06月06日 | タイの出来ごと、あれこれ
   5日、タイ国会で首相指名選挙が行なわれ、親軍政政党の新党「国民国家の力党」が 擁立したプラユット氏 65歳。上下両院の過半数を大きく上回る500票を得ての決定です。 2014年のクーデター以降、軍事政権の首相を約5年間務めたプラユット氏でした。今後は 同党が主導する連立政権を発足させます。 3月の総選挙は民政移管のためと位置付け   られたものの、プラユット氏の首相選出で 軍が政治に影 . . . 本文を読む
コメント

タイのプレム枢密院議長が亡くなりました!

2019年05月27日 | タイの出来ごと、あれこれ
   プレム元首相が26日朝、バンコク市内の病院で心不全のため亡くなりました。98歳でした。 亡くなるまで国王の諮問機関である枢密院議長であったプレム・チンスラノン氏は、プミポン 前国王から厚い信頼を得て、3期8年(1980年~1988年)にわたり首相を務めました。そして タイ独自の政治体制を確立し、現在のタイ経済の礎となる発展にも繋げた軍出身の政治家です。    <プレム元首相> 1988 . . . 本文を読む
コメント (1)

タイ総選挙の結果が発表された、これからどうなる?

2019年05月10日 | タイの出来ごと、あれこれ
   タイで3月24日に行なわれた総選挙の公式結果が、選挙管理委員会より発表されました ・・・ 下院の定数500議席のうち、タクシン元首相派の「タイ貢献党」が予想通り、136議席を 獲得して第1党になりました。 一方、現在の軍事政権の事実上の継続を目指す親軍派の 「国民国家の力党」は115議席で第2党となりました。いずれも過半数には届いておらず、双方とも 今後、連立工作を行なって、過半数の勢力 . . . 本文を読む
コメント

今年で 日タイ修好132年、この事でさらに深まった!

2019年05月09日 | タイの出来ごと、あれこれ
   今年で日タイ修好132周年になりました。そして、ラマ10世王・ワチラロンコン国王の 戴冠式と徳仁さま・天皇陛下の即位式が 重なるなんて、希有な歴史の1ページですネ。  その132年という長い歴史の中で、皇室・王室も素晴らしい友好関係を築いてきたからです。 何年か前に日本の皇太子殿下がタイへ 公式訪問された時も、通常の国賓以上の大歓迎を お受けになり、これだけで 皇室へのタイの王室の方々のお . . . 本文を読む
コメント (2)