いやしの里

現代医療や薬や手術に頼らず、リスク無で免疫力と体質改善で
重い病気を根元から回復、さらに病気知らずの体を目指すブログ

牛乳を飲むと短命、骨折する!?

2014-10-29 23:53:49 | 添加物害、薬害、サプリ害

このバナーをクリックお願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ



マクロビオティックでは

昔より牛乳を飲んでは

いけないと言われて来た


牛乳の代わりには

無調製豆乳を飲む事を

お勧めする


本日、ヤフーのトップページに

スウェーデンの20年に渡る

大学の研究統計調査が

発表になり

牛乳を1日に3杯以上飲む人と

1杯以下の人の寿命と骨折率の

調査をした結果です


調査のリンクはこちらです


牛乳と寿命、骨折率の関係はこちら


結論は牛乳を飲む人と飲まない人は

寿命に違いが出る

骨折率に違いが出る

牛乳を飲めば飲む程寿命が短くなり

骨折(骨粗鬆症)が増加するという

統計調査です


これは牛乳には糖類の一種

「D-ガラクトース」が多く含まれて

いることが論文では指摘されている

D-ガラクトースは動物実験により、

老化を促進し、

寿命を縮める物質で

あることが分かっている


なお乳製品のうち

チーズとヨーグルトは、

寿命と骨折の増加は認められないと

している


詳しくはリンクを

ご覧ください



ポッチ! がまだでしたら ここであなたにも私にも笑顔を!
代替療法 ブログランキングへ


ワクチンより免疫力

2014-10-27 19:30:50 | いやしの里の目指すもの

このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ



最近ではワクチンの摂取が

叫ばれていますが

ワクチンを接種した直後

あるいは何ヶ月、何年先

問題が起きる事も

少なくなく


病弱になったり

不妊症になったり

あるいはその病気になったり

ガンになりやすくなったり

難病になったり

その健康被害は

とても甚大です


中には直後に死亡した

そのようなケースも

あります


一方ワクチン対象の

病気になる確率は

その副作用の病気の確率より

はるかに低く

ワクチンの有効性には

疑問を叫ばれる昨今です


ワクチンはその病原菌を

体内に入れてその病気にさせ

抗体を作り免疫力を

発揮させるがその原理ですが


古くからそれが思うように行かない

免疫力が低下している時に

接種すると、その病気または

ショック症状で重篤な病気になったり


そのワクチン薬に入っている

数十種類の添加物は毒薬であるため

数ヶ月後、数年後に様々な病気に

なったり、免疫機構が破壊され

病弱になったりと問題視する

専門家が沢山います


免疫力で病気は防ぐのですから

つまり免疫力を高く保っていれば

ワクチンなど打たなくとも

病気にはならない事を意味します


逆に免疫力が弱ければワクチンを

接種しても効かないばかりか

大変な症状が出てしまう事を

意味しているのです


いやしの里でも紹介している

様々な実行を複合的に行う事で

どんな病原菌でも退治出来ますので

リスキーで命さえ取られる事の

ある危険なワクチンを接種するより

普段から免疫を落とさないような

方法を実行する事が

すべての病気を同時に予防する事が

出来ますので、免疫力を高く保つ

事は極めて有効である事が

お分かりいただけるでしょうか?


免疫力を高く保つのは

すべてのワクチンをすべて摂取

しているのと同等な機能を発揮し

それなのに死亡事故はもちろん

すべての副作用も全くなく

絶対安全な方法なのです



ポッチ! がまだでしたら ここであなたにも私にも笑顔を!
代替療法 ブログランキングへ


この写真は私の撮影です
東京多摩側最下流 大師橋 2014-10


病気治しは哲学

2014-10-25 03:49:27 | いやしの里の目指すもの

最初にポッチとしていただき今日もすがすがしい日を過ごしましょう
代替療法 ブログランキングへ



病気を治すという事は

多くの人は医者が治してくれる

と思っているようですが

病気が治るのは

自分の持つ免疫力で

医者の薬でも手術でもありません


つまりそれらと治癒は全く

関係がないばかりか

病気を根源から治すと

言う観点から見れば

治療を遅らせたり

悪化させたりすることも

あるのです


病気は自分が治している

つまり自分の持つ治す力なのです


自分の免疫力なのです



健全な免疫力は

健全な体のシステムの稼働なのですが

それには健全な心が大切です


マイナス思考は免疫力を低下させ

プラス思考は免疫力を向上させます

自分の心が免疫力を高めるのです



病気は必ず自分が治す

病気は自分の体から逃げていく

病気は自分の免疫力が治すもの



これをよく自分の体に

言い聞かす事なのです


必ず治す

必ず治る


そのような信念があれば病気が

逃げていくのです


原始的と言うかもしれませんが

科学では病気の予防も

病気の治療も不確定なのです


人間の体は機械ではありません

こうすれば必ず治る

このような方程式はないのです


しかし体の免疫力やシステムが

完全に回復すれば

自然と病気は治って行くものなのです

病気とはシステムが壊れている

状態とも言えます


本人が強く治したい

と思えば病気は必ず回復します


病気が何年しても治らないのは

本人が本気で治す気持ちが

ないからなのです


あるいは治す事を

邪魔するような事を自分で

行っているからなのです


邪魔している原因を取り除かなければ

治るはずもありません


原因を取り除き

システムを元に戻せば

病気は必ず治ります



私はそのお手伝いをしているに

すぎないのです

免疫力を早く回復させるものの

提供と原因を推測して

取り除く努力の提言をさせて

いただいています


でも治すのはあなたなのです

あなたの心とそれに従っている体です


つまり病人の自分の体が

治すんだ


そういう本気の気持ちが

大事なのです

まず大事な事は


必ず完治させるんだ


そういう気持ちが

あるかないかの違いなのです


そして回復方法が

対処方法でなく

確実適切な方法ならば

病気は必ず回復

するものなのです


あきらめのマイナス思考では

病気に居座られてしまうのです



今日も良い1日となりますように ポッチをよろしく! 
代替療法 ブログランキングへ



病院に行かないことで健康人?

2014-10-22 21:09:31 | 本当の幸福感

ポッチ! で あなたの笑顔と私の笑顔がつながります


このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ



健康な人は病院に行かない?

病院にいかない事で健康人?


私の感覚でも病院通いの

多い人程、病人が多い

病院にいかない人程

病気にもなっていません


つまり健康も二極化

しているように見えるのです


前者は当たり前の事を言っています

後者は言い方がおかしいでしょうか?


前者はこの言葉は実は

当てはまりません


なぜなら、健康だから病院に

いかない 、、、

と皆さん思うかもしれませんが

本人が自分が病気だと思わなければ

病院には行きません


さて後者の意味がすぐに分かる人は

私のブログを良く見ているか?

世の中の事を良く知っている人です


まず病院は病気の人が

集まっています

つまり体の弱った人が

集団でいるところです


マイナスの空気が流れています

そこで働いている 

看護士や医師はとっても

大変な仕事なのです


次に感染症の人も沢山来て

います

当然病院の中はあらゆるウイルスが

舞っています


これで病気にならない人は

かなり免疫力を持った人です


さて診察室に入り様々な器具、

検査が待っています

これらの器具は本当に

安全でしょうか?


完璧に除菌されているでしょうか?

看護士さんや医師の手は完全に除菌

されているでしょうか?

この人たちは様々な人を次々に

触れています

自分の体に付着した事のない

ウイルスや細菌があなたの体に

付くかもしれません


さてもしあなたが注射や予防接種

または投薬を受けるとします


それらは安全でしょうか?


答えは確信を持って私は

NO と言います


簡単な話です

食べ物でもない異物が

無防備な血管の中へ

直接入るのです

まったく防御出来ないのです


投薬も食べ物でない毒物が

体に入り込むのです


そしてこれらはその成分の99%
(薬剤によって比率が異なります)


近くが有効成分でない物が

含まれているのです

仮に有効成分が

効果を発揮したとします


しかし残りの99%は何をしている

のでしょうか?


つまり1%の有効成分と

99%の体に問題の物質

体がどうなって行くか想像が

出来ますか?


うちに出入りしている理学師が

私の父がもう7~8年薬を

飲んでいないと伝えると

それは素晴らしい、、と絶賛

していました


薬や注射、ワクチンはその瞬間の

症状の強制緩和の代償に

99倍の問題点を体内部に

与えているのです


やがて体内に滞留するその悪い成分は

次の病気作りの準備に入ります

そしてやがて数ヶ月、あるいは数年後

また別の病気に発展する


思慮深い医師はもちろんその事を

知っています

私のところに通う、訪問の医師も

投薬やワクチンは勧めないし

自分たちも行いません


ですから思慮深い医師たちは

自分が病気になると

一般的な治療法を選択せず

私たち代替医療師の知恵を借りながら

まったく違う方法で治療を

進める事が少なくありません


それは病院内の通常の治療がどれほど

リスキーであるか知っているからです


要するにいつもが健康が維持出来ている

健康な食生活、健康な行動をしていれば

そうそう病気になる事はありません


病気にならず、毎日体調不良でなければ、、

会社を休んだり、風邪をひくことすら

なければ、病院に行く必要はありません


ここは感覚で分からないかもしれませんが

どんな病気でも前兆が存在します

普段本当の健康ならば、わずかな変化も

敏感に感じ取れます


また体に悪い物を食べればすぐに反応が

出てくる

それが本当の健康体なのです


それが感じ取れない、

危険察知が出来ない体の方が

すでに問題なのです

すでに病気は始まっているとも

言えるのです


病気になってから治療するでなく

病気を予防するする方が

遥かに楽で

遥かに自分の人生が有効に

すごせ、痛みや不快がない人生

の方が、どれほど素晴らしい人生か?

ちょっと考えてみましょう


健康を維持して生涯を過ごす

病気の不安なく安らかに過ごす

痛みも病気で時間を無駄にする

こともなく、人生が過ごせる

だから好きな事をいつでも

出来て、どこへでも不安無く

出かけられる



それが人間の最高の幸せだと

思いませんか?

ポッチ! 明日も気分良く!

ポッチ! がまだでしたら ここであなたにも私にも笑顔を!
代替療法 ブログランキングへ



この写真は私の撮影です

料理方法を工夫する

2014-10-20 12:50:56 | お勧め食材とお勧め献立

最初にポッチとして 爽快な日を過ごしましょう
代替療法 ブログランキングへ


夏からすっかり秋の日本列島

北海道ではすでに冬の訪れを

感じている事でしょう


皆さんは季節によって食べ物や

調理方法を変えるという

考え方はございますか?


古来日本では

季節により食材も調理方法も

変えてきました


昔は季節以外の食材は

ありませんでした


例えば茄子は夏から今頃までの

食材です

きゅうりも同じです


かぼちゃやサツマイモは今から

冬の食材です


小松菜や菜の花、キャベツは

本来は春から初夏の食べ物です


ほうれん草や大根は本来

初冬から初春の食べ物です


日本ではその旬の食材を

そのもっとも美味しい食べ方で

食して来たのです


保存性の良い根菜類をたくさん

つかった鍋物は冬の

食べ物ですし


生でいただくキュウリや瓜は

夏を呼ぶ食べ物です


例えばキュウリや瓜

そしてスイカは火照った体を

冷やしてくれる食材です

つまり夏に食べる食材です


今から冬にかけては

カボチャや牛蒡

体を温めてくれる食材です

ですから冬に食べると特に

良い訳です


もし夏の食材を冬に食べれば

体が冷えてしまい、免疫力が

低下します


例えば、夏の食材

スイカやメロン、トマトを

冬に沢山食べれば

体が冷えてしまい、免疫力が

低下して、様々な細菌を

呼び寄せてしまいます


風邪やインフルエンザ、

膀胱炎などを呼び寄せる訳です


婦人科の病気にもなりやすいのです

それが

秋なすは嫁に喰わすな!

のことわざです


本当に体が冷えて、流産や婦人科系の

病気になりやすくなるのです

子宮筋腫もこのような繰り返しから

そのきっかけが始まって行く

可能性が高くなる訳です


私たちのこの住む日本は世界中から

食材が集まり

食材はとっても豊富ですが

それらの輸送、保存目的の添加物も

含め、季節でない物、外国しか採れない

食材は何らかの弊害が伴ってきます


夏は生で食べていた物を

冬では熱を通す

それによって体を温める

食材にも変化もしていきます


これからの季節

なるべく暖かくして調理して

秋から冬に日本で採れる食べ物を

中心に選んで調理して

健康な冬を過ごしていきたいところ

ですね



このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ



幸せを感じる商品を作っています

美しい、お洒落、頑丈ケース
Metal JacketのSHIMURA 楽天市場店