タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ジュタヌガーン姉妹、こんな兄弟 見たことない!

2018年12月14日 | タイのゴルフ、あれこれ
   タイのアリヤ・ジュタヌガーン選手(23)が、米国スポーツ専門局『ESPN』の「THE DOMINANT 20 (スポーツ界を支配したトップ20)」で、4位に選ばれました。また一つの勲章が加わりましたネ。 今年のアリヤ選手は「全米女子オープン」を含む3勝(トップ10入り17回)、現在 世界ランク1位、 年間最優秀選手賞、年間女王(100万ドル)、平均スコア1位(69.415)、賞金女王(約2 . . . 本文を読む
コメント

ゴルフのプレー中に脚がつってしまった!

2018年12月12日 | タイのゴルフ、あれこれ
   平均寿命と健康寿命には男性で約10年、女性で約13年の開きがあるようです。でもゴルファーは 「ゴルフ寿命」も頭に入れておかないとネ。健康でもゴルフは諦めたという人が意外に多いんです。 それには「いい姿勢」と「速歩き習慣」を組み合わせれば、ゴルフ寿命を大きく延ばせるとか。 ゴルフのプレー中に歩いている時に、イン・アウトで20分ずつ「いい姿勢」で ”ちょこっと 速歩き” を実践することで、よ . . . 本文を読む
コメント

タイのゴルフ場へ日本の女性ゴルファーに来てほしい!

2018年12月09日 | タイのゴルフ、あれこれ
   タイの一般市民も、アリヤ・ジュタヌガーン選手が どれくらい凄いことをやってのけたのか、 ようやく気づいて来ているようです。今、彼女はアチコチのイベントに呼ばれて引っ張りです。 彼女の活躍によって、タイでまだ マイナーなゴルフが、ジュニアの女子、健康志向になって 来ている若い女性にも、ゴルフというスポーツの認識が深まって来るような気がします。    <今やジュニア ゴルファーの憧れの的に> . . . 本文を読む
コメント

ここを日本の女性ゴルファーに知ってほしい!

2018年12月08日 | タイのゴルフ、あれこれ
   今季の米国女子ツアーで、賞金女王、年間女王、最優秀選手賞、ベアトロフィー(年間最少 平均ストローク)など、各賞を総なめにした世界ランク1位のアリヤ・ジュタヌガーン選手。 日本の女性ゴルファーの間でも、“タイって、そんなにゴルフが盛んだった?” と話題に上るように なったとか。日本女性にタイのゴルフを知って貰う良い機会にもなりますネ。昨日からの続きです …   これから書くことは、まだタ . . . 本文を読む
コメント (2)

タイ ゴルフを日本の女性ゴルファーに広めたい!

2018年12月07日 | タイのゴルフ、あれこれ
   タイ国のイメージアップには「タイのゴルフ」を、日本で増えていると言われる女子 ゴルファーにも ”もっと もっとアピールしたら良いのに” と、いつも思っています。 タイ国政府観光庁が、スパだ、地方への旅行だ、タイ料理だ、と日本の女性向きに色々な 誘致を行なっていますが、なかなか その成果が出ていないようです。それはそうでしょう、   今の日本には、同じようなものがいくらでも溢れています。 . . . 本文を読む
コメント

女子のQT 終了、タイ人女子プロの来季は厳しいねぇ~ 

2018年12月01日 | タイのゴルフ、あれこれ
   「来年も職がある。無職にならなくて本当に良かった」 ・・・ と、胸をなでおろしながら、 そうコメントしたのはファイナルQTで通算6アンダー・6位に入った三浦桃香プロ(19)でした。 8月8日に始まっていますからファーストQTから参戦していたら丸約4カ月かかったことになる ファイナルQT最終日が、昨日終了しました。長かった来季の出場権をかけた戦いも終わりましたネ。   昨季のQTでは33 . . . 本文を読む
コメント (2)

タイからラタノン選手が 来年のシード権 獲得だ!

2018年11月26日 | タイのゴルフ、あれこれ
   国内の男子ツアーは 昨日の「カシオ ワールドオープン」が、一般選手にとっては最後となりました。 今週行なわれる「ゴルフ日本シリーズ JTカップ」は、今季優勝者と賞金ランク20位以上の選手だけしか 出場権利がありませんからネ。 最後の試合となると毎年、来季のシード権争いでドラマが生まれます。   今季初優勝を飾った木下裕太プロ、大槻智春・嘉数光倫プロ、そして 当ブログでも 取り 上げた比 . . . 本文を読む
コメント

タイのゴルフ場でもハートティーを設けたら良いかも …

2018年11月24日 | タイのゴルフ、あれこれ
   読者の皆さんは「ハートティー」って、ご存知ですか? もちろん 日本での話です ・・・ 初心者でもゴルフが楽しめるように、レディース ティーよりも更に距離設定が短いティーのことをいいます。 私も知りませんでしたが、2008年ぐらいから推奨されてきて、もう10年前後が経過しているんですってヨ。    <ハートティー> ハートティーの効果は、かなりのものらしく、ティーが選べることでゴルフの可 . . . 本文を読む
コメント

シード権がかかっているサタヤ選手、頑張って!

2018年11月17日 | タイのゴルフ、あれこれ
   シード権を狙う女子プロにとっては最後の試合となる「大王製紙エリエール」の2日目が 終了。来年度のシード権を失う選手、確保できる選手と、その明暗がハッキリしてきました。 いつも応援しているタイのO・サタヤ選手(34)も正念場で頑張っています。現在の賞金ランキングは70位 (約1,424万円)ですが、同大会では3アンダーの42位タイで予選を通過しています。トップを走る有村 智恵プロ(30)との . . . 本文を読む
コメント (6)

松山・石川プロの二人、田中と斉藤を見ているよう!

2018年11月14日 | タイのゴルフ、あれこれ
   いやぁ~ 楽しみですねぇ~ 「ダンロップフェニックス」で明日から、日本が誇るスーパー スター・松山英樹プロと石川遼プロの2人が予選ラウンド(二日間)で、競演しますって ・・・  同組で回るのは2016年の「日本オープン」予選ラウンド以来らしいですヨ。その時は豪州の アダム・スコット選手も加わり、スター3人のドリームグループでギャラリーを沸かしました。 今回の同伴者は若手で躍進 著しい星野陸 . . . 本文を読む
コメント (4)

5日間の 連チャンゴルフも アッという間でした!

2018年11月11日 | タイのゴルフ、あれこれ
    2000年代に入る前は、アルパインゴルフ、タイカントリー、ナワタニGC、サイアムCCなどが、 バンコク近郊ではベスト5に名を連ねていましたが、今ではアマタスプリング、アヨタヤリンクス、 ニカンティGCがオープンしてから、ベスト5も随分と変わってきましたよネ。昨日からの続きです。 アマタスプリングを一番にあげるタイのゴルファンも多いですネ。先日 ラウンドした折は、 来月21日から開催される . . . 本文を読む
コメント (2)

久しぶりの アマタスプリングCCでした!

2018年11月10日 | タイのゴルフ、あれこれ
   タイガー・ウッズ選手は1996年、大学を2年で中退しプロに転向。昨日からの続きです。 翌年、タイ カントリークラブで開催された「ホンダ クラシック」、1998年のプーケットにある ブルーキャニオンCCで行なわれた「ジョニーウォーカー クラシック」で優勝。そして2000年に アルパインゴルフで優勝しましたので、タイ国内ではトータル3回 優勝しているんでしたネ。    <海外での初優勝はタ . . . 本文を読む
コメント

昨年に続き5日間連チャンのゴルフでした!

2018年11月09日 | タイのゴルフ、あれこれ
   先週は日本から友人がゴルフをやりに来て、一緒に5連チャンのラウンドでした。 タイでゴルフをする際、いつも歩くゴルフを奨励している私ですが、さすがに5連チャンとなると、 カートを活用させて貰いました。タイのゴルフは一部 カートを義務付けている所もありますが、歩いても カートを利用しても、どちらでも良い、という選択肢ができるのもタイゴルフの良さの一つでしょうネ。     5日間 ラウンドし . . . 本文を読む
コメント

比嘉一貴プロ、日亜 両方のシード権獲得なるか!

2018年11月06日 | タイのゴルフ、あれこれ
   「平和PGM選手権」で9位に入り378万円をゲットした比嘉一貴プロは、日本ツアーの賞金ランクも 57位(約14,470万円)となり、シード権獲得(65位以内)も見えてきました。 昨日からの続きです。 同選手権が大雨によるコースコンディション不良のため、第3ラウンドの競技が中止となり、 競技は72ホールから54ホールに短縮され、規定により賞金は75%に減額されました。 賞金の75%減額は、痛 . . . 本文を読む
コメント

比嘉一貴プロが 日本とアジアで 頑張っている!

2018年11月05日 | タイのゴルフ、あれこれ
   昨日の男子ツアー「平和PGM選手権」での最終日、ショーン・ノリス選手(南アフリカ)に 6メートルのイーグルパットを沈められては、バーディを決めていた片岡大育プロも “自分は やることはやった” と諦めるしかありません。ライブでの優勝争いは 本当に面白いですよネ。 でも、ひそかに応援していたのは、身長158センチと小柄ながら馬力もあり、正確なショットが 武器の比嘉一貴プロでした。 今年はアジ . . . 本文を読む
コメント