カメラを続けて20年!

子供の誕生を機にカメラを始めてそろそろ20年。もう子供も被写体になってもらえず、あらたな被写体を求め模索中の毎日です。

Xiaomi Redmi 9Tの実力を見るために久しぶりに日本橋で撮影してみた

2022年01月15日 07時58分34秒 | 東京

先日入手したXiaomi Redmi 9Tについて、本体性能はまぁ置いておいてもカメラ性能に関してはちょっと残念な結果でした。

ハイエンドであるiPhone11を比較対象としているためエントリーモデルの本機のカメラ性能が劣ることはいうまでもありません。その中の一つが「ラチチュードが狭い」ところです。ラチチュードが狭いとどのような描写になるのかというと、コントラストが強くメリハリがありすぎて、明るいところは「真っ白」になり、暗いところは「真っ黒」になってしまいます。寺の屋根の軒下などは真っ暗で、青空が真っ白になってしまう傾向があるというのが「ラチチュードが狭い」ということです。

タイトル写真の狛犬(もしくは獅子)を見るとその傾向がわかります。



といいつつも、こちらの写真はかなりきれいに撮れています。やはり晴天の場合であれば綺麗に撮れるようです。

この写真、超広角カメラで撮影していますが、かなりな歪曲が目立ちます。

また超広角カメラの解像度は標準(広角)カメラの4,800万画素に比べ800万画素にランクダウンするため、解像度もかなり失われてしまいます。(Redmi 9Tは4画素を1つにまとめて処理するため実質1,200万画素ではありますが)

※ Xiaomi Redmi 9Tで撮影:1/1365sec F2.2 ±0.0EV 13mm相当 ISO100



タイトル写真と同様の日本橋のランカンに装飾されている龍(もしくは麒麟)の象です。

こちらは日本橋の上を走る首都高速が強い光を緩和させているせいか、コントラストも押さえられたためか細部も解像感もあり、いい感じで撮影できました。

※ Xiaomi Redmi 9Tで撮影:1/100sec F1.8 ±0.0EV 26mm相当 ISO126



三越新館の入口に設置されているライオン像です。

超広角カメラで撮影したため、前足当たりからの広角効果が強く出ています。おなじ超広角カメラで撮影した三越の交差点の写真とはうってかわり、800万画素にも関わらず解像感は失われていません。

マクロ系の近距離~中距離あたりが超広角カメラのベスト焦点距離なのかもしれません。

でも13mmクラスの超広角領域は風景をはじめとした遠景撮影したくなります。

※ Xiaomi Redmi 9Tで撮影:1/33sec F2.2 ±0.0EV 13mm相当 ISO100


東京駅丸の内口駅舎をとることが多い私ですが、別件にて日本橋に用事があったため、三越を含め撮影してきました。COREDO室町の内装撮影も考えましたが、天気もよかったため屋外撮影としました。

ただお昼時もあったのか人でも多く、特に三越新館入口のライオン像なんて構図を決めて。。。なんて撮影することもできませんでした。

町に活気が出てきました。嬉しいかぎりです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

AndroidスマホをXiaomi Redmi 9Tに買い換えてみた

2022年01月08日 08時07分36秒 | 東京

大絶賛中のダズルカラーを搭載したOPPO Reno Aを買い換えることにしました。

特に買い換えるほどの不満点はなかったのですが、1シーズン使い続けてきて、そろそろ買い換えてみようかなぁ~と軽い気持ちで買い換えてみました。

MNPを利用してスマホを格安で換えるためには、キャリアは現在のOCNモバイルOneを選択することができません。他の格安コースを用意しているキャリアといえば「BIC SIM(≒IIJmio)」「楽天モバイル」などがありますが今回は「超コスパが良い」とウワサに名高いXiaomi Redmi 9Tを狙っていたので、キャリアはBIC SIMを選択することとしました。



モニタの大きさが6.53インチと大きいため本体はかなり大きいです。

本体は樹脂製ですが光沢仕上げされていないため指紋がつきにくいです。かといって安っぽいわけではないのがいいところだと思います。

左上部に誇らしげに刻印されている「Redmi」のロゴについては好みが分かれることとでしょう。



カメラ部のアップになります。超広角カメラ・広角(標準)カメラ・マクロカメラの3種類となりますが、OPPO Reno Aと同様に深度測定レンズということで合計4眼カメラとなります。


スマホとしての性能は、ネットでの評判通り、普通(サイト閲覧・YouTube視聴など)に使う分には及第点です。

カメラ性能ですが、OPPO Reno Aに比べると否めない感が強いです。

超広角カメラがあるのはいいのですが、手ぶれ補正がないためか手振れ写真が多いです。特にマクロ時の写真は、ほぼブレておりマクロの恩恵を生かせることができませんでした。



横浜駅西口側を超広角カメラで撮影してみました。

この超広角カメラも多少うさんくさい面があります。

まずは画素数が低いこと、よって解像感や明瞭度が低いです。またレンズの性能が他のものと比べて良くないためか端への歪曲はもちろんのこと、画像の乱れも目につきました。

※ Xiaomi Redmi T9で撮影:1/1912sec F2.2 ±0.0EV 26mm相当 ISO100


エントリーモデルであることや値段相応と考えると、カメラ性能が納得いかない面があるのはしょうがないと思います。前回のOPPO Reno Aの性能が良かったせいか「Android」すげえ!と思っていましたが、Xiaomi Redmi T9はイメージしていたエントリーモデルのカメラ性能でした。ある意味想定通りというかホっとしました。

これからはこちらのカメラを使い込んでいきたいと思います。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

料理の写真をスマホで撮ってみた

2022年01月01日 10時41分47秒 | グルメ

私の苦手な分野の一つとして「料理写真」があります。他の方のブログを見ていると、上手い人は本当に美味しそうな食事やお弁当の写真を撮られていると思います。我が家はあまり自然光が入ってこない環境なためどうしても料理の写真を撮る機会は外食になってしまいます。

時々おしゃれなカフェなどで可愛らしいスイーツなど撮ってみようと思うのですが、流石にいいおっさんが一眼カメラ小脇に抱えて撮影する姿には抵抗があります。

よって場数を踏まないため撮影スキルも上がるはずもなく当然納得いく写真はなかなか撮ることができませんでした。


そういうことであればスマホで撮影すれば?ということでiPhoenとOPPO Reno Aの両方で撮影してみましたが、今回はOPPO Reno Aのダズルカラーの方が料理の撮影には適していたようです。晴天の青系はめっぽう不安定でも料理の赤系には強いということでしょうか。


タイトル写真はロンハーマンカフェ逗子マリーナ店でのスイーツ写真です。ここのレストランのテーブルがなかなか具合が良かったです。後で聞いたら結婚式の披露宴でも使われることがあるとのこと。納得です。

ちなみにスイーツはキャラメル系のどっしりとしたムースでした。 



かっぱ寿司でのサーモンの写真です。美味しそうに撮れたと思います。

※ OPPO Reno Aで撮影:1/50sec F1.7 ±0.0EV ISO176



こちらはスシローでのマグロの撮影ですが、皿がオレンジのせいか全体的に赤く仕上がっています。ギリギリOKと感じました。

ちなみに撮影後ホワイトバランスを寒色系に調整しても逆にマグロがおかしな色になってしまいました。

※ OPPO Reno Aで撮影:1/50sec F1.7 ±0.0EV ISO220



最後は出どころは失念してしまいましたが、ショコラ系のスイーツの写真です。

縦構図で撮ってみましたが、OPPO Reno Aの画面比率で設定していたので、1:2でかなり長細い比率になっています。逆に功を奏して面白い写真に仕上がっていると思います。

※ OPPO Reno Aで撮影:1/50sec F1.7 ±0.0EV ISO819


料理撮影において撮影している姿が目立たないことを美徳と思い込んでいる私にとっては一眼カメラでの料理撮影はカバンからの取り出しも含め、かなり辛い作業です。

さらに外食では複合光が多いせいか、一眼カメラで撮影したところで思っている色は表現できないし、編集ソフトを使用してもかなり難しかったためダズルカラーでの撮影は私の撮影スタイルにあっていたようです。


しかしOPPO Reno Aでは抵抗ないのに、何故かiPhoneでは撮影のテンションが上がりませんでした。何故でしょう。。。。


コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今更ながらエントリーモデルのフィルムカメラを新しくしてみた

2021年12月25日 07時59分53秒 | カメラ

今まで使ってきたCANON EOS KISS IIIの日付設定が2019年以降刻まれないため、あたらしくEOS KISS 5を購入しました。全身シルバーのデザインがとても未来的です。

中古購入ではいつもお世話になっている近所のキタムラで「本体のみ」を取寄せ購入したのですが、何とリモコンが付属してました。以前購入を考えたこともありましたが、2,500円程度とちょっと微妙な価格だったので購入を控えていた製品です。それがサプライズ的に入手できたことは嬉しい限りです。

さらにミラクルは続きました。EOS KISS 5のレンズキットに付属するEF28-90mm F4-5.6 II USM(単品販売無し)が新品同様でジャンクコーナーに1,000円で叩き売りされていました。使えるかどうか未確認ですが即購入。自宅にてEOS 7Dに装着して確認したところ、何と正常に稼働しました。



このEOS KISS 5の特徴は後ろからのスタイルです。

状態を表示するモノクロ液晶は通常軍艦部に配置されていますが、EOS KISS 5は背面に配置されています。日付設定用の小さい液晶は良く見ましたが、このサイズのものはEOS KISS 5が初めてではないでしょうか。今までコストの問題で取り付けることはできなかったのかどうかは謎ですが、非常に見やすく使いやすいことは確かです。

またAFはスーパーインポーズ方式が採用されています。当時はEOS KISS 5のようなエントリーモデルにもやっと搭載され始めた時期だと記憶しています。



こちらはEOS KISS IIIの液晶部です。他の機種と同様に軍艦部に配置されています。これはこれで使いやすいのです。


動作チェックを東京駅周辺で行いました。なおEPSONのフラットベットスキャナGT-X770を使ってネガフィルムを取り込みました。



東京駅の象徴ともいえる「丸の内駅舎」の南ドーム部を撮影しました。

撮影の時間帯が正午過ぎだったため、印象的な影が強く出た写真になりました。



KITTEの一階ホールから撮影しました。明暗差が激しい構図でしたが暗部も潰れることなく描写されるあたりがネガフィルムらしい仕上がりです。EF28-90mm F4-5.6 II USMは手振れ補正機構のないレンズではありましたが、ブレなく撮影することができたのは嬉しい限りです。



KITTEの屋上庭園からEF70-300mm F4-5.6 IS USMで東京駅に入る京浜東北線と山手線を撮影してみました。手前の並木を見ると圧縮効果が良くあらわれています。



銀座の並木通りです。

理屈はうまく説明できませんが、感覚的にこれが一番フィルム写真らしい写真だと思います。前回でも述べましたが、やはりフィルムカメラとデジタルカメラはどっちが上だ下だ、というものではなく別の表現機材なのだと思います。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初めて行った六義園の紅葉は凄まじかった

2021年12月18日 08時02分27秒 | 紅葉

紅葉の名所で有名な東京駒込の六義園に行ってきました。

駅からも比較的近い場所にもかかわらず何故今まで行こうとしなかったのか。まさに「人生の半分損した!」と思うほどの紅葉満開に出会えました。


紅葉を楽しむ人たちの邪魔にならないように平日の午前中を狙って行ったのですが、予想に反して非常に混み合っておりました。

私のように紅葉愛好家も多かったのですが、年配者の見学者もかなり多く、あちらこちらで熟年夫婦達の文句が聞こえてくる微笑ましくも騒がしい環境の中での撮影でした。

しかし、そんなことも忘れてしまうほど六義園のモミジの緋色は妖艶でした。タイトル写真がそれを表していると思います。



うっそうとした林道のなかでひときわ映えるモミジの巨木を撮影しました。

六義園のモミジは大きいものが多いため、葉の一つ一つをクローズアップして撮影するよりもイチョウと同じように全体を撮影する方が適しているようです。

※ OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6で撮影:1/100sec F5.6 ±0.0EV 62mm相当 ISO200



イチョウとモミジのコラボレーションですね。

黄色と赤のコントラストが眩しいです。

これだけ派手な被写体は遠くからもかなり目がつくため、見つけた途端、思わずかけ足で近づいてしまいました。

※ OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6で撮影:1/200sec F8.0 -0.3EV 84mm相当 ISO200



築山泉水式庭園だけあって園の真ん中に大きな池があり、そこに生息しているであろうカルガモを撮影しました。ツガイなのか友人なのかわかりませんが同じ格好をしていることが面白いですね。

※ OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6で撮影:1/250sec F5.6 +0.3EV 240mm相当 ISO200


満開だったため、すでに枯れ始めている葉もちらほら、代々木公園と違い葉のクローズアップでの撮影というよりも群生・遠景での撮影で美しさを表現できました。

去年行った浜離宮は宮内省管理だっただけはあり手入れが行き届いていました。それに比べると六義園の手入れは手薄な感じは否めませんが、それを吹き飛ばすほどの迫力の紅葉、紅葉でした。

来年も是非足を伸ばそうと思います。



コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする