HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

マンサク アカバナマンサク(赤花満作)

2021-02-07 | 【独り言】

二週間経っても殆ど変わりない。
慌てることはあるまい。
花が咲き始めないと人は関心を持つ事も無いからのんびりと見ていられる。
花を早く愛でたいのは季節に敏感な方たちの思いだろうけれど
梅もまだチラホラ咲き始めたばかりだ。
人の都合や思惑だけで自然が動くことは無い。




















(2021.01.20 須磨離宮公園)

こちらには名札は無い。






(2021.01.31 須磨離宮公園)

名札の無い方が先に咲き始めた。
日陰になる場所、今日の青空の下でも日陰の花、だった。
いずれ日射しの当たっている時間に撮るだろう。














アカバナマンサク(赤花満作)
 Hamamelis japonica var. obtusata f. incarnata
学名部分は、ここの名札表記のまま。
(2021.02.05 須磨離宮公園)
--------------------------------------------------------------
シナマンサク 冬芽・須磨 アカバナマンサク 冬芽・須磨
森林のシナマンサクほか 森林のシナマンサク 森林の赤花種 
シナマンサク 須磨 須磨の赤花種 上が池公園 アカバナマンサク・シナマンサクの花後


コメント   この記事についてブログを書く
« マンリョウ(万両) | トップ | シナマンサク(支那満作) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事