マエストロの音楽日記

♪指揮者 Hisaatsu Kondo が日々の音楽活動を徒然と書き綴ります♪

全国大会

2009年10月19日 22時30分15秒 | 音楽
昨日、名古屋国際会議場で全国大会がありました。今年から職場も一般と合体したため出場団体もかなり多くなり、中高同様、前半後半で別々に表彰というスタイルになりました。
私は出場2団体とも後半での出場となり、両団体とも銀賞と言う納得出来ない結果になってしまいました。しかし、結果だけで判断するのではなく、あの舞台で演奏するまでのプロセスと本番でどれだけメンバーの気持ちが一体となり演奏出来たか、ということがまずは大切だと思います。
そういう意味では、両バンド共間違いなくベストな演奏が出来たと感じています。しかし、与えられた評価から受ける印象はかなりの違いがありますので、よくを言えば、もっと高い評価をしていただきたかったというのも本音です。
コンクールをやっている以上、ジャッジに対する疑問は付き物で、音楽という時間の芸術を評価するわけですから、演奏会場や順番など様々なことが影響してきます。審査員のコンディションにもよるでしょう。
今年各地で行われたコンクールを振り返ると、信じられない結果が出てしまったことも幾つかありました。出来れば、そうならないよう審査をする人、コンクール主催者がより多くを配慮をし、可能な限り納得のいく審査をしていただきたく思います。
コメント (5)