いやしの里

独自の生きた酵素乳酸菌と食事療法等で
手術、薬、リスク無でガン、難病等を
自然療法で回復させ、生涯健康を目指すブログ

果物を食べるならリンゴ

2014-03-04 10:38:00 | 健康獲得の基本

最初にポッチとして今日も 爽快な日を過ごしましょう
代替療法 ブログランキングへ



もしあなたが今何も病気がなく

果物を食べるとしたら、、

この季節に食べても良い果物

いちご、りんご、うんしゅうみかん


上記を1日少量なら毎日食べても

体に良いのです


特にりんごは 

りんごポリフェノールが

豊富で老化細胞の増殖を

押さえる働きがあると

言われております


りんごの産地の長野県では

冬場の一人あたりの消費量は

一ヶ月あたり10個

一日あたり1/3食べている

計算になります

またりんごの産地は長野県全体に

広がっており、県民全体が

りんごを食べているのでは

ないでしょうか


長野県は寒い地域ですが

長寿日本一になっています

長野県ではお昼のおやつが

りんごと野沢菜の組み合わせが

多いそうです


他の果物を食べなければ

食べる量として

適量になるかもしれません


果物は一般に体を冷やす食べ物です

陰性の食べ物なのです

その中にあって先頭で紹介の果物は

比較的陰性が弱い果物なのです

安心していただけます


食事をするときに

地産地消の考え方があります

これは経済の考え方だけでなく

健康にも寄与いたします


その土地でとれるものを食べる

果物も冬であれば

冬に採れる果物を食べる

夏の果物や南国の果物は

冬に食べる事は最適ではありません


リンゴやイチゴを

毎日少量食べて

りんごポリフェノールや酵素を

体に取り入れて

抵抗力の強い体を作りましょう!


なお今病気の方で治療が必要な人は

果物の種類を問わず

出来るだけ果物の摂取量を押さえましょう

生野菜や果物は酵素を取り入れるのに

有効ですが、たくさん取ると陰性過多に

なり体を急速に冷やします

少量継続的に食べる事で

体をあまり冷やす事なく

免疫力が増加します

果物の食べ過ぎには注意しましょう!


このバナーをクリックお願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ



長野県では県内全体がりんごの産地であり
県民の多くがりんごをよく食べられているのでは
ないでしょうか?
今ではりんごは夏の収穫のりんごも
ありますのでいつでも
入手できる果物になりました
*この写真は無料素材から使用させていただきました

幸せを感じる商品を作っています

美しい、お洒落、頑丈ケース
Metal JacketのSHIMURA 楽天市場店