城郭探訪

yamaziro

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美濃部古屋敷 近江国(甲賀)

2014年08月04日 | 平城

水口高校敷地内

お城のデータ

所在地:甲賀市水口町水口字美濃部 (旧甲賀郡水口町水口字美濃部)    map:http://yahoo.jp/hjPmgf

現 状:高校・宅地・水口城

遺 構:土塁

区 分:平

築城期:室町期

築城者:美濃部氏

城 主:美濃部氏氏

目標地:水口城資料館・水口高校

駐車場:水口城資料館・体育館駐車場

訪城日:2014.8.3

残存土塁

お城の概要

美濃部屋敷に水口城(水口御殿)が築城された。http://www.shiga-bunkazai.jp/download/kiyou/22_kido.pdf図4 美濃部氏関係城館推定位置図(木戸雅寿)

美濃部氏の城館の跡地に徳川幕府は再び平城として城を築いたことも、今も水口の中心たることを考えてもその重要性が理解できるであろう。

美濃部古屋敷は、水口高校の校舎敷地から東側の住宅地辺りが城域であった。 水口高校から一つ東側の通り(南小路)沿い東側にあるアパート二棟の敷地北側に「L字」の土塁が竹藪の中に残る。 この土塁が美濃部古屋敷の東のライン。 また、南小路はアパートから南50m程でクランクに曲がっているが、ここが古屋敷の門跡の場所

鈴鹿峠から横田の渡しへと街道が走る結節点に当たる位置である。野洲川にもほど近く、交通の要所として人の往来と地域を抑えるには格好の場所であったといえる。

さて、美濃部氏の居館が近世水口城で破壊されていることが事実であれば、居館はすでに破壊されたことになり姿形を明確にすることは困難である。ただし、類推することは可能である。それを考えるヒントとなるのが、同じ柏木三家のひとつである植城の存在である。植城は、一族郎党の居館が連なったと考えられる複郭式の城館群(200m×約300m)を中心として、その外に出屋敷である方形城館(約50m四方)が付く形となることが近年の発掘調査等で判った。同じような地域的な位置関係と領主クラスの格からすると、同じような形態の城が考えられる。 

ここで問題となるのが、美濃部氏居館とは別に、それよりも南東にずれた位置に存在したと伝えられている「水口出屋敷」という方形居館の存在である。水口出屋敷跡については「美濃部出屋敷遺跡の調査」に詳しい。(ただし、残念ながら平成13年度版『滋賀県遺跡地図』には、遺跡として周知されていない。)出屋敷の位置は、水口城の西、「字八光」の位置である。報告によると、南正面、信楽街道が90度東に曲がるあたりに「木戸口」であったとされ、さらに左折して北上する八幡街道から慶長期の東海道、八幡宮までを北限とする方40m四方の敷地とされている。現況では前面の道からの平坦地が東海道で屈曲していることが分かる。土塁は東側の八幡街道沿いと西側の水口高校側の一部に、近世に小家臣団屋敷に分割されたにもかかわらず破壊されず近年まで残存していた。また、郭内は井戸の痕跡も認められている。また、水口高校の周囲にも土塁が残存している。布袋塚と呼ばれる塚も位置的に見て土塁の一部と考えられる。現在の梅ヶ丘辺り一帯が梅ヶ畑にあたり、美濃部一族の代々の屋敷が建ち並んでいた場所である。さて、美濃部氏の館を利用して水口城を築いたとするならば、その規模は、40~50m四方と考えられ、これらふたつの屋敷と隣接した関係になる。近世水口城の方角と美濃部出屋敷遺跡の方位が一致することを考えると、もとの美濃部館もその方向が一致すると考えられる。つまり、この辺り一帯に美濃部氏の居城が植城のような連結した城館群として存在していた可能性は高いと判断されるであろう

正面に、岡山城

歴 史

甲賀二十一家の一つ・・。柏木三家(山中十郎・伴佐京介・美濃部源吾)                                                     甲賀二十一家、五十一家として位置づけられるほど、郡中惣の中の甲賀武士として大きな役割を果たしていた。

『佐々木南北諸士帳』の美濃部源吾

『山中家文書』の中に見える美濃部茂(重)国、美濃部六右衛門尉、美濃部茂在、美濃部茂良、美濃部茂濃、美濃部治茂など

信長の家臣:美濃部茂濃・地茂は金指物番として信長の配下に組み込まれており

豊臣秀吉の家臣ともなっている。周知の通り、甲賀衆は天正13年(1585)に最終的に秀吉の勘気に触れ、惣中が改易され帰農させられてしまう。

徳川家康:美濃部茂濃は天正10年(1582)の本能寺の変の時に、世に言う「神君、伊賀・甲賀越」により、徳川家康を伊勢白子まで逃がした人物として名を残す。その功により、慶長5年(1600)に甲賀衆全体が赦免される。

 

美濃部郷から水口郷へ・・・参照資料http://www.shiga-bunkazai.jp/download/kiyou/22_kido.pdf
『水口町志』⑷によると、水口という名称には、①この地の開発の祖であった水口神社の祭神でもある大水口宿禰命の名に由来する。②水口神社祭神大国主命(大己貴命)が神田に蝗が発生したときにも水口の祭りをして防いだことに由来する。③横田川の水口を設けていたことに由来する。などの説があげられている。これらはいずれも水の口としての意味合いを持ち、地名としての水口郷の名は室町期に成立するとされている。

残された文献からは、古代にあってこの地は山直郷(『延喜式』)に属しており、後に美濃部郷となり、菅原氏の荘園として栄えていたとされている。中世にあっては聖護院門跡の蔵田荘にも属し、その後に水口郷となったと考えられている。このように水口と美濃部、どちらが先かは明確ではないが、中世におけるこの地の出発点は、歴史的に見て美濃部であり、在地領主美濃部氏の領地であったようである

甲賀武士美濃部氏とその城館
(1)美濃部氏の出自について
美濃部氏に関わる文献資料(表1)は少ない。そこから、順序立てて美濃部一族の構成や動向をうかがい、その全てを明確にすることは出来ない。ここでは、郡史、町誌に述べられていることを中心に整理しておきたい。まず、その出自である。出自の伝承は、伝承年代に問題があるが、天満宮に伝わっている『美濃部天満宮社記』に詳しい。それによると、延喜元年(901)2月25日に起こった「昌泰の変」で菅原道真が失脚して大宰府に左遷になった時、一族や側近も同時に失脚し、その時に京を追われた5男(4男としている書物もあるが、5男が正しいと考えられる。)の菅原淳茂が、菅原氏の荘園であった美濃部郷梅ヶ畑の郷長、平左兵衛門為親の屋敷に逃れ娘婿となり、一子菅原三郎直茂をもうける。淳茂は延長元年(923)5月赦免となり帰洛することとなったが、子の直茂は美濃部に残り小字武島に居宅を構え、姓を地名の美濃部に代えて在地領主となった。ただし、正式な菅原氏の家系図には、淳茂の名はあるが、子の所には直茂の名は無い。これらは落胤伝説である可能性もある。それはさておき、淳茂は逃れていた時の延喜3年(903)に、父の死の冥福を祈るため心光寺を建立したとされている。心光寺は現在天神町に位置しているが、寛永10年(1633)水口城築城に際し、現在の地に移
転してきたものである。この時、木像を造り氏神として「美濃部天神」を祀った。このことから、美濃部氏代々の菩提寺となっている。そして、淳茂は帰洛後の延長4年(926)2月25日に61歳で没する。その子直茂は、天慶3年(940)に父の建てた天神社に社殿を造営した。このように、伝承では美濃部氏は菅原氏の末裔という出自を持っている家系である。家紋は「菊に􄽁」と「梅鉢」である

(2)中世における甲賀武士美濃部氏出自にまつわる伝承が途切れた後、最初に文献に現れるのは、建武年間に生存していた美濃部兵衛三郎元茂である。
この後、長享元年(1487)頃の名を記した『佐々木南北諸士帳』の美濃部源吾を始め、大永3年(1523)を初出に、元亀4年(1573)迄の期間の山中家文書の中に見える美濃部茂(重)国、美濃部六右衛門尉、美濃部茂在、美濃部茂良、美濃部茂濃、美濃部治茂など、系譜は明確ではないが「茂」の諱を持つ一族の存在をうかがい知ることが出来る。おそらく、この期間が最も美濃部氏が甲賀郡域で在地領主として活躍していた時期と考えられる。特に、永禄8年(1565)の山中氏・伴氏・美濃部氏のいわゆる柏木三家としての同名中の起請文は、地域的結束の形として位置づけられるものである。後に、甲賀二十一家、五十一家として位置づけられるほど、郡中惣の中の甲賀武士として大きな役割を果たしていたことは明白である。これらの状況から、鎌倉時代以降戦国期にかけて、美濃部氏は美濃部郷を支配していた、いわゆる甲賀武士の同名中であることは間違いがないところである。信長の近江侵攻後は、元亀4年で文書類が途切れていることでも、その名が織田方として出てくることでも、美濃部茂濃・地茂は金指物番として信長の配下に組み込まれており、信長の家臣であることは明白である。さらに、そのまま豊臣秀吉の家臣ともなっている。周知の通り、甲賀衆は天正13年(1585)に最終的に秀吉の勘気に触れ、惣中が改易され帰農させられてしまう。茂濃は天正10年(1582)の本能寺の変の時に、世に言う「神君、伊賀・甲賀越」により、徳川家康を伊勢白子まで逃がした人物として名を残す。その功により、慶長5年(1600)に甲賀衆全体が赦免される。この間の記録が途切れるのも頷けるところである。


(3)美濃部氏居館の位置と構造それでは、美濃部氏はどこに居館を持って、領域支配をしていたのであろうか。記録では、郷長の屋敷は「字梅ヶ畑」である。そして、美濃部氏の館は「字武島」とされている。現在のその位置は現水口城の位置、城の真下であったことがわかる。鎌倉から戦国期にかけての美濃部郷の中心地は、現在の水口の中心は水口城とその東隣であったことがわかる。中世時代の城もしくはその位置を戦国時代以降に利用することはしばしば見受けられる。それは戦略的にこの場所が重要な位置を占めていることを物語っている。この位置は、南北に近江八幡街道から信楽街道が、鈴鹿峠から横田の渡しへと街道が走る結節点に当たる位置である。野洲川にもほど近く、交通の要所として人の往来と地域を抑えるには格好の場所であったといえる。さて、美濃部氏の居館が近世水口城で破壊されていることが事実であれば、居館はすでに破壊されたことになり姿形を明確にすることは困難である。ただし、類推することは可能である。それを考えるヒントとなるのが、同じ柏木三家のひとつである植城の存在である⑸。植城は、一族郎党の居館が連なったと考えられる複郭式の城館群(200m×約300m)を中心として、その外に出屋敷である方形城館(約50m四方)が付く形となることが近年の発掘調査等で判った。(図3)同じような地域的な位置関係と領主クラスの格からすると、同じような形態の城が考えられる。 

ここで問題となるのが、美濃部氏居館とは別に、それよりも南東にずれた位置に存在したと伝えられている「水口出屋敷」という方形居館の存在である。水口出屋敷跡については「美濃部出屋敷遺跡の調査」⑹に詳しい。(ただし、残念ながら平成13年度版『滋賀県遺跡地図』には、遺跡として周知されていない。)出屋敷の位置は、水口城の西、「字八光」の位置である。報告によると、南正面、信楽街道が90度東に曲がるあたりに「木戸口」であったとされ、さらに左折して北上する八幡街道から慶長期の東海道、八幡宮までを北限とする方40m四方の敷地とされている。現況では前面の道からの平坦地が東海道で屈曲していることが分かる。土塁は東側の八幡街道沿いと西側の水口高校側の一部に、近世に小家臣団屋敷に分割されたにもかかわらず破壊されず近年まで残存していた。また、郭内は井戸の痕跡も認められている。また、水口高校の周囲にも土塁が残存している。布袋塚と呼ばれる塚も位置的に見て土塁の一部と考えられる。現在の梅ヶ丘辺り一帯が梅ヶ畑にあたり、美濃部一族の代々の屋敷が建ち並んでいた場所である。さて、美濃部氏の館を利用して水口城を築いたとするならば、その規模は、40~50m四方と考えられ、これらふたつの屋敷と隣接した関係になる。近世水口城の方角と美濃部出屋敷遺跡の方位が一致することを考えると、もとの美濃部館もその方向が一致すると考えられる。つまり、この辺り一帯に美濃部氏の居城が植城のような連結した城館群として存在していた可能性は高いと判断されるであろう。以上のこれらの関係を示したのが図3、4である。今後の精密な調査の手がかりとなすべく問題提起した。

参考資料;滋賀県中世城郭分布調査、淡海の城、近江の城郭、甲賀市誌7巻甲賀の城、http://www.shiga-bunkazai.jp/download/kiyou/22_kido.pdf

           本日も訪問、ありがとうございました!!!感謝!!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 内貴城 近江国(甲賀)  | トップ | 富川屋敷  近江国(甲賀) »
最近の画像もっと見る

平城」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事