マリヤンカ mariyanka

日常のつれづれ、身の回りの自然や風景写真。音楽や映画や読書日記。手づくり作品の展示など。

池の周りをまわってきました。

2020-10-31 | 自然
この辺りでは一番大きな池を自転車でくるっと一回りしてきました。
約4キロです。
常緑樹が多いので紅葉はいまいちですが。

池の左側(東)の道は車の立ち入り禁止で、
右側(西)の道も、車道と自転車・歩道が分かれているので、安全です。
近所の人のウオーキング・コースになっています。また子どもたちのマラソンコースでもあり、
サイクリングコースでもあります。

この池は、調整池(農業用)として整備されています。
(桃山時代に作られたため池と、江戸時代に作られたため池を合体したのだそうです。
渇水時に、川から田畑へ水が引けなくなった時、この池の水を利用するのだそうです。)

池の中はの島は、鬱蒼とした森です。


池の周囲に小さな沼がいくつか残されています。(下の写真はその沼の一つ)
水草が水面に広がり、岸辺の木々の様子も違います。
大きな池も、昔はこんな雰囲気だったんだろうなと、想像します。


私を2度追い抜いて、さーっと走って行った自転車、
もっと前から池を何周もしているのかもしれません。
会釈してすれ違った「かっこいい自転車」に乗ったおじさん、
そしてウオーキングのおじさん、
人と会ったのはそれだけ。
水面に踊る秋の日差しがきらきらまぶしくて、
胸の中がほんの少し清々しくなるような気がしました。
コメント

秋草3

2020-10-29 | Weblog
畦道に咲いていた花を少しだけ摘んでグラスに挿しました。
ノコンギク、ハギ、アザミ。
全部藤色の花!


そして山裾に絡みついていたスズメウリの蔓も少しちぎってきて、
カラスウリと並べて吊るしてみました。
どちらも最初は緑ですが、カラスウリは熟すと真っ赤になり、
スズメウリは白くなります。
コメント

自転車で!

2020-10-27 | お地蔵さん
秋晴れのいいお天気!
自転車に乗って村の中をくるりと一回りしてきました。
小さな村ですが、
自治会は、西と東と中に分かれていて、
東に住んでいる私は、西へはほとんど行ったことがありません。
そこで今日は西へ向かって、
通ったことのない細い道をぐねぐねと走ってきました

まず、いつも車で通る時、車窓から気になっていた所へ、

もうそろそろ終わりの
コスモスとカンナが咲き乱れていい感じです。
山裾をぐるーっと回って走っていきました。

西の村へ入る細い道の脇に、
西の村の「山の神様」がありました。

道の反対側にも、

ここが、西の村の「道切り」の場所です。

そのすぐ近くに、地蔵堂もありました。

中を覗いてみると、

下の方にも、小さな仏さん?が並んでいるような、
見たことがないデザインです。


山沿いの道は驚くほどきれいに手入れされていました。
この下の写真の正面の低い山の向こう側が私の住んでいる東の村です。

そしてこちら側が西の村です。

ドングリをパチパチ踏みながら自転車を走らせ、
時々停めて、草を摘んで、写真を撮って、
そろそろ、お昼、おなかもすいて・・・
こんな晴れた秋の日が、たくさん続いてほしいな。







コメント

秋草2

2020-10-25 | 自然
夕日に照らされて、野良道の草が輝いている。

この間稲刈りをした田んぼの稲の切り株から、もうこんなに葉が伸びている(右側)。

隣りの、多分豆の畑(だった?)は一面の赤まんま(イヌタデ)


足元で、かさっと音がしたので注意してよく見たら、
草陰で、2頭のカマキリがにらみ合っていた。
随分長くこのままだったけれど、
私が動いたせいか、それともにらみ合いの結果なのか、
右の方のカマキリが、どさっと落ちた。
左のカマキリの勝利のようだ。

(右上に薄茶色のカマキリ、左下に草色のカマキリ)
コメント (2)

「層雲」というらしい

2020-10-22 | Weblog
夕方、山裾に霧のような雲のような靄がかかっていました。



徐々に薄くなり、
やがて山の間に吸い込まれるように消えていきました。



夕日を浴びて、雲もほんのりピンクになりました。
コメント