タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

今年のロイクラトーン祭りは どうなるかな?

2020年10月31日 | タイの名所、名物、料理
   今日31日は、タイの三大祭りである「ロイクラトーン祭り(灯籠流し)」ですネ。 ロイクラトーンは、陰暦12月の満月の夜、農民の収穫に恩恵深い水の精霊に感謝を捧げ、 罪や汚れを水に流し、魂を浄めるお祭り。 タイの人は、バナナの葉や紙で作った灯篭を 蝋燭や線香、花で美しく飾り、満月を映す水面に流します。 今では都内の公園の池でも 行なわれていますが、田舎の静かな川では、まるで光の天の川のように . . . 本文を読む
コメント

私のお庭であるベンジャキティ公園は 今工事中!

2020年10月30日 | タイの名所、名物、料理
   BTSアソーク駅近くにある「ベンジャキティ公園」って、ご存知です?  ゴルフをしない日は、毎日のように近所のBTSプロンポン駅前の「ベンチャシリ公園」 か、 この「ベンジャキティ公園」で、ジョギングの真似事をする場所として利用しています。    <ベンジャキティ公園> 近年、住まいの周辺も交通渋滞が酷く、周囲は高層ビルだらけになりました。ですが、住まいを 変えない理由は、この二つの公園 . . . 本文を読む
コメント

一歳でも長く ゴルフ寿命を伸ばしましょう!

2020年10月29日 | タイのゴルフ、あれこれ
   「健康上の問題がない状態で制限されることなく自立して生活できる年齢」を『健康寿命』と言うなら 「何歳までゴルフができるか」を、私は勝手に『ゴルフ寿命』と呼んでいます。 昨日からの続きです。 ゴルフは高齢者にとって、素晴らしいスポーツであり、これに優る高齢者向きのスポーツは ありません、ましてやウイズコロナの時代がしばらくは続くでしょうから尚更です。大空の下で ソーシャルディスタンスを保たれ . . . 本文を読む
コメント (2)

平均寿命から健康寿命、そして ゴルフ寿命へ!

2020年10月28日 | タイのゴルフ、あれこれ
   凄いですねぇ~ 厚生労働省の発表では、日本において100歳以上の人が、 全国で 9,176人増えて8万450人(先月15日の時点)になったそうですヨ。 毎年増えて50年連続の更新で、うち女性が7万975人(88.2%)、男性が9,475人(11.8%)と 圧倒的に女性の方が多いんですネ。最高齢は女性では田中カ子さんの117歳(世界最高ギネス 認定)で、男性では上田幹蔵さんの110歳ですって . . . 本文を読む
コメント (1)

民主化運動、ドイツ大使館への抗議は行き過ぎ?

2020年10月27日 | タイの出来ごと、あれこれ
   日本のゴルフ友達から昨日、“タイ人が25日日曜の午後に、都内渋谷駅前で抗議集会をやっていた” と メールで知らせてきました。日本でも 在日タイ人が反政府デモを幾度か、行なっているようです。 タイで過去に、このような規模のデモがいくつもありましたが、タイのデモに合わせて、これほど 真剣に日本や海外で、同時に抗議集会が行なわれるのは初めてではないですかネ。 これもネット、 SNSの発達と広まり . . . 本文を読む
コメント (1)

一番のタイ料理はやっぱり トムヤムクンでしょ!

2020年10月26日 | タイの名所、名物、料理
   日本でのタイ料理では「ガパオ ライス」が、いつの間にかタイ料理の代表格になっていました。  一時帰国した折に、コンビニやお弁当チェーンなどで 多くのガパオライスが並んでいることに 驚きを覚えたことがあります。本当に人気のある料理になりました。昨日からの続きになります。     ガパオライスも好きなタイ料理の一つですが、私は何と言ってもトムヤムクンが一番好き。 日本で最初にポピュラーな代表 . . . 本文を読む
コメント (1)

マッサマンカレーって、そんなに美味しいかな?

2020年10月25日 | タイの名所、名物、料理
   日本の皆さんは、タイ料理の一つ「マッサマン カレー」って、ご存知ですか? 米国 CNNトラベルが発表した「世界のベスト料理50」で、マッサマンカレーが一位に選出されたそう。 してやったり、とタイ政府観光庁(TAT)のホームページでもユタサック・スパソーン総裁が、“タイ 料理が世界レベルの料理として認識されるようになり、すでに確固たる評価を得ていることを証明する ものだ”と、自慢げにコメン . . . 本文を読む
コメント (1)

ゴルフ スタイルでは タイは 日本より先進国かな?

2020年10月24日 | タイのゴルフ、あれこれ
   タイではハーフラウンド(9ホール)も 全然 問題なくプレーできます。 日本ではハーフラウンドをしよう、と いろいろ呼びかけても 中々広まらないといいます。 タイのゴルフ場では、ハーフラウンドの料金設定が明示されているコースもあるほどです。 多忙なビジネスマンが朝夕に、女性やジュニアが、年配者や初級者が、と 様々なゴルファー からの利用価値があり、日本でも もっと ハーフラウンドが広まって . . . 本文を読む
コメント

今日は ラマ5世が崩御された日で 祝日です!

2020年10月23日 | タイの出来ごと、あれこれ
   タイでは今日10月23日は、「チュラロンコン大王記念日(ラマ5世が崩御 された日)」で、国民の祝日です。崩御されたのは1910年の57歳の時でした。    <チュラロンコン大王(1853年~1910年)> タイ気象局は、昨日で雨季が終わり、今日から乾期入りしたとの発表がありました。そして タイ政府からは、バンコクでの特別な緊急事態宣言を、昨日から解除すると発令しました。 21日 プラユ . . . 本文を読む
コメント

再度 非常事態宣言の一カ月延長が決まったけど!

2020年10月22日 | タイの出来ごと、あれこれ
   タイ政府は昨日、非常事態宣言を来月末まで一カ月間 延長することを決めました。 3月26日に発令した同宣言の延長は、今回で7度目となります。今回もコロナウイルス感染症 対策の法整備が完了していないことを理由に挙げています。ですが、若者らによる反政府運動が 続いている為、デモを抑制する狙いがあるのは 今や、周知のことと受け止められています。    21日までに報告があったタイ国内の新型コロ . . . 本文を読む
コメント

ジップエアー運航は 日本人には 朗報かもね!

2020年10月21日 | タイの出来ごと、あれこれ
   タイ国において、新型コロナウイルス対策でストップしていた外国人観光客の受け入れを 7カ月ぶりに再スタートしました。長期間滞在する外国人向けに「特別観光ビザ(STV)」に よる外国人旅行者の第一陣(中国人39人)が、昨日 スワンナプーム国際空港に到着しました。 彼らは、14日間の隔離を含め、最長で270日間のタイ滞在が許可されます。26日にも第二陣は 広州(約100人)から到着する予定とか。 . . . 本文を読む
コメント

タイ政府と民主化グループの対立は深まるばかり?

2020年10月20日 | タイの出来ごと、あれこれ
   民主化運動デモは、バンコク都はじめ タイ各地で19日も行なわれ6日連続となりました。 タイは10月になって日常と平和を取り戻しつつありましたが、内からは反政府運動で不安に、 外からコロナ流入の恐怖と、今は、国民は一気に暗雲立ち込める状況となってしまいました。   プラユット首相は声明で、“政府は全てのタイ国民が抱える問題に耳を傾け、解決に向け 努力する” として対話を呼びかけていました . . . 本文を読む
コメント

谷原秀人プロ、日本オープン 残念でした!

2020年10月19日 | 日本のゴルフツアー あれこれ
   昨日は谷原秀人プロに勝ってほしく、久しぶりに興奮しながら男子国内プロゴルフを 観戦しました。やはりライブ放映は良いですネ。ライブですから尚更に 熱が入ります。 今季ツアー国内第二戦「日本オープン選手権」最終日、結局は首位に1打差の2位から 出た稲森佑貴プロ(26)が、69で回り、通算5アンダーで逆転優勝を飾りました。    <稲森佑貴プロ> 2015年から昨年まで5年連続フェアウエーキ . . . 本文を読む
コメント

タイの民主化デモは しばらく 継続されますね!

2020年10月18日 | タイの出来ごと、あれこれ
   バンコク都の中心部にて、若者たちは17日夕方からも都内数カ所に分散して、再び集会を 開き、規模は 約1万5,000人になりました。さらに逮捕者も増え 計50数名になった模様です。 占拠するデモ隊に放水などを使った連日の強硬手段での強制排除について、タイの人権団体、 芸能人や著名人などから批判が相次いでいます。 野党もタイ貢献党ら6党は “武力行使に よる鎮圧は、火に油を注ぐだけだ” とする . . . 本文を読む
コメント

民主化デモでは 親子同士で衝突しているかも!

2020年10月17日 | タイの出来ごと、あれこれ
   反政府デモが続く三日目16日の昨夜、ついにタイ警察は占拠していたデモ隊に向けて放水。 一部で刺激臭のするガスも使用。 学生らは身の安全を守るため、デモを中断しました。 7月以降、デモ隊と警察が衝突するのは初めてで、一時 緊迫した状況となりました。 反政府デモ隊は、今日以降もデモを続けるとしており 緊張感は継続されたままです。   コロナ禍での非常事態宣言下、今は反政府デモに対処する「バ . . . 本文を読む
コメント (2)