タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

アフター コロナのゴルフは7月以降がシーズン!

2020年06月04日 | タイのゴルフ、あれこれ
   先月にタイではゴルフ場が解禁、タイ在住のゴルフ好きの友人は皆、既にラウンドしました。 我慢していたラウンドだけに、“やっぱりタイのゴルフは最高”、“タイの自然の中でのプレー、 気持ちいい”、“タイでのゴルフは止められない”… … 等々、異口同音に喜びいっぱいでした。   コロナ禍の中ですが、タイの気象局は、 先月の18日から雨季入りし、10月中旬まで続くと 発表しています。「今年の雨季 . . . 本文を読む
コメント (1)

コロナ禍により ゴルフ業界も変わってほしい!

2020年05月27日 | タイのゴルフ、あれこれ
   先週 プレーしたクルンテープクリタ スポーツクラブは、50年の歴史が物語るように、 名門コースの風格と格式を漂わせていますネ。 昨日からの続きになるかな ・・・ ここは昔からタイの富裕層に守られてきたコースで、外国人がメンバーになれないゴルフ場は、 タイで18ホール以上ある190ほどのコースの中で、ここだけでしょうネ。 バンコク都内に 位置するにも拘わらず、大きな古木と草木の深緑さで美しい . . . 本文を読む
コメント

タイ ゴルフもコロナ禍の新ルール新マナーでプレー!

2020年05月26日 | タイのゴルフ、あれこれ
   先週は 60日ぶりにゴルフ、クルンテープクリタ スポーツクラブでプレーしてきました。 クルンテープクリタ スポーツクラブは、開場が1969年ですから50年以上も歴史のあるコ-スです。 当時は ここの地名のファアマーク(Hua Mak)という名のゴルフ場でした。 今ではバンコクから スワンナプーム国際空港を走るエアポートリンク鉄道の駅(ファアマーク駅)も生まれています。    <コースから . . . 本文を読む
コメント

今後はネット通信のゴルフレッスンが増えますね!

2020年05月22日 | タイのゴルフ、あれこれ
   コロナ禍によってオンライン化が加速され、仕事において多くの見直しもされています。 新たな仕事様式も生まれそうで、ゴルフではオンラインレッスンが一般化するような気がします。 新型コロナウイルスの感染拡大で、コミュニケーションのオンライン化が一気に進み、 テレワーク、Web会議が日常化し、オンラインの飲み会まで生まれています。スポーツでも   気軽に参加できると、フィットネスなどのオンライ . . . 本文を読む
コメント

日本のゴルフもスループレーが当たり前になる?

2020年05月15日 | タイのゴルフ、あれこれ
   コロナ禍によって生活と仕事において多くの無駄も散見され、新たな社会ルールもできそうです。 ゴルフではタイで当たり前のスループレー。日本でもスループレーが増えていくのかも知れません。 日本で感染拡大防止策として、利用者にプレースタイルを選んで貰うようにしたところ、 今は、レストランや風呂を使用しないスループレーを選択する人がほとんどだそうですネ。     プレー時間は短縮でき、時間を有効に . . . 本文を読む
コメント (1)

ゴルフと新型コロナウイルスを誤解していました!

2020年05月09日 | タイのゴルフ、あれこれ
   新型コロナウイルスの襲来で「世界が経済パニックに陥いる」なんて、誰が予測したでしょう。 タイでは、1月中旬に武漢から直行便でスワンナプーム空港に到着した中国人女性の感染から 始まりました。21日の当ブログでも初めて新型コロナウイルスに触れましたが、軽い話でしたネ。   「なんか怪しいウイルスが発見されたらしい」と言っていましたら、日本でも発症者が続々出て 3月には新型コロナウイルスが世 . . . 本文を読む
コメント (1)

COVID-19の影響で 米国のタイ人プロも帰国!

2020年04月30日 | タイのゴルフ、あれこれ
   昨日、タイにおいて新感染者数は9人で、三日連続で一桁を保てています。 非常事態と夜間外出禁止令など、一カ月間延長されることが決まったばかりですが、 ゴルフ場や公園は、屋外でソーシャル ディスタンスが保てるということで、営業再開が 検討されています。それをを受けて、バンコク都とその近郊やパタヤ地区のチョンブリ県の コースでは営業再開の準備に入っているといいます。ゴルファーにとっては嬉しい情 . . . 本文を読む
コメント

バンコク近郊でも5月からゴルフができるかな!

2020年04月24日 | タイのゴルフ、あれこれ
   昨日、タイで新たに確認された感染者数は13人で死亡者は一人。着実に一桁台へ向かっています。 パタヤが位置するチョンブリ県内のゴルフ場は、5月1日からオープンすると、インフォーム されています。バンコクのゴルフ専門会社では、オンラインでの予約もスタートしていますネ。 この調子で、バンコク近郊のコースも5月からプレーできるようになると良いんですがねぇ~   プレーできるようになれば、こうい . . . 本文を読む
コメント (2)

タイでは感染者が減っても、もう一つ問題が ・・・

2020年04月22日 | タイのゴルフ、あれこれ
   昨日、タイで新たに確認された感染者数は19人。20人を切って いよいよ一桁に向かうかな。 でも昨日、死亡者は一人出てしまいました。50歳のタクシー運転手です。タイで初の ボクシングのルンピニ スタジアムで発生したクラスター(集団感染)の一人。お客の 送迎をしていた彼は、また 血糖値が高く糖尿病の基礎疾患を持っていたようです。   でも、一日当たりの感染者数は10日ほど前に比較すると、約 . . . 本文を読む
コメント

ゴルフプレーの再開は 日本よりタイの方が早いかな?

2020年04月17日 | タイのゴルフ、あれこれ
   タイ国内の新たなCOVID-19 感染数(昨日は29人・死者3人)が増えてはいますが、累計 2,672人に対し、恢復して退院(1,593人)する割合が、約60%と5割を超えてきました。 ちょっと気が早いと思いますが、シラチャ・パタヤ地区のあるチョンブリ県では15日、県内の感染 状況が改善してきていることを受け、5月1日から商業施設再開の可能性があると報じています。   <チョンブリのグリ . . . 本文を読む
コメント

タイの人は怒らない、タイの七不思議の一つ!

2020年04月11日 | タイのゴルフ、あれこれ
   いきなりのアルコール販売禁止令が出されたタイ人と外国人、一昨日は、“お酒を 買いだめしておこう” と、スーパーなどでは、長蛇の列となって大変だったようです。 タイではアルコールが販売される時間帯は決まっています(11時から14時と17時~24時)。 殆どの人が禁止令を知ったのは前日午後ですから、購入できるのは17時~24時、いや夜間 外出禁止令も出されており、17時から22時までの5時間 . . . 本文を読む
コメント

今こそ タイのゴルフファンにメッセージを!

2020年04月09日 | タイのゴルフ、あれこれ
   昨日のタイ国内での COVID-19 感染者が新たに111人と再び三桁になって、“ 戻ってしまった” と、気落ちしていました。が、その内42人はジャカルタからチャーター機で帰国したタイ人イスラム 教徒のグループでした。でもまだわかりません。見守りましょう ・・・ 昨日からの続きです。 昨年の日本人の来タイ者数は160万人を超えましたが、その内リピーターが7割でゴルフを目的に 来た人は、全 . . . 本文を読む
コメント

タイゴルフ関係者の皆さん、日本人会を見習って!

2020年04月08日 | タイのゴルフ、あれこれ
   昨夜 安倍晋三首相が、COVID‐19の感染防止の為、5月6日まで「緊急事態」を宣言し大騒ぎ。 宣言しても強制力はなく、すべて「国民頼み」となりそうです。事態は1カ月で収束するかな? タイでは26日に「非常事態宣言」が発令され、4月3日には「夜間外出禁止令」が発動されています。 個人的な見解ですが「タイは人間は悪いことをしてしまう」という性悪説から物事が進みますから 「国民頼み」なんかに . . . 本文を読む
コメント (3)

日タイでゴルフができる日はいつになるだろう?

2020年04月07日 | タイのゴルフ、あれこれ
   日本を含め世界のゴルフトーナメントは、今だに 開催されず、延期されている中「第149回 全英オープン選手権」が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止の発表がありました。 1860年に始まった同大会の中止は、1945年の第二次世界大戦以来 75年ぶりだといいます。   欧米、タイ、日本において、一般プレーヤ-の間でも コンペ中止やプレーのキャンセルが 多くなり、世界のゴルフ場はじめ、ゴ . . . 本文を読む
コメント

ゴルフ場でも感染者を出したら大変です!

2020年04月05日 | タイのゴルフ、あれこれ
   バンコク都内の南西約200キロメートル、タイ湾を挟んでパタヤの対岸に位置するホアヒン。 都から3時間前後かかりますが、パタヤやバンコクのような喧騒さがなく、私は好きな都市です。 ホアヒンには街の中心から30分圏内に10カ所ほどの素晴らしいコースがあります。 しかし、ここも 新型コロナウイルス予防の為、4月に入り県知事から通達が出て、主なコースがクローズとなっています。    <ホアヒンで . . . 本文を読む
コメント (2)