シクラメンのかおり

四季の花や風景に興味を持って写真を撮っていきたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ引越しのお知らせ

2011-01-13 15:22:52 | その他
この度シクラメンのかおりはfc2に引っ越しいたしました。
新しいブログはこちらから入りください。
シクラメンのかおり(FC2)


コメント

初詣 うさぎ神社岡崎神社

2011-01-09 17:13:29 | 風景




今年の初詣の人気スポットとして卯年のウサギで有名な岡崎神社。
三ヶ日はすごい人だと思い八日に平安神宮の帰りに寄りましたが鳥居前で長い行列。
お参りしようとすれば時間がかかります。一応並んでいましたが一向に前に進まないので
行列を離れて撮影のみで前に進みました。岡崎神社は平安遷都の際、都から見て卯の方角(東)
に建立され当時、神社の付近には野生のウサギがたくさん生息していたそうです。
祭神はウサギをお遣いに持つとされるスサノウノミコト。境内には願いを叶えるウサギ像や
招きウサギなどが安置され子授けや安産の御利益で有名です。

サムネイルにマウスオンしてください。神社は大体左右対称が多いので右と左に対称のものを


<
<
<
<
<


<
1 岡崎神社の鳥居付近


<
<
<
<
<




マウスオン2題  1.列が絶えない人人。 2.狛ウサギ
<



<


お詫びとしてウサギおみくじは終了しましたと貼り紙が。
平安神宮の初詣も入れようと思いましたが文字オーバーで入りませんでした。


上non_non様下sakura様のソースをお借りしました。11.1.8.撮影
コメント (38)

新春の宇治植物公園

2011-01-05 21:10:03 | 






宇治植物公園は1月5日から2011年の開園です。昨年も同じ日に訪れました。
タベストリーは今年の干支「卯」です。62作目です。花材はビオラ、パンジー、ハボタンなどです。
タベストリーは幅62m高さ18mの壮大な雛壇で46段に3675基のプランターを並べ季節に合った
植物で演出です。公園内に咲いている花を集めました。

サムネイルにマウスオンしてください。B G MボタンをON OFFで



<
<
<
<
<


<
1 牡丹
<<<


<
<
<
<
<



下は画像をクリックしてください。蝋梅や十月桜、冬桜、梅の蕾、紅白の山茶花、ハボタンなどです。


  <<


上non_non様下どんぐり様のソースをお借りしました。11ねん。1.5.撮影
コメント (34)

新年のご挨拶

2011-01-01 17:53:48 | 





新年のお慶びを申しあげます。今年は「辛卯」年。「卯」の文字には春になって地上に芽を出す双葉の意味がある。
新しい芽であるため折れやすくしっかり支えることで力強く発育していく。
昨年は皆様に大変お世話になりありがとうございました。本年もブログを通じてよろしくお願い申しあげます。



           <<


干支の卯をクリックでB G M 再クリックで停止します。

サムネイルにマウスオンすると副画像がクリックすると画像が出ます。



<
1シクラメン
< < < < <




マウスオン  1.元日の庭  2.大晦日の雪


<


BGMと下Sakura様上北斗様のソースをお借りしました。11.01.01。撮影
コメント (37)

滋賀県の紅葉 1.鶏足寺。 2.彦根城大名庭園玄宮園

2010-12-26 10:11:20 | 紅葉




鶏足寺(旧飯福寺)

湖北もみじ回廊と呼ばれる石道寺~鶏足寺を散策。鶏足寺は最澄が再興したと伝わる寺院、
秋の訪れと共に参道の石段や苔むした石垣を彩る200本の楓の紅葉が見事です。
できれば一週間前が最高だったかなと思いました。11月30日に

画像をクリックしてください。散りもみじが多いです。 21枚 11月30日撮影

<
<<
鶏足寺の紅葉



大名庭園 玄宮園(名勝)

  彦根城は自由見学だったので、天守閣には行かず城の北東にある大名庭園玄宮園に拝観しました。
中国のしょうしょう八景にちなんで選ばれた近江八景を摸して造られた宿景園。
第四代当主直興が造営しました。この時期ライトアップも。

画像をクリックしてください。 8枚

  <<


彦根城に入ったのは午後3時でした。丁度ひこにゃんの登場とのことで動画で撮りました。




2010年もあとわずかになりました。今年は猛暑が続きましたが
中国に8日間旅行し上海万博をVIPで見学したり黄山のたくさんの石段を
登り降りしましたことを思い出します。このブログを持ちまして本年の最終とします。
ブログを通じてたくさんの友好ができましたことを感謝いたします。
来年もどうぞよろしくお願いします。
コメント (39)

10年京都の紅葉 18.宇治川  19.平等院  (完)

2010-12-23 15:11:58 | 紅葉




18.宇治川
琵琶湖から流れ下る瀬田川は宇治市に入ると宇治川と名を変え
やがて八幡市付近で桂川、木津川と合流し大阪府で淀川となって大阪湾に注ぎます。
春は宇治川の川べりに桜の名所として秋は紅葉を目当てに多くの観光客が訪れます。
10年の紅葉最終に訪れました。12月4日(土)

画像をクリックしてください。 10枚 シャッター音










<<
<<<
1/10




19.平等院

宇治川の畔にある平等院は関白藤原頼道によって開創され鳳凰堂の名で知られます。
伝説の瑞鳥は鳳凰の姿にに似るという伽藍。庭園は浄土式の借景庭園として
史跡名勝庭園に指定されています。世界遺産に登録

画像をクリックしてください。 8枚

  <<


2010年京都の紅葉長らくお付き合いありがとうございました。最終に地元の宇治で終わります。
次回は11月30日にバスで「びわこぐるっと一周紅葉めぐり」の鶏足寺と
彦根城大名庭園玄宮園で今年の終わりにします。


上non_non様下どんぐり様のソースをお借りしました。10.12.4.撮影
コメント (27)

10年京都の紅葉 16 安楽寺 .17.法然院

2010-12-21 23:54:52 | 紅葉





安楽寺は銀閣寺より南に行った所。通常非公開ですが、
紅葉の季節に特別公開です。私も今年初めて行きました。
緩やかな坂を上がると茅葺き屋根の山門が見えます。
法然院の山門に良く似ています。法然上人ゆかりの寺です。
ここは浄土宗が弾圧を受けていた鎌倉時代、法然上人が
悲業の死を遂げた弟子の名をつけたと伝わる寺院です。

画像をクリックしてください。21枚


<
<<
安楽寺の紅葉


17.法然院   銀閣寺と安楽寺の真ん中に位置する法然院は深い緑に包まれた坂道を登る。
           ここは法然上人の草庵があった頃の完寂な雰囲気を残しています。

画像をクリックしてください。 8枚



  <<


上も下もどんぐり様のソースをお借りしました。10.12.2.撮影
コメント (24)

10年京都の紅葉 15. 銀閣寺

2010-12-19 14:25:38 | 紅葉


室町幕府第八代将軍足利義政の山荘。東山殿として造営がはじまり、
八年後に完成。直前に没した義政の遺命により禅宗寺院慈照寺となる。
京都の紅葉の案内もあまりなく実は法燃院、安楽寺へ行った時に寄りましたが
大変紅葉が素晴らしかったので先に投稿を決めました。世界文化遺産登録。


1.なるべく銀閣寺らしいところ  サムネイルにマウスオンしてください。


<
<
<
<
<


<
1総門へ続く石畳


<
<
<
<
<




これまで銀閣寺は冬の雪に合うと思っていましたが紅葉も負けていません。
画像をクリックしてください。8枚


  <<


昨年行った金閣寺の紅葉です。http://blog.goo.ne.jp/momo1225_2005/m/200911

厭離庵より早くデジブックを作っていました。



上non_non様、下どんぐり様のソースをお借りしました。10.12.2.撮影
コメント (32)

10年京都の紅葉 14. 龍安寺

2010-12-17 14:42:34 | 紅葉



龍安寺は石庭で有名な禅宗の寺院で、世界遺産にも登録されています。
方丈前に広がる約250平方mの枯れ山水の庭園は、三方を油土塀に囲まれ、
一面に敷き詰められた白砂に大小15個の石が配されています。
対座して眺めていると心が静まりしばし無我の境地に。
この日は一番終わりに行ったので少し暗かったのが惜しまれます。

サムネイルにマウスオンしてください。

<
1山門からの紅葉
< < < < <
< < < < <

石庭とともに鏡容池を中心とした池泉回遊式庭園は衣笠山を借景にしていて、
その水と緑の構成はこの寺院の美しい所です。四季折々の花も美しく
秋にはイロハモミジやカエデが色づき紅葉一色に塗りつくされます。

 画像をクリックしてください。 8枚




  <<


おまけ  マウスオン  今日我が家へ遊びに来たメジロ 10.12.17.

<


上non_non様中どんぐり様下Sakura様のソースをお借りしました。10.11.26.撮影
コメント (29)

10年京都の紅葉 13. 厭離庵

2010-12-14 12:07:36 | 紅葉



小倉山の麓にある厭離庵(えんりあん)。けがれたこの世を厭い離れた浄土の喜び求めるの意味。
竹垣の路地を入って行とく(うっかりすると通り過ぎてしまう)小さな山門にたどり着く。
平素は非公開で紅葉の時だけ公開。鎌倉時代の歌人藤原定家が
住んでいた庵で小倉百人一首を編さんの庵です。

画像をクリックしてください。10枚


<<
<<<
1/10


マウスオン    1.通りかかった落柿舎を望遠で  2.近くの畑に咲いていたコスモス

<


紅葉が美しかったのでデジブックを作りました。



上non_non様下Sakura様のソースをお借りしました。10.11.26.撮影
コメント (27)