叡王戦予選1回戦、高橋九段戦。

2021-07-28 | 対局


▲35歩の仕掛けに対して、手抜いて△31角は珍しい手ですが、これもあるという認識はありました。
▲34歩△同銀▲35歩には△45銀とすれば駒損にはなりません。



▲34歩に△同銀と△22銀の2択で悩んで、△22銀から▲65銀を狙う指し方を選びました。
△22銀と引いた形は▲24歩を手抜ける意味があるので、△64歩から銀の捕獲が間に合いそうかなと。
実戦もそのように進んで、勝つことが出来ました。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

本日対局。

2021-07-27 | 将棋
27日(火)は叡王戦予選1回戦、高橋九段戦。

夜開始および1時間の対局はあまり経験が無いので、対応が鍵になりそうです。

19時~ABEMAでの中継

※本局は将棋連盟ライブ中継(月額550円)でご覧になれます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

お~いお茶杯 王位戦予選1回戦、山本(博)四段戦。

2021-07-21 | 対局


対三間飛車で相穴熊に。図はさばき合ったところで駒割りは桂得ですが、歩切れなので自信はない局面でした。



終盤、食い付かれると大変になりますが、図から▲59金と受けて残していたようです。形は▲68金ですが△59飛▲69金△同飛成は難解。本譜の▲59金ならば△39飛には▲49歩で受かります。
王位戦はここ数年、リーグ入りしてないので、1つ1つ頑張っていきたいですね。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明日対局。

2021-07-19 | 将棋
明日20日(火)はお~いお茶杯王位戦予選1回戦、山本(博)四段戦。

王位戦予選は秋からのイメージがありましたが、この時期の対局になりました。
タイトル戦の出場は一段落して、ここから下半期の対局が始まっていくので、頑張っていきたいと思います。

※本局は将棋連盟ライブ中継(月額550円)でご覧になれます。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ヒューリック杯棋聖戦第3局。

2021-07-03 | 対局


図では▲64角で勝ちなのかと思っていたら△72飛で寄らないのが誤算で本譜▲31角は予定変更ながら、最善だったようです。


最終盤、形勢が分からず進めていましたが、図では負けになっていたようです。
後手玉が63にいると先手玉が寄る筋があるので▲52銀と追いましたが、△71飛がピッタリでした。

感想戦では先手がどこから負けにしてるかわからなかったんですが、終わった後に佐藤康光九段に「▲22角成のところ、AIは先手良しだったんですよ、手はわからないんですけど」
と言われて口頭で数分検討しましたが、どうやれば先手がいいのか、わからなかったですね。後で研究しておきます。

第2局、第3局と競り合いの終盤戦で負けているので、この結果も仕方がありません。今回は完敗でしたが、課題を意識しつつ、次の機会に備えたいと思います。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明日対局。

2021-07-02 | 将棋
3日(土)はヒューリック杯棋聖戦第3局。

後がない状況ですが、精一杯、頑張っていきたいと思います。

棋聖戦中継サイト

Abema TV:将棋

産経新聞 棋聖戦特集サイト

※本局は将棋連盟ライブ中継(月額550円)でご覧になれます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ヒューリック杯棋聖戦第2局。

2021-06-18 | 対局


やや苦しめの中盤から、図では互角〜やや良しの形勢判断で持ち時間も5分対38分で理想的な展開だと思っていたんですが。



図から単に△64歩と突いたのがまずく、形勢を損ねたようです。図では△66銀▲同銀△64歩が正しく、それなら△74角があるので、角を取られることはありませんでした。

44手目△54角と打ってからは玉を固めて実戦的にというプランで持ち時間の面でも上手くいっていたはずですが、最終的に自分だけ1分将棋になってるし、最初の図あたりからの細かい精度の差が敗因になりました。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明日対局。

2021-06-17 | 将棋
18日(金)はヒューリック杯棋聖戦第2局。

第1局はいいところがありませんでした。間隔があいてリフレッシュできたので、改めて頑張っていきたいと思います。

棋聖戦中継サイト

Abema TV:将棋

産経新聞 棋聖戦特集サイト

※本局は将棋連盟ライブ中継(月額550円)でご覧になれます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ヒューリック杯棋聖戦第1局。

2021-06-06 | 対局


図で83分の長考をして、選択ミスをしたのかと終局直後は思っていましたが、感想戦でも代案がありませんでした。



▲45桂は長考の結果なので、ここではそれなりだと思っているわけですが、次の△33桂は軽視していました。
桂馬をぶつける手自体は序盤~中盤にかけて頻出する手ですが、互いに持ち駒が多い終盤でここに手がいくのか、と。
ここで、はっきり悪くなったことを自認して、以下は差が開く一方でした。

次局以降、もっといい内容の将棋を指せるように取り組んでいきたいと思います。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明日対局。

2021-06-05 | 将棋
6日(日)はヒューリック杯棋聖戦第1局。
挑戦が決まってからは一か月ちょっとですが、対局も多かったので、あっという間にこの日を迎えた感じがします。
昨年以上の戦いが出来るように頑張っていきたいです。

棋聖戦中継サイト

Abema TV:将棋

産経新聞 棋聖戦特集サイト

※本局は将棋連盟ライブ中継(月額550円)でご覧になれます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )