カモシカ

退職後主に夫婦で野山を歩いた記録です

明神岳・桧塚

2018年11月12日 | 2018年後半の山歩

2018年11月11日(日)

晩秋の景色を楽しみたく奈良県東吉野の明神平、明神岳(穂高明神)(1432m)と県境を越え三重県松阪市飯高町の桧塚奥峰(1423m)と桧塚(1402m)を歩いて来ました。

自宅を夕刻に出発し奈良県上北山の道の駅「杉の湯川上」にて車中泊後早朝から国道169号県道16号県道22号を通って大又林道の終点まで移動し歩き始めました。

 

 

総歩行距離:   13.57Km

総所要時間:   7時間31分  (食事休憩等 44分)

累計高低差:   ±1165m

 

大又林道終点に駐車しコンクリ-ト舗装の作業道を約500m程行くと又ゲ-トと登山届ポスト(カモシカは何時も奈良県警に登山届をメ-ルで届けます)と注意書き等の看板が設置されています

ここから約500mの急な作業道を登っていきます、作業道の終点近くでは台風の水害で相当荒れていました

作業道の終点からは相当歩きにくい岩や石ころがある谷沿いの山道を登って高度を上げて行きます、途中何カ所もの渡渉があります

向うに明神滝が見えて来ました

滝を巻くように登って最後の渡渉ですが、丸太の橋が架けられています、ここからは今までよりは歩きやすい登山道となります

晩秋を感じさせられる山道ですね

明神平に到着、天王寺高校の山小屋は明神平のシンボル的な存在です

丸山方面です、

ここを登って明神岳に進みます、草紅葉が綺麗です

明神岳の手前で南西方向の大峰や台高の山々が雲海と共に綺麗に見えました

明神岳(別名穂高明神)頂上です、帰りはここまで登らず巻き道を通って帰る予定です

ブナばかり綺麗に生えています

桧塚奥峰に行く途中では特に尾根筋では沢山の大木が先ほどの台風で根こそぎ倒れていました

桧塚と桧塚奥峰の分岐です、奥峰まで20m程ですが♀カモシカを残しカモシカ一人で先に桧塚へ行って来ます。

右手奥に見えるのが桧塚です

石灰岩の様な岩が沢山露出しています

頂上です

中央に♀カモシカが待っている桧塚奥峰です、目視ではこちらを見ているのがわかりました。

桧塚奥峰に着きました、枯れ立ち木と迷岳、白倉山、古ヶ丸山方面

手前ヒキウス平で中ほどの山々は池木屋等台高縦走路の山々、はるか向こうには大峰の山々

記念に、このプレ-トは昨日NANIWANさんが再度白ペンキで綺麗にしてくれたそうです、有難う御座いました、写真が映えました。桧塚奥峰は台高山脈を構成する山のひとつで他の府県との境界上にある山を除けば三重県の最高峰とのことです。

張り切って帰り道を歩くカモシカです

明神平まで帰って来ました

駐車地辺から作業道終点辺までは未だ紅葉が見られました

林道そば谷川向うです

駐車場に帰って来ました 

本日の高低図

コメント