MINの目

MINの目が見つけた事柄をつれづれなるままに綴ります

ほぼ歩き遍路 59番札所⑳ 2017

2018年10月05日 | お遍路好き(菩提・愛媛)
59番札所 国分寺

宿坊を出発するときにあの隣市在住のKさんも同じタイミングで出発でした。
せっかくなので写真をとってもらいました。
私は少し境内の写真を撮っていたので、Kさんが先に出発しました。
山門を出てすぐ右に遍路道があります。
途中「五郎兵衛坂」という場所がありました。
仙遊寺に奉納された太鼓で魚が逃げてしまうとその太鼓を壊して、
更に仏様に悪口雑言をあびせて帰った時にこの坂で転んで亡くなったそうです。
気を付けてゆっくり歩いてと言っている坂なのだそうです。
確かに歩き方に勢いが出てきているところにある坂でした。
説明の看板を読んでいると先に行ったはずのKさんが来ました。
ここから一緒に進むことに。

またしばらく進むと岩がゴツゴツしている場所があって、
Kさんが「あそこに人がいるよ!」と教えてくれて、
私がどこどこ??と探していると「おはようございま~~す」とKさん。
よく気が付いたね~という感じで仙人のようなお爺さんが岩の上から降りてきました!
片手にはボコボコのカメラが!!
お遍路さんをカメラに収めているのだそうです。

Kさんが「撮ってもらえば?」と私に投げかけると
仙人が「いや、あなたを撮りたい!いい顔をしている!」
私「私は落選か。。。」
Kさん「そうですかぁ~」とまんざらでもない感じ。
確かにKさんはいい顔をしていました。イケメンという意味ではなく。
良い顔なんです。
かなりアップで撮っていました。
私もこんな風に撮ってみたいと思える良い被写体でした。
仙人「あなたも一応撮ってやろう」
私「撮ってもらえるんですか??」一応か。。
一応か、、なんか笑っちゃってしまいました。
そのせいか仙人が「あなたもいい顔してる」と言ってくれました。

合格した気分(^^;)

ボコボコのレンズを見てフィルム入ってるのかな??なんておもってしまっていましたが、
Kさんは「どこかに出展するのかな?聞けばよかったなぁ」と言ってました。
ここに良い顔の差が出てるのかな?私の心のほうが荒んでいる。。

さらに進むと普通の舗装道路に出てきました。
その先に85歳のMさんがしっかりした足取りで進んでいました。
KさんはMさんと話しながら進みたいと思ったのか早足になり追いついていました。
私はマイペースで歩んでいるとKさんとMさんが振り返り何かを指さしていました。
それは私の名前と同じ名前のお蕎麦屋さんでした。
私の名前を覚えてくれてたのかと嬉しくなりました。
私もお二人に追いつき一緒に次の国分寺に向かいました。

国分寺にも山門らしきものはありませんでした。
境内に入ると仙遊寺で一緒だった人が集まっていました。
次に目指す60番札所は標高750m。
その前に61番などを回っておくと良いという話で盛り上がっていました。
国分寺には触ると体の悪いところが治る「薬師のつぼ」や
等身大らしい握手修行大師像が!握手をしながらお願いすると叶うらしい。ひとつだけです♪
宿坊でちょっと知り合いになっているのでちょっと照れながら壺を触ったり、握手をしていました。
60番へ向かう人、区切り打ちでここまでの人、それぞれの方法でそれぞれのお遍路を続けるのです。
私はほぼ歩き遍路でしたので、皆さんとはもう会えないと思ったので挨拶をして出発しました。

85歳でもこんなにしっかり歩いて元気でいる姿に勇気をもらいました。
出会いに感謝です♪

表現できていませんが。。五郎兵衛坂


しっかりした歩みの85歳のMさんと良い顔のKさん


こんなみきゃんちゃん!!


お寺への参道


境内の様子


薬師のつぼ


握手修行大師 お願いはひとつだけ♪


『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ほぼ歩き遍路 番外⑲ (仙遊... | トップ | ほぼ歩き遍路 60番札所⑳ 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お遍路好き(菩提・愛媛)」カテゴリの最新記事