ねこに ねこじゃらし

12歳のmomo(♀)と、6歳のそら(♂)との暮らしを、写真と戯言で綴ってまいります。たまに里山便りも。

momoが帰ってきた日

2015年01月31日 | 日記
  


 昨日の雪が、まだ日陰に残って
今日も冷たい風が吹いています。


 今から6年前の今日、1ヶ月も家出していたmomoが帰ってきました。
毎晩夜道を懐中電灯で照らしながら探し回っていた頃、
こんな寒さでどこでどうしているだろうと心配で仕方なかった気持ちを
mixiの日記に書いていたな~と思い出し、久しぶりに読み返してみました。

 日記らしきものを、小さな手帳や家計簿の隅に書き付けずにいられないのは
癖のようなものだと思って、ずっと続けていましたが、
ひょんなきっかけで始めたmixiは、友達からの励ましの言葉もあって
今読んでも、心が温まり、あらためて感謝の気持ちがわいてきます。

 
 
 6年前のこの時間(午前11時半)のわたしは
まだmomoが帰ってくることを知らず、
慰めに来てくれていたベージュの猫(日記ではブルーアイと呼んでいます)を
初めて膝に乗せて、これも運命なのかなと思っていた頃でした。


 猫との出会いも、人との関わりとまったく同じで
その後の付き合い方で、偶然も必然になるのだと思います。

 
 6年前の日記を読んでそう感じました。
 momoがここにいてくれてよかった、と。




  ~ ~ ~  2009年1月31日の日記 抜粋 ~ ~ ~ 


 ・・・一か月前もこうやってmomoを探しているのに見つからないんじゃ、
もうmomoとは会えないのかな、なんて悲しくなってしまった。


その時、
「momoが帰って来たよ」と娘から電話。


猛ダッシュで家に帰ると momoがいた。
「ガリガリに痩せて帰って来ました…」誰かがネットに書き込んでいたそのままに。


あ~、わたしにも「帰ってきました」って言える日がきたんだぁ~
「momo~  momo~
涙の再会モードのわたし。
「にゃ~・・お腹すいた~」
「momo~
「もっとご飯~ にゃ~」
すれ違いの二人
結局3杯おかわりして
ぺろりと平らげた後、やっと、momoにも郷愁の情が湧いたらしい
しおらしく「み~」とかかわいい声を出して甘えはじめた。


抱っこすると、体重は半分くらいまで軽くなってる。
そのまま膝の上でくるんと丸まってすぐに眠り始めた。
外でブルーアイとチャトランの争うような声が響いても
ピクリともせずに眠りこけてる。
今までゆっくり眠れなかったんだろうな。
深く深く眠ってる。
夢みたいだよ、momoがこうやって膝にいるなんて。


見かけた方からの電話で娘が引き取りに行ったのは、
我が家から太い通りを超えた所にある野菜販売所。
今日は休みのお店の棚の上で、100円の値札のかごに入ってじっとしてたそう。
「見つけてもらいたかったんだね」
娘もmomoの体重にショックを受けながら
じっと抱かれるmomoを連れ帰ると
すぐにお水とご飯を上げて、わたしに電話をしてくれたそうだ。

momoが起きたら、ポスターをはがしに行かなくちゃ。
連絡をくださった人たちに報告をしなくっちゃ。
首輪を買って、シャンプーして、
来週は獣医さんにも診てもらおうね。
猫返し神社にもお礼にいけるね。


                  ~ ~ ~ 







 先日、momoが見つかった野菜販売所に挨拶に行きましたが、
この時期は無人販売でお店は閉まっていて、カゴも空っぽでした。

 八頭があったんだ。今度また早めに来てみよう。
おじさんには春になったら、また会えるかもしれません。







 珍しく momoから手を出しました






 もちろん そらは受けて立ちます






 やる気があるんだか ないんだか momoのかっこうったら・・・






 ははは そらにやる気がなかったようです

 呆気にとられたmomoの顔がおかしかった~








  日向でふたり つかず離れず


  6年前には相棒ができるんて 夢にも思わなかったね 

  
  momoが無事に帰ってきて

  
  そらが 偶然現れて


  ケンカしながら の毎日だけど 

  
  めでたし めでたし だよね


   





 
コメント (3)

寒い日の 小さな温もり

2015年01月21日 | 日記




 今日も寒さが堪えますね

 みぞれ混じりの雨が降る中

 家の前の銀杏を剪定する作業員のお兄さんに








 釘付けのふたりでした


 


 
  

  今日は部屋にいられてよかった と

  飲みかけのコーヒーすすって 何の気なしにSNSを見始めると 

  昨日のニュースに対する 友だちの書き込みがいくつか目に止まりました



  テロの標的になったのは 政府の責任重し と言う考え

  反対に 政権批判をする意見こそ無責任  と言う考え 


  目の前ですれ違っている どちらも大切な ともだちの意見

  この人に「いいね」させている情報ってなに?と リンクを追いかけ

  辿って辿って・・・

  ハッと気づけば 目の奥は痛いし コーヒーも冷めたくなり

  やろうと思っていたことに 手もつけないまま 

  時間だけが過ぎていました 


  バカみたいですね~ 



  こんなにもすれ違っているのか

  という現実を突き付けられ

  部屋の中まで 寒くなった気がしましたが



  剪定のお兄さんが行ってしまった後

  それぞれ丸くなって 気持ちよさそうに寝ている猫たちをみているうちに

  こうしていられる時間は 当たり前のものではなく

  一生懸命守り 残してくれた人たちがいたお陰だと思い至ります

  その人たちに報いるのは

  唯一 絶対に戦争をしないこと


  
  以前 街角の電柱に貼られたシールに書いてあった言葉が甦りました

 
  全ての武器を 楽器に


  

  人質の おふたりが 無事解放されることを願います


  

  



コメント (2)

おとうさんといっしょ

2015年01月17日 | 日記



 じゃーん!

 おとうさん、初登場!

 元々すごく体が硬くて、若い頃はお酢を飲んでもこんなこと無理でした

 それが今じゃ ここまでできるようになって・・・

 にゃんこせんせいのお陰ですね









 それでも また年と共に あちこちガタガタ あちこち イテテテ


 momoたちが羨ましい~って ため息です







 そらにとって おとうさんは 


 「ゆりかごにゃ」


 らしいですが・・・


 

 




 


 
コメント (2)

たまには顔出さないとね

2015年01月15日 | 日記



 momoで~す


 そらで~す


 元気にしておりま~す



 ふたり揃って よく食べるんです

 家にいるとねだられるので

 晴れたら外へ 逃げ出すわたしです



 漫才でもやって ご飯代稼いでくれないかな~


 





  




コメント (2)

猫が顔を洗うと雨になる?

2015年01月06日 | 日記



 今日の午前中は、よく晴れてポカポカの日差し

 こんな格好で失礼します

 毛づくろいに 余念のないmomo

 今年の春で 9歳になります






 それを見上げた そらも







 始めました ペロペロ と

 こちらは 夏で3歳です







 外では 風が強まり 

 裸の木の枝が びゅぅと唸りをあげ

 momoは合わせるように 一心不乱

 どうかしたの と心配になるくらい








 「うわぁ! 飛んじゃう!!」

 子供の声に ぴたっと止んだmomoの動き








 引継いで そらが激しくなった








 笑っちゃうよな すごい形相


 風の音や 気圧の変化

 不安を吹き飛ばす おまじない?







 小一時間ほど経ち そらの存在感が消え

 どこ? と見ると 寝ています







 momoも じっと目を閉じて・・・



 はげしい風が通り過ぎ

 静かになった外を車が通ると 雨が降り始めたのがわかります



 猫が顔を洗うと雨になるとか ならないとか

 でも今日は 降りました


 午前中が別の日みたいに寒くなって

 暖房をいれると わたしも眠たくなってきました



 

コメント (4)