明日対局。

2010-02-28 | 将棋
土曜中山障害未勝利に出走したアイズオブゾロは3番人気で3着。1着とは2.1秒差でした。終始行きっぷりが良く、勝てるのはないかと思いましたが、直線は突き放されてしまいました。それでも5着以内を確保して優先出走権を取れたので次は除外はなく、好きなレースに使うことが出来ます。狙ったレースに使えるのは調教面で大きなプラスで、次が楽しみになりました。


明日3月1日(月)は棋聖戦本戦2回戦、久保棋王戦。大阪での対局です。


翌2日(火)はA級順位戦最終局。

第68期A級順位戦最終局のテレビ放映(NHK)

大盤解説会は東京、名古屋、大阪。

(東京将棋会館)

(関西将棋会館)

A級順位戦最終局 大盤解説会、大須演芸場で来月2日 /愛知
(毎日jp)



2日に大阪から戻ってそのまま解説なので、次の更新は3日以降になりそうです。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 7 )

棋王戦第2局など。

2010-02-26 | 将棋
今年も扇子が出来上がりました。例年の竜王位扇子と普通?扇子の2本です。

竜王位扇子(渡辺明「敢然」)

竜王 渡辺明扇子「一歩千金」

お買い求めは上記の将棋連盟デジタルショップか東西の将棋会館にて。宜しくお願いします


先日、スポニチ小田さんらと競艇に行きました。万哲予想競艇版を拝聴しながらやりましたが・・・。
中野での夕食後、天下一将棋会を置いてあるゲームセンターが近くにあったので、見に行くことに。小田さんが台に座り、3局指して2勝1敗。相手の方は新潟、愛知、福岡で棋力も近くて熱戦を展開。小田さんは「輝手」(コンピューターが考える最善手。ソフトはボナンザなので正確)を連発してあまりの強さに僕も笑ってしまいましたただ、最後の秒読み10秒はお酒を飲んだ後には厳しかったかな(笑)

アイズオブゾロ(せん4)が土曜中山4R障害未勝利戦に出走。目標は優先出走権が得られる5着以内です。障害初戦にしては上々だった前走内容、今回の相手関係からして、ひょっとしたらひょっとするかもという希望も持っています。午後1時から用事があるので現地観戦ではなく、家で見てから出掛けることにします。


明日27日(土)は棋王戦五番勝負第2局▲佐藤九段(1勝)-△久保棋王。

棋王戦中継サイトにて。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 5 )

棋界情報。

2010-02-25 | 将棋
順位戦、深浦王位との対局の観戦記がasahi.com:将棋に掲載されました。(同ページ下のほうです)
羽生名人の優勝で幕を閉じた朝日杯の観戦記も掲載されているので、合わせてご覧頂ければと思います。


iPhone版「誰でもカンタン!渡辺明の詰将棋 中級編」が発売。他にも将棋ソフトはいくつかあるようなので、iPhoneをお持ちの方はご検討下さい。


進行中の三段リーグは最終日の2局を残すのみですが、昇段者が1名決まりました。
新四段誕生のお知らせ(将棋連盟)

菅井新四段は関西所属で、専門誌の記事に度々出ていた「久保棋王にそっくりな将棋を指す」という印象が強いです。久保棋王や戸辺六段と同じく今流行の石田流、ゴキゲン中飛車の使い手のようで、また一人有望な若手振り飛車党が出てきました。

リーグ表はこちら

残る1枠は4敗、5敗者の争い。佐々木三段が昇段すれば中学生棋士となりますが、どうなるでしょうか。最終日は3月13日。


3月2日(火)A級順位戦最終局の話題。

第68期A級順位戦最終局のテレビ放映(将棋連盟)

大盤解説会は東京、名古屋、大阪。

(東京将棋会館)

(関西将棋会館)

A級順位戦最終局 大盤解説会、大須演芸場で来月2日 /愛知
(毎日jp)


僕は東京会場とBSでの放送に少し出る予定です。「将棋界の一番長い日」をお近くの会場、テレビまたは名人戦棋譜速報(有料)でお楽しみ下さい。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 3 )

棋聖戦本戦1回戦、小林(裕)六段戦。

2010-02-24 | 対局

振り駒で後手になり、角換わりを志向されたので、いつもの腰掛け銀ではなく、棒銀に。腰掛け銀の先後同型は羽生名人と佐藤九段に2連敗、しかもどちらも情けない内容だったので、変化することにしました。棒銀はあまり指したことがなく手探りでしたが、中盤で小林(裕)六段に誤算があったようでチャンスを捕えて優勢に。

 

            

 

図は終盤、▲3五歩と銀取りに打った局面。ここで△7八と、と引いて竜を通したのが詰めろになるのを25分で確かめて、はっきりした勝ちに。

受けるなら▲6九歩△同竜と近づけて▲5九金打ですが、それでは駒不足。△9九竜▲3四歩は後手玉に詰めろが行かない格好なので、そこで攻めれば後手の勝ちになります。

実戦、△7八と▲3四歩は形作りで△3八銀成▲同玉△4九角以下の即詰みで勝ち。

 

途中で差が付いたこともあって、かなり早い3時台の終局でした。これでベスト8進出。次は間を空けず3月1日に久保棋王との対戦です。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 5 )

明日対局。

2010-02-22 | 将棋
昨日は観戦記者の小暮さん、豊川七段に遊んでもらいました。偶然にも3家族共に同い年の男の子(年中)がいて、子供達は楽しそう
多摩六都科学館には初めて行きましたが、大人も十分過ぎるほど楽しめました。恐竜研究の映画を見て、月面歩行の疑似体験をして、綺麗なカブト虫を見て、杉並メダカ(だったかな?)も見たし。


明日23日(火)は棋聖戦本戦1回戦、小林(裕)六段戦。棋聖戦は今期からシステムが変わって、最終予選ではなく16人の本戦トーナメントからのスタート。本戦は既に始まっていて、天彦君が谷川九段を破ったのが目を引きます。僕も負けないように頑張りたいところです。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 6 )

昨日。

2010-02-20 | 将棋
読売新聞社へのご挨拶の帰りに、北海道の新井田さんが亡くなった、という情報を聞き、まさかという思いでした。
道将棋連盟の常務理事 新井田基信さん死去(北海道新聞)

北海道にイベント等で行くといつも新井田さんがいて、運営の中心でしたし、他にも指導、事務にと大活躍をされていました。心よりご冥福をお祈り致します。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 4 )

王将戦第4局。

2010-02-19 | 将棋
昨日は午後から将棋会館にて免状署名など。午前中には観戦記者の小暮さんから、順位戦△深浦王位戦観戦記の最終確認電話。小暮さんはいつものように入念に調べてくれているようで、もう対局者の僕よりも詳しいのではないかと思うくらい・・・
asahi.com:将棋に掲載にされますので、また告知します。


王将戦第4局は△久保棋王が勝って3勝1敗と王将位獲得にあと1勝。中継によると終盤戦で▲羽生王将に錯覚があったとのこと。詳しくは今日のスポニチ紙で確認しようと思います。


今日は夕方に出掛けて(仕事)夜は天彦君と焼き肉食べてから研究の予定。一昨日、昨日、今日と外食続きで体重が心配ですが、小食の天彦君となら食べ過ぎることもないはず。一昨日の研究会用に買ったチョコレート、クッキーが余っていて、昨日連盟に行ったら届いていたチョコレートを頂いたので(ありがとうございました)食べ過ぎることは確定ですが、こればかりは止められないので仕方がないです(苦笑)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 5 )

王将戦第4局など。

2010-02-17 | 将棋

梅田望夫さんの里見女流名人に関する記事、続編が更新されていました。交換日記ではありませんが、こちらも追記します。

続・ふたりっ子の世界は実現するか: ルール設計の試み(梅田望夫のModernShogiダイアリー)

 

アマチュア、女流棋士のフリークラス編入試験(プロ入り試験)条件は下記の通り。このルールは、奨励会と違って年齢の制限はありません。

 

『・受験資格 アマチュアまたは女流棋士であって、公式戦でアマチュア枠や女流枠から出場してプロ棋士(正会員)に混じって対局をし、良いところ取りで10勝以上し、その間の勝率が6割5分以上であること(アマチュア選手にとっては朝日杯将棋オープン戦、竜王戦、銀河戦、新人王戦、棋王戦がプロとの公式対局になる)。 上記かつ、プロ棋士(正会員)の推薦を受けた者であること。

・編入試験 四段の棋士5人(棋士番号の大きい順/過去2年間の奨励会卒業者の場合が多い)と対局が行われる。この対局に3勝以上すればフリークラスの四段として編入されることになる』

 

梅田さんも指摘されているように、このルールは瀬川アマ(現四段)がプロ入りした際に、今後のアマチュア選手向けに作られたものに「女流棋士も同様にする」としたもの。女流棋士がこの試験を受けて通った場合、女流棋士との両立が可能かどうか、という点までは決められていなかったように思います。現実的には囲碁の女性棋士のように、男性棋戦と女流棋戦の両方を指すことが認められるのではないでしょうか。と、これは個人的な見解ですけども。

 

王将戦第4局は△久保棋王のゴキゲン中飛車に▲羽生王将が角交換型の持久戦志向。▲羽生王将が攻勢に出たところで封じ手になりました。まだ戦いが始まったばかりで、明日は濃密な読み合いが展開されそうです。

 

今日は自宅での研究会。1月は遠山邸に伺ったので、今年初めて自室の掃除をしたかもしれません・・・(汗)

 

瀬川さんには、発売が決まった泣き虫しょったんの奇跡 完全版(講談社文庫)を頂きました。2006年に発売されて話題になった本ですが、加筆され、文庫版になったものです。この本は以前に読んでとても面白かった記憶があるので、これを機会に再読してみます!

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 8 )

中継予定など。

2010-02-15 | 将棋
明日16日(火)はマイナビ女子オープン挑戦者決定戦、斎田女流四段-甲斐女流二段。矢内女王への挑戦者が決まります。

マイナビ女子オープン公式サイトにて。

同公式ページには公募された明日の挑戦者決定戦レポーターのブログ・ツイッターなどの一覧と、次の第4期に行われる予備予選の詳細が出ていますので、そちらもご覧下さい。将棋界ではどちらも新手になり、どんな結果になるのか注目したいところです。


17日・18日(水・木)は王将戦七番勝負第4局▲羽生王将(1勝)-△久保棋王(2勝)。

毎日jp:将棋にて。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 7 )

今日の競馬など。

2010-02-14 | 競馬
もう先週の事になりますが、里見さんの女流名人位獲得は多方面で取り上げられました。直接は関係ない?当ブログもアクセス数が増えました。

梅田望夫さんも下記の記事を書かれています。

里見さんの女流名人位獲得に思う。ふたりっ子の世界は実現するか。(梅田望夫のModernShogiダイアリー)

女流棋界制覇を目指す中で力を付けて、対男性棋士の勝率も上がり、気付けば6割5分というのが理想的な展開でしょうか。里見さんはまだ女流棋士の中で飛び抜けたわけではありませんが、年齢を考えるとこれに最も近い存在、と期待されるのも当然と言えます。今春には高校を卒業して将棋に接する時間が増えるでしょうから、どこまで強くなってくれるのか、楽しみですね。

今日は競馬から戻って来て大和証券杯▲里見女流二冠-△斎田女流四段を観戦。途中は里見さんが勢いそのままに快勝かと思いましたが、最後は熱戦に。天彦君の解説は素直で面白かったです。


今日の競馬、東京と京都の全24レースをやって、的中は京都で安いのが数本だけで、完敗でした

痛恨がいくつかあって、まず東京1Rは3着のディーエスブリスク(6人気)が2着に届いていれば3連単的中でしたが、ハナ差届かず。

東京8R、前日検討では◎ドリームゼロワン(5人気)○タイガーファング(2人気)だったのですが◎は半年振りなので体重注意と思っていたら+16キロ。さすがに少し太いのかと思って評価を下げて◎タイガーファング○カイシュウボナンザ(1人気)に変更。
結果◎タイガーファングが1着なのは我ながらナイス変更なのに、評価を落とした△ドリームゼロワンが3着で、評価を上げた○カイシュウボナンザが4着。しかも、脚色からしてカイシュウボナンザの3着は間違いないと思い、問題はタイガーファングが1着に届くかだけだと判断、「北村!北村!北村!」と叫んでハナ差届いて「よしっ!」と言ったら外のカイシュウボナンザが届いていなくて恥ずかしかったです

この予想変更には伏線があって、7Rのタイキドゥカティがやはりルメール騎乗で+14キロ。これを2着以内で買ったら3着だったので、次の8Rでは予想変更をしたら、裏目に出ました。

メインは◎フォゲッタブル(1人気)1着固定の○メインストリーム(5人気)が2・3着の3連単を買ったら、○メインストリームが際どい4着。もっとも、2着ベルウッドローツェ(6人気)と3着ドリームフライト(10人気)は消しちゃっているので惜しくもないんですが。

東京最終、前日検討では◎トウカイポプリ(7人気)で、ここ3走ずっと-体重なので体重注意と思っていたら-10キロ。ただ、8Rで前日検討を変更して失敗したのでここはそのまま行くしかなく、そうしたら4着ですよ。はぁ、競馬は難しいです。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 5 )