タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

プーケット島のモデルケースが中断に追い込まれた!

2021年04月23日 | タイの名所、名物、料理
   22日のタイ国においてのコロナウイルスの新規感染者数の国内感染は、1,470人(バンコク都 446人)。 相変わらず増え続け累計感染者数も4万8千人を超え、死者数117人と増しています。 一昨日、当ブログにて7月1日よりプーケット県独自の体制づくりが先行して進んでいる話を したばかり。ですが、同件を進めているタイ観光・スポーツ省は、こうして新規感染者が増えて いることもあり、スケジュールを . . . 本文を読む
コメント

外国人受入は プーケット島がモデルケースとなるか?

2021年04月21日 | タイの名所、名物、料理
   20日のタイ国においての新型コロナウイルスの新規感染者数は国内感染が1,441人(バンコク都 350人)。 累計感染者数もいつの間にか、4万5千人を超え、死者数も108人(昨日4人)に ・・・ 今年の10月を目途に外国人観光客の受け入れを隔離無しで目指しているタイ国。最大の観光地・ プーケット島が、7月1日以降にワクチン接種済みの外国人観光客を隔離無しで迎え入れる事が 承認されるなど、何か . . . 本文を読む
コメント

ドンムアン空港は 苦難を乗り越え発展してきました!

2021年04月02日 | タイの名所、名物、料理
   空港の名前の由来は、当時近くにワット ドーンムアンという寺があり、近隣一帯をドーン ムアンと呼ばれていことからドンムアン空港になったと聞いています。因みにスワンナプームは 「黄金の土地」を意味し、故プミポン前国王によって名付けられました。 昨日からの続き … 1940年に日タイで最初に定期便が就航する等しましたが、その後 太平洋戦争では連合軍の 空襲を受けたこともありました。1970年代以 . . . 本文を読む
コメント

アジアで最古の歴史ある空港はタイのドンムアン!

2021年04月01日 | タイの名所、名物、料理
   タイの玄関口といえばバンコクの二大空港であるスワンナプームとドンムアンです。 ですが、20年の利用者は計3,250万人(スワンナプーム約1,670万人、ドンムアン約1,580万人)と 大幅に落ち込みました。19年はそれぞれ約6,540万人、約4,130万人と1億670万人でしたからねぇ~ 1億人以上の旅客というのは過去最高の記録でした。それが7,000万人以上減ったことになります。 タイ . . . 本文を読む
コメント

大麻入りの食品が 身近になってきて心配です!

2021年03月24日 | タイの名所、名物、料理
   タイ国もコロナ禍で経済発展が見えない情況が続いていますが、大麻合法化の利用が、 猛スピードで進み、経済救済に役立てようと感じられる今日この頃です。昨日からの続き。 大麻イベント「ガンジャ & TTM インザシティ」は、バンコク郊外の「ショッピングセンター パラダイスパーク(Paradise Park)」で開催されていました。(2021年3月17日~21日)    <ガンジャ & TTM . . . 本文を読む
コメント

タイで大麻が医療合法化になって三年、近況は?

2021年03月23日 | タイの名所、名物、料理
   タイ国では2018年末に東南アジアで初めて医療大麻を合法化して、三年目に入りましたネ。 今では更に規制緩和が進み、各地に新しい大麻クリニックも開設され、また大麻を使った料理も OKとなり、その料理を提供をするレストランも増えているようです。大麻ラーメンなど日本 料理にも活用されているニュースも流れています。日本の若い人への悪い影響を懸念する 私としては、余り伝えたくない話題ですが、事実は . . . 本文を読む
コメント

暑さに最高なビール、飲み過ぎなければ健康食材!

2021年03月21日 | タイの名所、名物、料理
   日増しに暑くなってきたタイ国ですが、ビールも より美味しくなる季節です(苦笑)。 英字新聞のThe Nationが 「World Beer Index 2021」 から、タイ人はアジアで最もビールを 飲む人種であることを掲載していました。なんでも タイ人は一人当り年間平均142本(330ml)の ビールを消費しており、韓国人は130本、3位が中国人で127本、4位がフィリピン人で11 . . . 本文を読む
コメント

今やタイのコーヒー豆は、南米豆に負けていない?

2021年03月10日 | タイの名所、名物、料理
   タイ国の様々な文化や慣習、それが大きく変化してきました。「コーヒー文化」もその一つ でしょう。特に2000年代に入ってから豆の選定、焙煎、飲み方が変わったように思いますネ。 昔はコーヒーを飲む人は少なかったんですが、今では料理店のそばには、必ずと言っていいほど コーヒーの屋台も出ています。飲み方もミルクや砂糖をたっぷり入れて飲むのが一般的でした。   その甘ったるいアイスコーヒーの主流 . . . 本文を読む
コメント (2)

コロナ禍でHISの挑戦する姿勢、是非 見習いタイ!

2021年03月07日 | タイの名所、名物、料理
   タイ法人の HIS は昨年来、コロナ禍でビジネスの事業拡大を図っています。昨日からの続き。 アイリスオーヤマ、西松屋チェーン、ロゴスコーポレーション、そして学研とのコラボなどと、 大手旅行社であっても発想が柔軟だからこそ、生まれてくるコラボレーションなのでしょうネ。 学研とは「学研教室を広げていく」という事業です。同社はバンコク・パタヤ・シラチャー・ プーケット・チェンマイ・チェンラ・ピ . . . 本文を読む
コメント

タイ・HIS の異業種 新規参入、まだまだ有ります!

2021年03月06日 | タイの名所、名物、料理
   タイのHIS(H.I.S.TOURS)は、コロナ禍において「旅行会社からの脱却」というテーマを掲げ、 異業種への参入を積極的に行ない、ビジネスの事業拡大を図っています。 昨日からの続きです。 3月からは、タイ国内で株式会社ロゴス コーポレーション(本社:大阪市住之江区)の アウトドア用品を輸入し、店舗運営や流通開拓を HISタイが行なう契約を結んでいます。   すでに今月1日には、大型 . . . 本文を読む
コメント

タイ法人HIS の異業種参入には ホント感心します!

2021年03月05日 | タイの名所、名物、料理
   コロナ禍で人々の行き来が激減し、停滞を続けるタイ国の経済。多くの痛手を被り、苦悩している 代表は旅行業でしょうか。会社に柔軟性と余裕があれば、異業種への新規参入も盛んに行なわれます。 その代表がタイのHISの法人「H.I.S.TOURS」でしょうねぇ~ 通常はタイ人と日本人駐在員向けの アウトバウンド業務を中心に取り扱っていますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同業務は   壊滅 . . . 本文を読む
コメント

観光立国タイも そろそろ、鎖国を解除しないと ・・・

2021年02月28日 | タイの名所、名物、料理
   2019年に観光立国タイへ、約3,980万人もの外国人観光客が訪れた、なんて夢のようですネ。 今年に入り タイ観光スポーツ省が、新たに今年度の外国人観光客数を「約1,000万人」と予測。 「今年中旬あたりから海外より観光客が到着し始めるだろう」と ・・・ さぁ~ どうなるかな?  また、外国人とタイ人観光客が使う額は1兆2,000億バーツ(約4兆2,000億円)になるだろう とも推測し . . . 本文を読む
コメント

ドンキホーテがバンコクに早くも3号店を出店する!

2021年02月25日 | タイの名所、名物、料理
   日本のドン・キホーテのアジア版「ドンドンドンキ(DON DON DONKI)」が、1月末で撤退した 東急デパートが入居していた「MBKセンター」の跡地に 3号店の出店話が具体化しているようです。 東急が撤退した際、“跡地にタイ最大のドンドンドンキを展開するだろう” と、MBKセンターが SNS(FB)で謳ってはいましたが、こんなに早く具体化するとは思いませんでしたねぇ~     <ドンド . . . 本文を読む
コメント

タイ国際航空に早く立ち直ってほしいですね!

2021年02月16日 | タイの名所、名物、料理
   タイ国際航空が、夏期スケジュールの一部(3月28日~6月30日)を発表しています。 現在同航空は、成田~バンコク線を週3便、関西~バンコク線を週1便運航していますが、夏期は 羽田~バンコク線を週1便で再開、関西~バンコク線も週2便に増便予定。 成田線については 週3便を継続するといいます。これ以外の日本発着便について、6月30日までは全便運休です。 このような発表があっても、その後の再建 . . . 本文を読む
コメント

タイの日本料理店、なんとか生き残ってほしいです!

2021年02月11日 | タイの名所、名物、料理
   タイ人が好む日本食は寿司、ラーメンが断トツでしょうネ。タイ語でも そのまま呼ばれて いるほど、人気のある和食です。和食は日本人の伝統的な食文化として「ユネスコ無形文化 遺産」に登録されていることも、有識者の間では知られています。  昨日からの続きです。 こんなコロナ禍でも昨年12月には セントラルワールドに、世界初のラーメンでミシュラン一つ星を 獲得した「TSUTA(蔦)」がオープンしてい . . . 本文を読む
コメント