タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

日タイ修好134周年で、自分が褒められた気分に!

2021年09月28日 | タイの好きな所、良い所
 一昨日の26日は「日タイ国交樹立の日」でしたネ。 日タイ修好134周年になります。   134年前、当時のタイの国名はシャムでしたが、漢字表記は「暹羅」です。その一字を取り 1887年(明治20年)9月26日に「日暹(にちせん)修好と通商に関する宣言」、いわゆる 「日タイ修好宣言」に署名が行なわれ、正式に外交関係が開始されたと聞き及んでいます。   署名は、タイ外務大臣のテ . . . 本文を読む
コメント

コロナ禍によって 生まれた「幸せを分け合う棚」!

2020年06月10日 | タイの好きな所、良い所
   「トゥー バン スック(幸せを分け合う棚)」 ご存知でした? COVID-19 発生以来、広まったタイらしい新しいタンブン(徳を積むこと)スタイルかな。 訳すと「トゥー(戸棚)・バン(分ける) ・スック(幸せ)」となります。どことは決めず、 誰かが街中に収納棚などを設置し、そこに余裕のある人たちが食物、水などを置いときます。    <トゥー バン スック(幸せを分け合う棚)> それを . . . 本文を読む
コメント

タイで日本語を話すタイ人が 随分と 増えましたね!

2019年10月24日 | タイの好きな所、良い所
   近年、タイでは日本語を話すタイの人が増えました。話しかけられるケースも多々あります。 それもそのはず 国際交流基金によると昨年、タイの日本語学習者は18万4,962人と、毎年増えて おり国・地域別で5番目だそうです。 世界全体では142カ国・地域で384万6,773人とのこと。   トップ5は、中国(100万4,625人)、次いで2位がインドネシア(70万6,603人)、3位 韓国( . . . 本文を読む
コメント

「教師の日」のある行為が 批判される時代に ・・・

2019年06月23日 | タイの好きな所、良い所
   二つ目の「教師の日」となるワンワイクルー(教師尊敬の日)は、 6月の木曜に行なわれています。 昨日からの続きです ・・・ タイは4月が一番暑い季節。タイの学校の夏休みは3月中旬から5月中旬までとなります。 タイでは5月が学校の新年度になりますので、新学期が始まる5月末~6月中旬からの 木曜日は、多くの学校で「ワンワイクルー(先生を敬う日)が行なわれる時期なんですネ。   「先生を敬う」 . . . 本文を読む
コメント

タイには「教師の日」が 2回もあるけど 日本は!

2019年06月22日 | タイの好きな所、良い所
   タイの子供に「将来の夢は?」と尋ねると、どんな職場を返答すると思います? タイの子供が一番なりたい職業のトップは「医者」で、2位が「教師」です。3位にはサッカー選手など 「アスリート」が入っています。近年、世界でのタイ人プロの活躍で、ここにゴルフも入っているかも。    <子供の日には軍の戦車が開放されるので兵士に憧れるのかも> そして4位は「兵士」。日本で言えば子供が「自衛隊に入りた . . . 本文を読む
コメント

勇気ある女子大生に タイのみんなが大絶賛!

2018年03月16日 | タイの好きな所、良い所
   そう言えば、数千万円もする高級腕時計を25個以上所持して、タイ社会を騒がしたプラウィット 副首相の処遇は、どうやら あやふやになりそうです。汚職追放を標榜する政権にあって不自然です。 これだから、各国の汚職や腐敗の酷さを調査研究している国際NGO(非政府組織)などから、 タイはいつまで経っても調査対象の180カ国中100位前後をウロウロしているんでしょうネ。   プラユット首相も「汚職 . . . 本文を読む
コメント (2)

タイは日本に信頼度・好感度 9割以上だって!

2018年03月11日 | タイの好きな所、良い所
   今日は昨日と違って、タイに関わる者としては 気分が良くなる嬉しい話です。 今年1月、新聞通信調査会(公益財団法人)が、アメリカ・イギリス・フランス・中国・韓国・ タイの6カ国で実施した「諸外国における対日メディア世論調査」で、タイが日本に対する 信頼度も好感度も、断トツのトップだったというのです ・・・ 嬉しい~じゃ あ~りませんか。   日本に対する信頼度は「信頼できる」とタイが96 . . . 本文を読む
コメント (5)

久々のチェンマイの旅とゴルフでした ・・・

2017年02月18日 | タイの好きな所、良い所
   今週の三日間は何年ぶりでしょう? チェンマイへ行っていました。ゴルフもしてきましたヨ! やはり、こうしてバンコクという都会の喧騒から離れ、緑に囲まれたチェンマイという地方都市に 来るとホッとしますネ。空気も綺麗で、チェンマイに来てから鼻が汚れないと、人はいいます。    <朝6時半頃かな、泊まったノースヒルホテルからの日の出> 今日は “釈迦に説法” となるでしょうが、近年のチェンマイ . . . 本文を読む
コメント

来年は日・タイ修好130年、そのロゴが決まったね!

2016年12月27日 | タイの好きな所、良い所
    来年の2017年は、日・タイ修好130周年という節目の年となりますネ。 その記念すべきロゴ・ マークが、先週 決定しました。 外務省では130周年記念事業で 使用するロゴマークを日本とタイで公募していました。 が、東京都在住の高橋正広さんの デザインによるロゴが最高得点で、最優秀デザインを獲得して決まりました。 それが これ!   公募は7月15日~9月15日の期間で行なわれ、日タイ . . . 本文を読む
コメント

プミポン国王と明仁 平成天皇の 心温まる お話 ・・・

2016年11月09日 | タイの好きな所、良い所
   昨日の当ブログでは嫌な残念な内容で不評でした。 が、今日はバンコクポストに 心温まる日タイの皇室と王室のことが掲載されていましたので、その5日の内容を ・・・ 来年で日タイ修好130周年です。 その長い歴史の中で 日タイの皇室・王室 同士でも、素晴らしい 友好関係を 築いてきました。 何年か前に日本の皇太子殿下がタイへ 公式訪問された時も、通常の 国賓以上の大歓迎をお受けになり、これだけで . . . 本文を読む
コメント (5)

タイの感動的なコマーシャル ・話の紹介 その7

2016年10月21日 | タイの好きな所、良い所
    今まで 「タイの感動的なコマーシャルの紹介」 として第6 弾まで書いてきましたが、 今日はプミポン国王 ご逝去にまつわる 「タイの感動的な話の紹介」 として第7 弾とします。 既にインターネット上で、見たり読んだりしている読者もいるかと思いますが、まだ 触れていない読者に向けて書きますネ。 タイのパイロットが日本で感動した話です。    <エアアジアの機内> プミポン国王が亡くなっ . . . 本文を読む
コメント

タイ人の日本評価 「サービスが感動的」 を探ってみると ・・・

2016年09月15日 | タイの好きな所、良い所
    日本へ旅行した際 ”タイ人が驚くこと10” で、「すべてのサービスが感動的だ」 と いうのが、私は とても印象的です。 昨日からの続きになりますかネ ・・・ 日本政府観光局 (JNTO) によりますと、2015年度のタイからの訪日者数は なんと79万6,700人にも 及び、前年の65万7,570人から、21%以上も増加しています。 今年の1月~6月の上半期も、 すでに48万5,900人訪 . . . 本文を読む
コメント

日本人はタイ人の気質を もう少し 取り入れても良いかも ・・・

2016年08月24日 | タイの好きな所、良い所
    日本人は性格を診たり、その人の気質を知ろうとする際に何型か、血液型を話題にします。 が、タイ人は余り血液型を気にしません。 むしろ生まれた曜日の方が気になるようです。 自分が何型か 知らない人もいるくらいです。 逆に日本人は自分が生まれた曜日を知っている人が少ないですネ。 いやはや こんな所にも国の違いが表れます・・・ ここで自分が生まれた曜日が判りますヨ。     さて、その血液型、 . . . 本文を読む
コメント (2)

タイの感動的なコマーシャルの紹介 その6

2015年11月05日 | タイの好きな所、良い所
    今日は、久しぶりに「タイの感動的なコマーシャルの紹介」第6弾です ・・・ まずは、心優しい母を想う少年のCMです。 舞台は小学校の教室です。生徒たちは「自分がなりたいと思うスーパーヒーロー」という テーマで、思い思いに理想像を描きました。放課後の教室で、先生は生徒たちが描いた絵を 採点していましたが、ふとポンチャイ少年が描いた「清掃員」という絵に目を留めます。   一方、教室では生 . . . 本文を読む
コメント (2)

タイのスラム街の子たちも ネパール募金活動を ・・・

2015年05月13日 | タイの好きな所、良い所
 先月25日に発生したM7.8の大地震で 大きな被害が発生したネパールで、3日後には 救急活動を行なっていたタイ政府の救援隊の一部が帰国しました(5月6日)。 現地で医療班が1,300人以上を治療したほか「病院への給水、避難者の散髪などを行なった」 と、報道されていました。 こういう有事の時の対応、タイ政府は 結構 速いですからネ。    そして こんな募金活動も報道で知りました。 . . . 本文を読む
コメント