ねこに ねこじゃらし

12歳のmomo(♀)と、6歳のそら(♂)との暮らしを、写真と戯言で綴ってまいります。たまに里山便りも。

またたびは効くねぇ

2015年02月22日 | 日記


 
 先日、ペット用品店で見つけたまたたびの木。
これで そらの猛烈な食欲を 少し逸らせるかも と買ってみました。 

 
 ふたりとも バッグから出しただけで大興奮
未開封でも わかるのか~






 試しに1本 ふたりの間に ひょいっと置いてみると
momoの勢い すさまじく








  絶対に 渡さないにゃん! の手 


  





 よ~し それじゃあ もう1本ね








 と あげてはみたが
普段から天然物が好きなmomoの
我を忘れる姿に







 ボーゼン ア然 タジタジのそら ( ゜д゜ )








 一口 舐めただけ

 「momo姐 なんか 違うヒトになってる・・」

 それっきり またたびは 部屋の隅に転がされ 忘れられ











  
  そらが大きな欠伸の後 静かに昼寝をする横で








  乱れ過ぎちゃたゎ・・



 酔の覚めたmomoの表情には
なんだか身につまされるものがありました





コメント (3)

そら 鞄に入る

2015年02月09日 | 日記



 
  この前の日記にもリンクを貼った去年の日記の写真。
 そらが隠れたとーちゃんの鞄は
 フチの部分がすっかりボロボロで、今見ても恥ずかしいなぁ、
 載せなければよかったかな・・・とちょっと後悔しています。


 あれから買い物に行くたびに新しいのを探して
 秋の終わり頃にやっと気に入ったのが見つかって
 大切に使っている、 のですが・・・


 あらま、部屋の真ん中に置きっぱなし・・・と動かそうとしたら








  ぐわっ 重い!


  ひゃっ 耳が出た!










  にゃんだよ ヒトが気持ちよく寝てたのに



   
  ごめん ごめん 寝袋代わりにしてたんだね







   ヤバい ヤバい 起こしちゃった

  
   一瞬で目がパッチリだ 










   すっかり目が覚めちゃったにゃ~


   さて ご飯 くれるかにゃ? 

 


   四六時中 一区切りの度に ご飯をねだる ますます食いしん坊の そら 

   コントロール ライト ダイエット食で制限付きなのに

   困り果てるほどの 猛烈な食欲です


   
   この頃は 遊んでも簡単には 気を逸らせない

   なんかくれ~ と大根のようなししゃものようなわたしの足を 軽く噛む

   そんな時は その場を離れるのが一番

    PC持って 娘の部屋へと すたこらさっさ



   日当たりの良いベッドに座り ちょっと昔の写真を眺める


   あった あった そらは こうやって鞄に入るのが好きだったな~  

  

         








  
  山に行く支度中 隠れて一緒に行くつもりだったのかな


  リュックから出されると お次は玄関で 







  「行っちゃダメ」攻撃~

  してたっけ

  










  非常持ち出し袋の中身

  あっという間に使用・賞味期限が迫る!

  全部出して 点検中~

  
  
  大丈夫、ちゃんとキミも持ち出すから



   






  どれで出かけるか わかるんだ

  一緒に行きたい? かわいい~ と 思ったのも今は昔


  
  出がけに足に絡んでくるのは

  ねぇ 行く前に ご飯ちょーだい! 

  ねぇ 忘れてない? ご飯~! 

  としか聞こえない今日この頃







  
  帰宅後はカリカリ催促の大騒動

  やっと落ち着いて

  あれ、そらは? と見れば 

  こんなことが 日常茶飯事
  
  またシワがふえちゃうよ~  



 
  

  背中が お日様ですっかり温められて ため息も蒸発


  小さな逃避行で 気分転換完了 



  作りかけの ねこじゃらおもちゃを仕上げたら
 

  そらくん ご飯の前に 遊ぼうね





  
   

  

コメント (4)

今年のダイヤモンド富士

2015年02月01日 | そらと会った里山

 朝日も夕日も毎日繰り返しているのに、
特別な日だけ注目してごめんなさい。

 でもこういう日があるから
そのことにも気が付いたりする。



 


 今日はわたしたちの森から見える富士山に

 夕日が沈むダイヤモンド富士の日でした。







 朝から雪の雑木林で笹刈りをして

 日が暮れるまで 山にいて







 友達の友達とか

 たまたま通りかかった人とか

 仲間と三線担いで来てくれた人とか







 たくさんの人たちと待ちました









 また来年ね

 も、いいけれど


 何でもない朝や 夕暮れにも

 ここに来よう


 あらためてそう思う 気持ちよすぎる夕暮れでした



   こちらは 去年の様子です
   

 


 
コメント (5)