ねこに ねこじゃらし

12歳のmomo(♀)と、5歳のそら(♂)との暮らしを、写真と戯言で綴ってまいります。たまに里山便りも。

穏やかな休日

2018年08月19日 | momoの乳腺腫瘍





土曜日の朝 

そらが momoの大切な場所を またまた占領してた

黄色いタオルを横に置いても

完璧無視

そらの遠慮も限界かな

今日はやすみで じっくり様子を見ていられるし


momo カラーを外そう










前回は ガムテープ外すのに すごく抵抗して

momo これ取らないと外せないんだよ

って手間取ったけれど

今回は 外して って言わんばかりにおとなしくしてた

外した首に momoの首輪


あれ?

カラー外してバランス崩れちゃった?

しばし動かないmomoを

そらも おや?って顔して見てる

でもそれはホントに束の間 

お腹の縫い跡に届くにゃ って 気がついたとたん

すごい勢いで 舐めだした

前回と同じ 見てられない激しさに青ざめるも

ん 待てよ これはお腹を触るチャンスかも

後ろ足で立って毛づくろいのポーズは

お腹がよく見える

この時とばかり 見て 触ってみると


ふんぎゃおぎゃおぎゃぉ・・


やめて って

面白い声で言いながら

毛づくろいは 止まらない


何回か 毛の塊が抜けちゃって口に入ったのか

ペッ ペッ と嫌そうに出してからは

毛づくろいの場所 足やら 背中へと移動していき

むしろお腹は避ける気配










わたしの座ってるところからは見えないた場所で

隠れてるつもり

そっと 遠くから見ていたら

気が済んだかな








3週間分の毛づくろい お疲れさま

ゆっくり布団に横になりました












さてさて 洗濯物干すのが遅れたぞ

momoが来ないのをいいことに 油断してたら









どれどれ おいらも出てみるか

珍しく そらが勝手に出てきたよ









へぇ momo姐は こんな景色を見てたのか












およ ありゃなんにゃ?

どんどん好奇心がエスカレートして

柵の間に顔を突っ込んで 今にも出ていきそうな体勢に

(あ、実際はお腹がつかえるかもですが


無理とは思うも万が一

脱走したら 今日は困る

どこかに引っ掛けて切れてしまったらしく 

首輪のない猫 そらでした


さあさあ 洗濯物も干し終ったよ~ 入ろっか? 

 










この日はオレンジと黄色のタオルは洗濯日

お揃いなら 素直に自分の場所に寝るのね





安心 安心







わたしが一日中いたのに おやつも催促せず

夕方まで ゆ~っくりと寝ていたふたり

momoは 

本当に3週間がんばってえらかったね

と言ってあげたいほど

ぐ~っすり の寝姿でした




コメント (2)

激しい雷雨 のち 抜糸

2018年08月14日 | momoの乳腺腫瘍




 昨日は久しぶりに激しい雷雨がありました。
「ひどくなる前に帰った方がいいよ」と30分早く仕事を上がらせてもらい
小雨の中 自転車で帰り着いたとき
最初の大きな雷鳴が轟きました。 


お盆休みで 家にはおねーちゃんがいましたが
momoもそらも すでに不安げな顔
ピカっと光るたびに 
だるまさんがころんだ! のようにピタッと止まって
ゴロゴロゴロと鳴ると そそそっと 位置を変えて を繰り返し
お気に入りのタオルの上で のんびり伸びているわけにはいかないようでした。

やがて激しく鳴り出すと もうじっと固まって
背中を撫でても 耳を後ろ向きにしたまま




そのうちに早番だったおとーさんが帰ってきて
雨も小止みになった頃
やっと雷から解放されたmomoの体を また強ばらせることになりました
例のカゴに入って 獣医さんに行くのです


抜糸をしてもらって 早くカラーとさよならしようよ
力尽くで入れるのは忍びなく いい人ぶって言ってみますが
そんな言葉 通じませんにゃ

仕方なく 脇の下から体を抱いて カゴに入れるしかないのですが
momoは腕を突っぱね激しく抵抗します
その力強さは嬉しくもありますが それはほんの僅かで
無理やり押し込めるたびに momoの信頼を損ねていくような罪悪感が大きくなります 


初めて車で獣医さんに向かうmomoの声は
自転車のときとは まったく違って 心細い声でした


momoの手術をしてくださった先生は 今週はお休みと聞いていましたが
昨日は 以前そらがずいぶんお世話になった先生で
momoのことも何度か診てもらったことがある安心出来る方


わたしが両脇を抱えて立たせると 先生はプチンプチンと糸を切りながら
猫ちゃんの乳腺腫瘍は 悪性が多いんですよね
と抑えた声で 残念そうに話してくださいました


きっと もっと ショックを受けるようなことなんだろうな
先生の話を聞きながら いつも他人事のようにそう思ってしまうのは
感情を抑えてしまうクセのせい?


何もなければ 手術から一ヶ月後くらいに 経過を診ていただく
それまでは プツプツした感じのものが出来ていないか
お腹を触ってみる


カラーは 家に帰って外してみて
傷を舐めてしまうようなら もう少し延期 
ここで舐めてひどくなったら 長いあいだ外せなくなるから・・・




そう言われて 帰ってきました








momo~
久しぶりに すっきりしたね


帰宅してすぐにカラーを外すと
なんだか懐かしいmomoの姿
momoは戸惑い








だれにゃ?


って言いたそうな そら




でもすっきりしたmomoは 30分と持ちませんでした
腕から始めた毛づくろいは 久しぶりでやり甲斐があるのでしょう
だんだんと熱を帯び お腹を舐め始めると 見ていられなくなりました










いつ外しても 外したとたんに
毛づくろいは始まりそうです

ではいつが外し頃になるのでしょう?

何度も外したり付けたり繰り返すのは
かえってストレスになりそうなので
長い時間 ちゃんと見ていられる休みの日まで
カラー外しは お預けになりました





でもにゃんずに嬉しいニュースもひとつ
お盆休みのにーちゃんが 荷物をたくさん持って帰ってきました
なんと 今日着くように宅配便まで








ハコ ハコ うれしいにゃ~ん


あんまり家には居なさそうですが
その方が おにーちゃんが家にいる って実感があるかな

コメント (2)

momoにおできができた 4

2018年08月12日 | momoの乳腺腫瘍
今更ですが 7月17日に書いていた下書きを
     読み直して書き直して アップします
     ややこしくなりますが ごめんなさい 






早朝のご飯をくれるおとーさんが留守で
サッカーW杯観戦で 時間が不規則だった数日

14日の土曜日の夜 やっとおとーさんが帰ってきた
いつもと同じように ビールでお疲れさんして
田舎での話を聞いて
終わったころ momoの話をした


おできがある以外は
暑くても2階の部屋で 伸びてるmomo
ごく普段通り









そらが ちょっと気にしてる
なんて思うのも 気のせい?







一緒にいることが増えたように感じるのも
気のせい?







わたしも普段通りに してました
ネットで調べるのは 怖がるためじゃない
ちゃんと知って ちゃんと考えたいから



そうしてるうちに
今日は 術前検査の日



おとーさんには 昨日説明して
ご飯の缶のフタに 張り紙もしておいた




起きたとき 2階で落ち着いてたmomoに安心して









迎えにきた そらと










momoが上にいるあいだに 食べちゃおうね
なんて話していたら


「にゃお そうはいかにゃいわよ
 わたしだって はらぺこだわ にゃお」

momoもすかさず下りてきた

でも 今朝は上げられない
その代わり 一番でお医者さんに行こうね
帰ってきたら すぐご飯にしよう









洗濯物を干すとき
1週間ぶりにベランダに出た momo









あ、しまった!
カタバミ 食べちゃう!
ごめんね
あわてて部屋に入れるけど
気を悪くしたね



腹ペコのうえ
大っ嫌いなケースに入れられて









そらがたじろぐほどの声で 鳴いて









道中も恨み節全開だったmomo


一緒に帰って来れると思ったのに
検査がたくさんだから
ひとりで帰ってくることになった



先生から 再び 先生も言うの辛いだろうな
ってお話を 聞いて
わたしも 先週よりは少し出来るようになった質問をして
納得して検査をお願いしてきた
カラーつけて 爪切り服にすっぽりくるまれ
また怒っちゃった momoと
そんな状態で 分かれて
ホームセンター うろうろしてたら
お水を飲みやすくするような
ご飯が食べやすくなるような
いいパーツを 木工コーナーで見つけた


momo がんばろーね
後で迎えに行って 結果を聞くのは緊張するけど
momoががんばって受けた検査だもの
おかーさんも 受け止めに行くよ






コメント

そらには黄色いタオル

2018年08月12日 | momoの乳腺腫瘍
momoは何故か こんな狭い場所が気に入って

オレンジ色のタオルで設えた寝床で

一日の殆どを 過ごしています


ですが この向きなら良い方で

反対向きで タオルから飛び出しているときは そりゃ大変









間違って蹴ってしまったり ぶつかってしまわないように

人間の家族一同 それは気を使って通ります

お皿を持ったり コップを持ったり・・

おまけに 通るたびに momo~って声をかけたり

頭を撫でたりするものだから

そらにはずいぶん 羨ましかったみたい

ある日 仕事の中休憩で戻ってくると

そらが momoの寝床で伸びて

momoは もじもじ困り顔



ごめんね~ そら

これは 怒れません

そらもmomoみたいにして欲しかった

これは かーさんのイージーミスです


さっそく二階に行って引き出しを見ると

もう一枚 おあつらえ向きのタオルがありました











どう そらには黄色の寝床だよ

って言ってもわからないので

かーさん大いに張り切って

身を持って教えてあげました



10分後に目覚ましセットして ね


と たちまちやってきた そら

ごろんと横になり たちまち熟睡













10分後 無情にもベルが鳴って

おかーさんは起きる

そらは グーグー寝込んだまま


家の用事を少ししたら

また仕事に向かう時間です









その日も酷暑

エアコン弱めにかけたまま

後ろ髪引かれて

行ってきま~す




あれから momoはオレンジのタオル

そらは黄色のタオルで スースー

暑い日も よく寝ていました 













ところが 今日は momoが寝床から出てきて

見回しています

そらの寝床は もぬけの殻















そら~













いたいた

なんだ 本当はこっちのほうが

寝やすいのかな


でも いいんです

momoのオレンジ色の寝床が安泰ならば



コメント (2)

今日は夏休み

2018年08月09日 | momoの乳腺腫瘍
日曜日の夕方まで サマーストライキを敢行したmomoでしたが
あれ以来 すっかり2階には行かなくなり
狭い通路に 寝そべっていることが増えました








なんで そこがいいのか
そこ 危ないよ
と前は良く寝ていた窓辺に寝床を移しても









ここが いいんにゃ


この場所で 直に床に寝そべって
移動するつもり なさそうです
頑固なmomo 健在な~り~


そうなんです
寝ている姿は 元気なくなっちゃったのかな と少し心配になりますが
起きると 元気で頑固なmomo
そらも たじたじのmomo姐のままです







ザリッ ザリッ
不思議な音に目を向けると







あらら
毛づくろい?
でも それ カラーですよ


もしかしたら 食べこぼしの匂いが残っているのかな
とも思ったけど それだけじゃないみたい
けっこう頻繁です
体の一部になってきた?






ちゃんと 自分の足や尻尾も舐められるようになって
毛づくろいって 落ち着くんだね
表情を見て 思いました













はい こちらも 












    わたしの今の仕事は 夏休み時期が忙しい仕事なので
長いお休みは ありません    


でも今日はお休み
それだけで 気持ちがのんびりとします  



10時には家事もひと段落して
休憩って思った途端に
嗅ぎつけたにゃ?


はいはい 一緒に お茶の時間
おやつは momoの大好物のカニカマ










はい そらにも











momoは いつの間にか
水も ひとりで飲めるようになっているし










数日前までは トイレに行くにも
ウロウロと不安そうだったのに
昨日は わたしが目を離した隙に入ったことが判明
そうよね もういいオトナだもん
見られたくないよね






さて 台風が掠めて行った置き土産
昼ころから 蒸し蒸しと 暑さがよみがえってきました

外に出る用事は 午前中に済ませたので
午後は 夏休み! と決めました










富安さんの この本があれば
たった数時間でも
きっと 40日分の夏休みが味わえる
そう思ったのです





昼寝のにゃんずのあいだに寝そべって
読み始めて 目論見は大正解と叫びました(心の中で)
いま読みたい本に こんなにぴったりな本が あるでしょうか











腰が痛けりゃ
ちょいと起き上がったりして
早く先が読みたい気持ちと
読み終えたくない気持ちのせめぎあい


幸せな読書時間












蝉の声を聞きながら 思わず泪 ジワっときて
13歳の夏休みを追体験

たった数時間の
けれど 十分夏休みを満喫できた
午後でした 
コメント (2)