いやしの里

現代医療や薬や手術に頼らず、リスク無で免疫力と体質改善で
重い病気を根元から回復、さらに病気知らずの体を目指すブログ

薬は体機能を低下させる(正常な体の働きが阻害される)

2018-11-18 23:56:54 | 添加物害、薬害、サプリ害

健康がこの人生で最高の幸せ 一緒にポッチお願いします!
お読みいただけましたなら、下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング



薬の影響というものは

みなさんが思っているほど

優しいものではありません


どれほど副作用がないと

思われているものでも

必ず影響があります


これは頭痛薬はもちろん

胃薬や薬用のど飴でも

深刻な影響があります


薬の副作用は薬の副作用と

書かれているものだけでは

ありません


書かれている副作用は

比較的短期間に

今まで逃すことができない

深刻なものだと思ってください


長期間の連用や

因果関係が逃げられるものは

書かれていません


私自身は

20歳代の頃まで

薬や健康ドリンク、健康食品を

連用していました


またいくつかの事故により

深刻な体の障害が生じていて

それを薬でごまかしていました


それが白血病になった

原因の大きな一つであることは

間違いありません


大きな病気は実はその多くが

薬害であることも

多いのです


特に年を重ねるほど

薬の薬害は体に

蓄積されますので

中高年になると必ずその悪影響が

体調不良や別の新たな病気の

原因となってきます


病院では原因を追求しない理由の

1つに実は薬の副作用蓄積が

あることを言いたくないので

話しませんし


この薬は副作用は少ないと
決まり文句のように説明します



薬による共通の問題点は

血管がもろくなること
(組織の老化です)


これはくも膜下出血や脳梗塞の

原因となります

また血管剥離の恐れも当然

出てきますので

深刻な疾病の恐れが

生じやすくなります
*当然多くの医師は認めませんが
一部の医師は認めています


またそれに伴い、循環器系の問題

薬の種類によっては

神経障害も生じやすくなるため


体のあらゆるコントロールに

機能障害が生じる可能性も

否定できません


神経が正常機能しなければ

そんな問題だって生じます


めまいやふらつきだって

薬の影響も否定できません


消化器系に関して言えば

喉の薬であれば

胃に問題が生じる可能性が

出てきます


例えば胃潰瘍や胃炎の原因と

なる場合があります


胃薬の場合だと

その下の十二指腸や腸全体の

機能に問題が生じることがあり

例えば胃薬は胃をアルカリに

誘導する薬が含まれることが

多いです
(胃酸を弱める)


そうすると

胃酸が薄くなり

殺菌力が衰え、

ばい菌や腐敗菌

O157のようなばい菌が

腸まで到達して

感染症等を生じる原因と

なってしまう可能性が

強くなります


これは胃薬が感染症や

食中毒の原因を間接的に

誘発させている

原因となってしまう現象です



もちろんこのような事は

多くの医師は考えませんし

それを認めもしないでしょう


細く言っていけば

薬は体にとってみれば

不自然で、毒でしか

ないのです


本来食べ物には

含まれない薬品ですから

当然な事です


当然体にとって不適切なものであり

その異物、毒と戦わなくては

なりません


当然本来の体の健康維持のための

機能がおろそかに

なってしまいます


つまり健康維持の能力が

低下してしまいます


どんな薬でも

痛みを止めたり

機能を阻害したり

するために無理を

するのですが


それが本来のスポットの

場所だけでなく

体全体に影響を

及ぼすために


体隅々まで問題が波及して

しまうのです


それを長期間続けば

高確率で別の問題が

生じるようになります


つまり別の病気が

発症するということになります


だから薬は使う場合も

短期決戦です


でもその薬の楽を

覚えるとそれを

抜け出せなくなることも

多いのです


つまり多くの薬には

習慣性が生じることが

大きなリスクになります


一度始めると止めるのが

恐怖になる


また体が楽することを

覚え、回復能力の低下と

習慣性により止めると

すぐに具合が悪くなる


麻薬的機能が生じて

しまうのです


薬の効き目があるうちに

原因を取り払い

正しい食事と

胃腸の機能を正常化させて

1日も早い

本来の体の機能に戻し

本来の免疫力を発揮できる

体に戻さなくては

いけません


体は加齢を重ねるほど

回復力が遅くなりますので

本来は高年齢な人ほど

薬に頼りたくないのです


この説明でも

理解いただけないでしょうか?


ただ私が接してきて

多くの人は本気で健康に

なりたいと考えている人は

非常に少ないので


薬の危険性について

考える人は少ないと

思いますが


薬を飲んでいれば

次の新たな病気がいずれ

発生すると頭には

いれておきましょう


それは決して

歳のせいではありません


実際、薬を全く

飲まない高齢者は

体力は衰えても

その分

深刻な病気にはなりにくい

ですから


根本から健康作りを

考えることをお勧めいたします


ポッチ! がまだでしたらここで 今日が良い1日でありますように!
お読みいただけましたなら、下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
食事療法ランキング

なぜ薬を長期服用してはいけないか!

2018-10-21 23:59:26 | 添加物害、薬害、サプリ害
「ポチ!」してくれたらうれしいです
下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング


薬とは何か?

おそらく多くの人は

病気を治すもの


そう考えているのでは

ないでしょうか?


多分子供の頃から

病気になったら

これを飲むもの


そう思っているのでは

ないでしょうか?


結論を言えば

薬は

病気を治すものでは

ありません


薬は症状を抑える

ある意味麻薬です


そう症状を抑えるものです

だから病気そのものは

治りません


病気が治るのは

あなたの免疫力、回復力です


あたかも薬が病気を治す

そうイメージされてきたものです


むしろ薬は

大元の病気には何の

関与もせず

ただその症状を止めているのです


病気は症状がなくなれば

病気が治ったと皆さんは

考えますね


でも症状は体の警告で

症状は病気の副現象の

ようなものなのです


病気が治る場合は

その症状を止めている間に

あなたの免疫力、回復力が

自力で病気を回復しています


そうあなた自身が頑張って

くれているのです


ところが病気の種類によっては

いや多くの病気では

原因を放置しているままですから

病気はさらに悪化


どんどん薬を強くしなくては

ならなくなります


そうすると薬の副作用が

じわじわと

悪影響を発揮し出してきます


だから薬は使うとしても

苦痛を一時止めるだけの

ものと割り切って

短期決戦させないと


やがて薬の副作用で

体はボロボロになっていくのです


それでもう病気が

どんどん発生するように

なってしまうのです


薬はどんな薬でも

長期に飲んではいけません


薬を飲みだすと体は

その薬が入ることを

期待し始めるので

自力で治す力が

弱ってきてしまいます


そして身体中のあらゆる

ところが弱り始めるのです


薬でない、昔からの民間療法を

できるだけ使って

その間に原因を断捨離することを

考えてください


そして、自分の免疫力を

向上させる努力をしましょう


それで初めて病気そのものの

治療が始まるのです


そうやって回復した体は

本当の健康になれるのです


薬の副作用は

書いてあることだけでは

ありません


書いてある副作用は

短期に発生する事柄

だけです


長期には様々な問題が

生じてきます

副作用が甚大な

麻薬と同じです


高血圧や白内障、腎臓病、

認知症、動脈硬化

心不全、脳卒中、がん

その他、無限大の病気の

原因となって

いくのです


ですから、極力

薬の服用はどうしてもの

最終手段

それも短期しか使えないと

割り切って欲しいと

思います


薬は習慣性を作りますので

ある意味麻薬と同じです

安易に服用開始することは

避けましょう


それは胃薬でも頭痛薬でも

喉の薬でも同じです


必ず長期服用すれば

体のあらゆるところが

ボロボロになってきます


気をつけて上手に使いましょう

「ポチ!」
薬の利用は最新の注意を!
下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング

ハギの花

電子レンジは遺伝子組換えより怖い!?

2018-10-17 18:47:06 | 添加物害、薬害、サプリ害

このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
お読みいただけましたなら、下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします 
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング


もしあなたが

病気になりたいなら

コンビニ弁当を

電子レンジで温めてもらって


連続一ヶ月以上

続けて食べたとすれば


高確率で病気に

なれると思います


これをファーストフードで

行えば、恐らくは成人病


コンビニ弁当+電子レンジなら

栄養失調や免疫力低下による

広範囲な病気


若い人なら

なんだか朝から体がだるく

顔色も悪い

風邪やインフルエンザから始まり

感染症や皮膚のつやがなくなり

女性なら

生理不順も起きるかもしれません

今は若い人の3人に一人は

子宮筋腫があるとも言われています

現代の食生活やストレスある生活が

影響しているのかもしれませんね


中高年の人なら

ガンを筆頭に

そこに過労が重なれば

くも膜下失血などの

リスクも高まるかも

しれません


電子レンジは

強い振動を分子間で起こさせ

その摩擦熱で加熱しています


そうすると分子が破壊され

その繋がった腕が壊れるために

栄養素やミネラルが破壊されます

*電子レンジは電磁波です
 これにより熱が発生するということは
 スマホや携帯電波などの電磁波も
 私たちは常に受けています
 もちろん電子レンジよりずっと
 弱いとはいえ
 体の中で
 何が起きている想像できますか?

分子が破壊されるということは

またこの世には存在しないような

物質になってしまうことが

あり


腸の中で適応した乳酸菌が

働かず、栄養として

体に吸収されない可能性が

生じます


このため、もともと栄養バランスの悪い

お弁当がますます栄養のない

お弁当になってしまいます


胃に食べ物は入りますので

とりあえず満腹感は

生じますが、


健全な栄養やミネラルが

不足してしまうのです


やがて体は深刻な

機能不全が生じるように

なってしまいます


もともと電子レンジの

仕組みは殺人兵器として

軍事的な研究によって

完成されたものです


本来食品を温めるものでは

ありません


長らくソ連などは

健康に問題があるとして

使用販売を

禁止にしてきました
(近年までロシアでは
 家庭内に電子レンジは
ありませんでした)


確実に使用すれば病気に向かう

電子レンジの使用を

やめて、家庭では

昔ながらの蒸し器を使いましょう


大きな鍋に専用の用具を

入れれば簡単に作れます


また蒸し器で温めたものは

安全なだけでなく

大変美味しく食事を

食べることができます

少なくても家庭では電子レンジの

使用を止め


コンビニ等ではできるだけ

加熱を必要としなくとも

食べれるお弁当を

選んで購入するようにしましょう


このバナーをクリックして
健康生活を目指しましょう!
お読みいただけましたなら、下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします 
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング

ウツギの花

(2/2)日本は遺伝子組換食品天国!

2018-10-15 23:57:15 | 添加物害、薬害、サプリ害

このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
お読みいただけましたなら、下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします 
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング


今回は

どうして日本が世界一の

遺伝子組み換え食品消費

世界一なのかのカラクリを

お話ししたいと思います


前回記事で現在正式に

遺伝子組換作物の輸入が

許可されている作物は

次の通りと記載させて

いただきました


トウモロコシ(あらゆる加工品)
大豆(調味料全般)
じゃがいも(あらゆる加工品へ)
テン菜(砂糖:糖類として)
菜種(食用油)
綿実(加熱用食用油:スナック菓子等)
アルファルファ
パパイヤ

近年の規制緩和で

調味料類やビールなどの飲料では

上記のような遺伝子組み替え材料を

使っていても

記載の義務が免除されました


つまりもはや日本では

遺伝子組み換え食材が含まれていても

もうわからないのです


しかもです

「遺伝子組み換えでない」

このような表記でも

5%以下なら含まれていても

含まないと

書いて良い事に

なってしまいました


もし私たちが遺伝子組み換えを

絶対に避けたいと

思うなら

現時点では

オール国産か

オール有機栽培を選ぶ以外に

手段はないのです


原材料の一部に

トウモロコシや

大豆や糖類を

使わないものは

少ないです


例えば

糖類と言うと皆さんは

サトウキビを思い浮かべますね


サトウキビはまだ遺伝子組み換えは

ないのですが


砂糖と言うと欧米では

多くはてん菜糖を示します


輸入てん菜糖はほとんど

現在遺伝子組み換えで栽培されています


一方国産のてん菜糖は全量

固定種で遺伝子組み換えではありません


日本で砂糖と言うと勝手に

サトウキビだと思うでしょうが

実はてん菜糖であることも少なく

ありません


そうすると加工用はほぼ輸入てん菜糖

ですので、全て遺伝子組み換えに

なっています


さらに「糖類」と言う表記だと

これは砂糖のことでなく

ほとんどはトウモロコシから作った

果糖を言います。


トウモロコシは有機栽培以外の

輸入はほぼ全量

遺伝子組み換えです


トウモロコシはコーンスターチや

コーヒーフレッシュ

果糖ブドウ糖液糖などに

非常に幅広く加工品として

使われています


日本のほとんどのビールの製造には

コーンスターチが使われます
*うまみ成分として使われる
(日本のビールは本物ではありません)

*本物は大手では
 恵比寿とモルツだけ!
(私は自分が買うときは以前からこの二つだけ)


さらに私が絶対に避けるべきものとして

再三言っている

果糖ブドウ糖液糖(変異糖:糖類表記)

は多くの清涼飲料水、食品に

使われていますが


ほぼこれらはトウモロコシから作られて

いるので、全て遺伝子組み換え食品と

言うことになります


つまり果糖ブドウ糖液糖(変異糖:糖類表記)

と書かれている食品はこの食品は

遺伝子組み換えですよ!

と言う警告文なのです


果糖ブドウ糖液糖の危険性の危険性に

ついては遺伝子組み換え以外の理由でも

多数存在します


だから多くの皆さんは

毎日せっせと

遺伝子組み換え作物を

食べているのです


遺伝子組み換え作物は

未知の作物です


今後何が起きるかわかりません


でも起きたときはもう手遅れです

手の打ちようがないのです


だって組織に蓄積され

抜くのは容易ではありません

常に組織に自分と一緒に

なろうと働きかけます


対細菌性なら

善玉菌を殺すかもしれません

繁殖阻止なら、不妊症の原因に

なっているかもしれません


ほとんど検証されていない

本来自然界に存在しない

遺伝子組み換え作物は

その影響力は未知です


もはや日本では

食品購入品を購入する以上

避けることは困難な状況に

なっています


今できることは

できるだけ摂取量を減らすこと


そのためには

明確に入っているものは

極力避けるると言うことです


全時点では100%避けるのは

全て国産にこだわるか

有機材料にこだわるか
(有機マークがないと添加材料は
遺伝子組み換えかもしれません)

間違いがないのは

自分でなんでも手作りするしか

ありません


添加物だけでも

避けることは困難な時代です


それなのに

さらに遺伝子組み換えも

極力避ける

と言うのは

何も考えてなければ


あなたが病気になるリスクは

非常に高いと言うことです


それでも少量は入ってしまいます

現時点で考えられる解毒方法は

私は乳酸菌しか

ないと思っています


ところが生きた乳酸菌を

取り入れることすら現代は

難しくなっています


乳酸菌入りと呼ばれる食品は

市販品はほとんど流通の都合上

加熱殺菌されているからです


つまり乳酸菌の死骸が入っている

食品だからです


死骸でも役に立たないわけでも

ありませんが、本来の効力は

ありません


それでもごく少量

生き残った乳酸菌が含まれる

食品も存在しています


それらを探すか

生きた乳酸菌の宝庫の

いやしの里の活性乳酸菌を

ご利用いただくのも

もちろんお勧めです


だから私は大変面倒ながら

野草の活性乳酸菌をずっと

作り続けているのです


市販の中で生きた乳酸菌の

食品の探し方はまた改めて

紹介したいと思います

「ポチ!」してくれたらうれしいです
下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたお好きなジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング
食事療法ランキング



(1/2)日本は遺伝子組換食品天国!

2018-10-13 16:23:38 | 添加物害、薬害、サプリ害

このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
お読みいただけましたなら、下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします 
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング


日本は安倍政権になってから

様々な食品規制が排除され

添加物は記載免除

本来添加物であるべき

ものは食品扱いになり

具体名が記載されなくなりました


その中に遺伝子組み換え食品が

あります


日本は遺伝子組換作物消費

世界一であることを

ご存知ですか?


遺伝子組み換えとは

都合の良い性質を持った植物等の

それを司る遺伝子を取り出し

それを栽培(飼育)したい

植物の同じ機能の遺伝子と

置き換える技術です


植物の場合、タネの販売を

独占したいことから

同時に繁殖にかかわる遺伝子を

繁殖できないようにする

遺伝子に置き換えることも

ほとんどされていると

思われます


つまりこれらの植物は

同時に種無し性質になると

言えるかもしれません


細胞というのは

実は細胞自体が1つの生命体と

いうべき性質を持っていて

生はもちろん加熱しても

その情報はそのまま残ると

言われ、食べた場合に

その動物にその情報を伝達しよう

とする働きが生じるとも

言われています


実際栄養素は仮に加熱しても

栄養として当初の性質を

体に伝達して、それを直接

または化学変換しても性質は

生かされているわけです


毒の栄養素が入れば私たちは

その悪影響を直ちに受けて

下痢や腹痛を起こしたり

場合によっては私たちの

生命を維持すらできなくなるのです


遺伝子組み換えのものも

同様と考えるべきでしょう


例えば、一定の細菌に侵されない

性質の植物を食べれば

少なくともその細胞を消化できない

可能性が出て来ます


未消化のまま排出されるなら

良いですが、毒物と体が

判断して、攻撃をすることも

考えられます


それはアレルギー症状として

発症することになります

それを食べ続けることで

アレルギーは全く治らなく

なります

あるいは食べ終えても

それは細胞に蓄積され

長期にアレルギーや悪影響を

残すことになるでしょう


あるいは繁殖能力のない

細胞を食べた場合、体に

それが伝達される恐れも

あります


不妊症やもしかしたら

精子の誕生を抑制するような

性質の因子が体に巡る可能性も

あります


いずれもその食べた

遺伝子組み換え植物は

今まで自然界に存在しない

性質の植物なのです


つまりそれと共生して

消化能力がある

乳酸菌がこの世にいないか

いてもすごく少ないと

考えられます


*それは新型のウイルスと
 考え方が似ています


つまり消化分解されなく

体に宿ってしまうことも

考えられるのです


これらの検証は

少なくとも3世代100年は

様子を見なければ

その良し悪しを判断できないでしょう


それを今新たに作り出され

ほとんど検証もなされないまま

作物が正常に成長できるか程度の

試験だけで栽培され

世界中にばらまかれ

私たちの体に中に入ることは


リスク以外の何物でも

ありません


最近の不妊症急増や

ガンの急増との関係も

何もわかっていません


人口減少の一因になっている

可能性もあるかも

しれません


つまりこのような未知な

植物を食べるリスクを

私たちはきちんと受け止める

べきなのです


TPPが本格始動するまでは

日本ではこれらの遺伝子組換

作物はまだ商業ベースでは

栽培されていませんが

やがて国内でも栽培される時代が

すぐそこまでやって来ています
*試験的にはすでに
 遺伝子組換作物の栽培が始まっています
 やがてお米や小麦などでも
 国内で遺伝子組み換え植物も
 流通が始まる時代が
 迫っています


でもすでに現時点でも

日本は世界一の

遺伝子組換食品消費世界一です


それは一体どのような形で

私たちの体の中に

入り込んでいるのでしょう?


次回、そのカラクリを

お話ししたいと思います


なお現在正式に

遺伝子組換作物の輸入が

許可されている作物は

次の通りです


トウモロコシ(あらゆる加工品)
大豆(調味料全般)
じゃがいも(あらゆる加工品へ)
テン菜(砂糖:糖類として)
菜種(食用油)
綿実(加熱用食用油:スナック菓子等)
アルファルファ
パパイヤ

だんだんわかって来たかと

思います


*日本では上記の遺伝子組換作物の
 栽培が禁止されているため
 国産の上記作物は
 遺伝子組換の心配は
 全くない
 (国産と表記されていなければ 
  輸入作物原料と判断すべきである)


では次回その詳細を

お話ししましょう

「ポチ!」してくれたらうれしいです
下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします
どのバナーをクリックしても自動的に分散投票になります
クリックしたお好きなジャンルのランキングを表示いたします 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング
食事療法ランキング


輸入菜種で
安全なのは主要国で
オーストラリアだけです。

食の安全について
姉妹ブログ幸せ未来で記事にしました。
幸せ未来

姉妹ブログ 幸せ未来のブログはこちら


幸せを感じる商品を作っています

美しい、お洒落、頑丈ケース
Metal JacketのSHIMURA 楽天市場店