マエストロの音楽日記

♪指揮者 Hisaatsu Kondo が日々の音楽活動を徒然と書き綴ります♪

楽しかった11月の本番

2012年11月25日 22時29分33秒 | 音楽
11月は横ブラの四国遠征(高松、鳴門)、ソノリテ特別演奏会(韮崎)、関学定期(西宮)、横ブラディズニーランドとなかなか変化に富んだ雰囲気と内容の演奏会をやることが出来、とても楽しく、またいろいろ勉強になりました。あらためて、演奏者たるもの、聞く人を楽しませなくてはいけない!!!ということを感じました。そして、どんな状況でも聴衆の多い少ないにかかわらず、演奏者が精一杯
集中し、音楽を楽しむことによって聴衆にもそれが伝わり楽しんでもらえるものだと思いました。
どんな本番だろうと、その一瞬のは1回限り。その瞬間を無駄に過ごしたくないですね。
一昨日の関学定期は満員に近いお客様にお出でいただき、今の関学学生の持つ力の全てを出し切った演奏が出来たように思います。定期終了とともにバンドは新体制となり、更に良いバンドになるよう励んで欲しいと思います。
今日のディズニーランドでの演奏は、早朝、あまり広くない屋外ステージという状況としてはあまり良くないものでしたが、ディズニーランドという独特の雰囲気と早朝にもかかわらず200人ほどかけつけてくださった聴衆の皆さまの暖かい拍手によって、25分のステージをとても楽しい気分で演奏することが出来ました。
コンサートホールでの演奏は自分にとって当たり前のことですが、今日のような野外ステージ演奏は普段にない特別のものを感じました。演奏者も聴衆も屋外ということでリラックスしており、自然に空気にのせて音と気持ちを聴衆に伝えることが出来る、これは吹奏楽の原点ではないだろうか、と感じました。

さて今年もあと1ヶ月あまり。年内にある4つの演奏会一つ一つがベストになれるよう、全力でトライしていきたいと思います。
コメント

シーズンオフ

2012年11月19日 14時49分35秒 | 音楽
1年間のスケジュールによってはなかなかシーズンオフのような時期はないでしょうが、次々と演奏会の練習に追われるのも良いのだが、たまにはゆったりと自分の音色や奏法などをチェックし、少しでも良い状態に調整したり見直したりの時間は必要ですね。長くやっていればいるほど悪い癖が習慣化したり、良い音色の感覚も鈍ってしまいます。昨夜は、全国大会以来の名取の練習でした。12月には題名のない音楽会へのテレビ収録や1月には定例となっている名取ブラスバンドコンサートが控えていますが、久しぶりということもあって今回の練習を全て基礎練習に費やしました。
毎回の練習でも基礎トレーニングは最も重要なこととして一定の時間は掛けるようにしていますが、演奏の安定感と向上のためにもしっかり実践していきたいと思います。
コメント

ありがたい!感謝です!

2012年11月16日 10時51分23秒 | 音楽


昨日の福山でのレッスンを終え帰りの新幹線に乗りました。素敵な福山城、そして美味かった尾道ラーメン。いろいろなものに巡り会えて感謝です。
今月、来月と沢山の本番の機会をいただけて感謝です。演奏家にとって聴衆の前での本番が全てです。この時間のために全てがあります。大きな演奏会でも小さい演奏会でも、たとえ1曲でも、それを聞いていただくことが出来るその瞬間を与えてくださったことに心から感謝しています。
明日は山梨県韮崎市でのソノリテ特別演奏会、来週23日は関学定期演奏会、25日日曜日は横ブラでディズニーランドでのステージ、12月6日は甲府でソノリテのコンサート、9日は横ブラ・六角橋ジョイントコンサート、16日は上田市吹ポップスコンサート、20日は名取で題名のない音楽会収録(未定)、23日は埼玉大定期客演、沢山の皆さんと沢山の演奏機会に感謝です。
最近、森光子さんがお亡くなりになり、吹奏楽界では御活躍になった塩谷晋平先生がお亡くなりになるなど、人間の一生、人生をあらためて考えさせられます。
やらせていただけること、与えてくださったことに感謝し、精一杯やる!っきゃないですね!!!


コメント

国民文化祭

2012年11月04日 22時28分19秒 | 音楽


昨年の京都に引き続き今年の徳島県鳴門での国民文化祭「吹奏楽の祭典」に横浜ブラスオルケスターと共に参加させていただきました。
このバンドにとっては今年はコンクールはお休みの年なので、今回の催しが今年の目標のような意識があったのか、本番は上々の出来でした。
10月に同じプログラムの本番があり、その時はあまり良い出来ではなかったがその反省も活かされ、緊張感のある大人の音楽が演奏出来たことは各メンバーの心に刻まれ、今後のための大きな自信となることでしょう。
今回は四国遠征ということで、昨日は高松の三木町でのイベントに参加させていただきました。このイベントに参加するにあたり、地元高松市民吹奏楽団の皆さまのたくさんのご協力のもと、出演させていただき、終了後の懇親会まで開催していただき、感謝感謝です。

鳴門の渦潮!そのスケールの大きさとエネルギーのすごさに感動しました。

11月はソノリテの特別演奏会と関学の定期と大きい演奏会が控えているので、まだまだ気が抜けない!
コメント