GPS データロガー

2009-06-24 01:06:39 | 電子工作
PIC24Fと秋月電子通商で購入したGPSモジュールGT-720Fを使ったGPSデータロガーを作ってみました。
実用品としてではなく現在製作中のバッテリー充電器と同様、PICプログラムの勉強用の教材としてです。

一番の問題はGPSモジュールGT-720Fが電気をバカ喰いすること。
こんな小さな筐体で衛星捕捉するまでは1W近くも消費して、大丈夫かな?と思えるくらい熱くなるし、、、

PIC24Fにしても当初プログラムエリアが64kBもあって楽勝!なんて考えていましたが、FATライブラリやsprintf()等の標準関数だけでかなり食い尽くされてアプリ領域などほんのわずか。
結局FATライブラリは最新のものではなく古い小さいものに必要な関数(FSrename)のみを追加して何とか収まりました。

まぁ、実用的ではないにしろなんとか使えるところまでできました。\(^_^)/
コメント

父の日プレゼント2009

2009-06-21 23:03:28 | Weblog
父の日プレゼントで長女からワインをもらいました。
早速冷蔵庫で冷して、夕食時に開けたのですが・・・、

開けるときに、コルクのカビ具合などから古いものだとは分かりましたが、
ラベルをみると"1987”と、、、

これ、長女の生まれた年なんですね。
なんかしてやられたって感じです。。。(^_^)

この間生まれた孫も含めて「乾杯!」
コメント (1)

バッテリー寿命?

2009-06-20 23:46:51 | バイク・くるま
昨年購入したスーパーシェルパ用の格安バッテリー
結局1回使っただけで、始動不能になってしまいました。

やはり使わないといけません。
電圧はちゃんと13.6Vあって、ライトON+グリップヒーターONの負荷なら問題なく電流が取り出せるようですが、スターターはダメ。
しっかり満充電のままお亡くなりになっています。
しばらく、放電させてから、定電流で強制充電(当然普通の充電器では充電できませんので、先日作った(製作途中)のバッテリー充電器)を繰返しある程度復活しないかテストをはじめました。

前回、CB750F用で5年以上放置してあった開放型バッテリーはこの方法である程度使用できるように復活しましたのでわずかな期待をかけて・・・。
ただ今回はメンテナンスフリータイプ、無理をするととどめを刺すことになるかも・・・。

ちなみにCB750Fに載せている同じメーカーの格安バッテリー(開放型)は1週間もするとバッテリー上がりで始動できなくなります。
こちらは、いまのところ充電すれば何とか使えるようなので不良とまでは言えませんが。。。

さてもう一台。
先々週のツーリングで使用したCBR1000FのMFバッテリーも同様にスターターが廻らない状況になりました。
これについては、2004年に交換して既に5年目を迎えていますので予想以上に使えたと思っています。
このバッテリーに替える以前は約2年で交換していましたので、液補充や充電などのメンテナンスを一切しなくて5年弱使えたということはとても優秀だったと考えます。

でも懲りずにスーパーシェルパ用バッテリー同様、製作中のバッテリー充電器で強制充電を試みてみようと試してみましたが・・・、
約1Aの充電電流を流すために29V近くかけないといけないようで、、、やはりここまで来ると寿命と考えるべきかな?

結局今日はバッテリー充電に明け暮れた一日でした。
コメント

少年マガジン・サンデーの記念切手

2009-06-01 16:38:03 | Weblog
80円切手が切れたので郵便局に買いに行ったところ、
少年マガジン・サンデーの50周年記念切手切手が売られていましたので思わず購入してしまいました。

と、、、
さすがに請求書送付の際にこの切手は使えないだろうなと思って、普通の切手も入手しましたが、、、
プライベートで切手を使う機会はほとんどないのでこの切手シートはこのままお蔵入りでしょう。
コメント