棋聖戦第2局。

2020-06-28 | 対局


△31銀は全く浮かんでいませんでしたが、受け一方の手なので、他の手が上手くいかないから選んだ手なんだろうというのが第一感でした。50分、58分、29分、23分という時間の使い方と△31銀という手の感触からは先手がいいだろう、と。
5分くらい眺めたところでは▲79玉で互角はある、▲25銀で決まってたりしないかな、と思ってましたが、読み進めていくうちに▲79玉△46歩は少し悪いのか、▲25銀は△46桂で負けだ、となって28分考えて▲79玉とした時点では「形勢は悪いけど持ち時間の差でひと勝負」という気持ちでした。



△87歩と垂らされたところで「あれ、全然粘れない」となって、あと数手指したら、もう大差になっていました。
感想戦では△31銀の場面は控室でも先手の代案無しということでしたし、控室でも同じように意表を突かれたと聞いて、そりゃそうだよなと納得したんですが、いつ不利になったのか分からないまま、気が付いたら敗勢、という将棋でした。

棋聖戦は0-2、名人戦は1-2という厳しい状況で7月を迎えますが、巻き返せるように頑張りたいと思います。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

名人戦第3局、明日対局。

2020-06-27 | 対局
序盤の構想がまずく、2日制の将棋なのに開始1時間で苦しくしてしまい、とにかく辛い将棋でした。
△72飛と寄ったところで▲34歩と突かれたら手段無しという読みだったので夕休前の終局を覚悟していましたが、本譜は少し粘れそう、もしかしたら、といって、やっぱり足りないのか、という一番きついパターンでした。
2日間で読んだ変化のほとんどが自分の負けというきつい内容でしたが、第4局まで間が空くので仕切り直したいと思います。


明日28日(日)はヒューリック杯棋聖戦五番勝負第2局。

棋聖戦中継サイト

Abema TV:将棋

※本局は将棋連盟ライブ中継でご覧になれます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

名人戦7番勝負第2局。

2020-06-20 | 対局
1日目から難しい将棋で2日目夕休後は負けにしましたが、終盤はチャンスが巡ってきました。



▲34歩と垂らしたところ。次に△55角を取るのが狙いで、後手はこの間に一仕事したい場面。
残り時間は▲2分△5分で実戦は後手が先に1分将棋になるまで考えて△47飛だったんですが、この間、自分は△79飛や△69飛を候補に読み進めていました。△47飛は気が付いてなかったのでここで1分使って1分将棋になり▲76玉△56金▲69香△11角と進みましたが、△47飛と△56金を効かされたことで先手玉が危なくなったので、△11角に▲33銀のような平凡な手では先手が勝てません。大駒4枚を占拠されていることもあり、先手の指し手の難易度が上がってしまい、勝つのは難しくなったように思いました。
△47飛には▲57歩と中合いして△同飛成▲67金があり、△66角には▲76玉で受かっていました。△55角の存在がなければ▲57歩と中合いして金を弾くというのは当たり前の手ですが△66角を与えるので発見には時間を要します。▲57歩と指せていてもまだまだ続いたと思いますが、大駒が取れるので指し手の難易度としては先手にもチャンスがある展開だったと思います。
▲34歩の場面で△47飛に思考が及んでいれば▲57歩の発見に至ったかもしれず、ここが勝敗の分かれ目になりました。

来週もタイトル戦の連戦なので気を取り直して向かいたいと思います。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

名人戦七番勝負第1局。

2020-06-12 | 対局


▲34桂の王手に対しては△33玉と上がるプランで進めていましたが、いざこの局面を迎えてみるとそれは怖いように思えてしまいました。(▲54銀△34玉▲45銀△同玉と引っ張り出される)
実際は△33玉も有力でしたが、実戦の△12玉とやるようでは自信がなくなってきました。



感想戦ではここで▲13同香成なら後手が負けそうだった、という話をしましたが、△同玉と応じて▲32銀成には先手玉にかなり迫れるので、これも激戦だったようです。
感想戦は夕食休憩以降の局面が中心でしたが、難しい変化が多く、どれもやってみないとわからない、という感じでした。
実戦は少し進んでみると△74角が攻防にいい働きをして勝ちになっていました。

9時間の将棋は初めて指しましたが、長くて体力がいるなと思いました。来週からもタイトル戦の連戦で、体力的にきつくなるのは避けられないと思うので気力を充実させて頑張ります。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

王座戦本戦1回戦、増田康六段戦。

2020-05-02 | 対局


終盤、▲22歩の王手に実戦は△同銀と応じて▲34桂△41銀と進行。はっきり負けではないものの、最善ではありませんでした。図では△12玉と逃げて▲21飛で必至と即断しましたが、そこで△32銀と立つのが好手で受かっていました。
▲21飛には△32銀、▲21金には△32銀打と使い分ければいいんですが、全て気が付いていないのでお粗末でした。
以下は激戦でしたが、相手の時間切迫もあり、なんとか勝ち。
久しぶりの対局でマスク着用、それに伴いコンタクト使用(メガネが曇るので)と初めてのことばかりでしたが、この条件に対応していかなければなりません。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

大阪王将杯王将戦、第7局。

2020-03-27 | 対局


先手番で矢倉対急戦模様、1日目から飛車も角も切る展開でしたが、封じ手のところは互角だったようです。図は少し良くなったと思った場面ですが、実戦は▲91飛成に△51銀を軽視しました。△51銀には▲55銀△同銀▲21歩成で決まりというイメージでしたが、▲55銀に△45銀と交わされるとむしろ入玉が防げなくなります。
図では▲11飛成△31歩の展開が優りましたが、それはそれで難しいところがあるので、先手良しと言っても微差だったようです。



終盤、▲57金と寄って攻め駒の配置が良くなったように思いました。後手の竜と角を攻めて行けば良く、目標がはっきりしています。
先にカド番に追い込まれる厳しい展開でしたが、防衛できて、久しぶりに一息つきました。今回の七番勝負は内容が濃い将棋が多く、2日間、たくさん読んだ局が多かったです。
次の対局は4月8日、9日の名人戦です。少し休んでリフレッシュして、次の目標に向かいます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

竜王戦1組5位決定戦1回戦、三浦九段戦。

2020-03-21 | 対局


後手番で相掛かり。図は夕食休憩の局面で実戦は△38角成▲同金△49銀といきましたが、その後、踏み込み切れない展開になってしまったので、図では△37歩成▲27銀△同との路線を選ぶべきでした。



図は終盤、取れるはずだった▲37桂に53まで行かれてしまったので混戦模様。図で▲58歩の受けなら△39竜が王手になるので少し余せると考えていましたが、実戦の▲59歩は気が付いていませんでした。対して△58歩とねじこんでいくのが最善でしたが、元々、読んでいた変化より1歩損するので発想になく、実戦の△53銀▲57金以下はヨリが戻ってしまい、流れ的には追い付かれた後手が厳しくなりました。

今期竜王戦は2連敗で2組へ降級となりました。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

棋王戦第4局。

2020-03-18 | 対局


△74歩を突かせない先手の趣向に対して△84飛として、ここからは見たことがない将棋になりました。


△95歩と突いたところは自信がありませんでしたが、先手からの有効な攻めも難しかったようです。実戦は▲56馬△96歩となってペースを握りました。
3勝1敗で防衛、8連覇となりました。ダブルタイトル戦でまずは1つ結果を出すことが出来て一息付きました。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

大阪王将杯王将戦第6局。

2020-03-15 | 対局

1日目から苦戦を意識する展開で2日目昼休みも悪い変化が多く、カド番ということもあって苦しい時間が長い将棋でした。
図は勝機が出てきたように思っていた局面で▲31成銀△23金の飛車の取り合いは先に先手玉が詰めろになって後手が勝ちます。この将棋で後手の攻めが早くなった場面は初めてだったので、ひょっとしたらという気持ちではいましたが、最終盤ではっきりするまでは半信半疑でした。

最終局に持ち越すことが出来たので、頑張りたいと思います。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

王将戦第5局。

2020-03-07 | 対局


2日目の昼を過ぎても均衡が保たれていてあれもある、これも難しい、という内容が濃い将棋でした。
図はようやく勝ちが見えた、という終盤戦でここで▲25桂△22玉を決めてから▲86歩と手を戻せば良かったんですが、実戦は単に▲86歩としたので後に△22香と受けられて一気に局面の難易度が上がってしまいました。それでも正しく指せば先手が勝っていたようですが、間違えてしまい逆転負けとなりました。
2-3と苦しくなりましたが、来週の第6局を頑張りたいと思います。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )