いやしの里

手術、西洋医学医療や薬を使用せず、免疫力と体質改善で
重い病気を根元から回復、病気予防と病気にならない体を目指すブログ

野菜食の目的は酵素、乳酸菌!

2016-10-29 21:39:11 | お勧め食材とお勧め献立

最初にポッチとしていただける方はこちらでお願いいたします
代替療法 ブログランキングへ



このブログで

何度も野菜を食べる事の

重要性を書いてきましたが

皆さん野菜を意識して

食べていますか?


野菜を食べる事は

ビタミン

それと繊維くらい?


と皆さん思ってますよね


もちろん西洋医学的な面や

栄養学的にはそうだと思います


東洋医学的には実は違うのです


野菜のもっとも重要な役割は

根菜は繊維です


ですが葉ものは

実はビタミンだけではありません


大事なのは酵素と乳酸菌なのです

乳酸菌は私たちの体を支える

基本的な裏方さんで

絶対に生命の維持に欠かせない

物なのです


そして酵素は乳酸菌の働きを

助けます

セットで必要な物なのです


どちらも根菜にも含まれますが

もっとも多いのは

穀類の実の表面(玄米や全粒粉,雑穀)

に豊富に付いている物です


もう一つは生の葉の表面に住んでいます


乳酸菌は比較的熱に強いですが
(種なら200度に耐えたという 
 話も聞いた事があります)

酵素は70度くらいでほとんど死んで

しまいます


ですから、酵素を有効に体に

取り入れるには

生で野菜を食べる事が大切です


とはいえ、サラダでは大量に野菜を

取れませんし、体が冷えるため

これからの冬の間は特に

たくさん食べる事はお勧めできません


毎日、少量を食べる事が大事です


野菜は加熱すると酵素はもちろん

ビタミンも大半が失われ

乳酸菌も多くが死んでしまいますが


死んでもそれらの乳酸菌や酵素は

今生きている乳酸菌の餌になります


また食物繊維は煮たり炒めたり

した方が、無理なく大量に

体に摂取できます


生で食べる野菜と

火を通して食べる野菜を


上手に組み合わせて

人間の健康や生命の維持に必要な

野菜を毎日食べるように

心がけて健康を維持して

いきましょう

このブログはお陰様で 
現在代替医療ジャンル 1位 を3年連続で頂いております
今後とも読み終えましたら その都度こちらをクリックの
御協力をお願いいたします
クリックする
ランキング欄に表示されますのでブラウザーの戻る
ボタンで本ブログに戻って他ページもご覧ください
このブログをより多くの人に紹介でき、
結果信じてくださる多くの命を助ける事ができます
代替療法 ブログランキングへ


東京で私が栽培したパプリカ
プランター栽培で
大きくはなりませんでしたが
いくつか収穫出来ました
もちろん無農薬、無肥料栽培で
乳酸菌も酵素も死滅する事なく
安心していただけました

減塩イメージの常識に注意しよう!

2016-10-22 08:06:31 | 添加物害、薬害、サプリ害


今日も良い1日となりますように ポッチをよろしく! 『代替医療のロゴのポッチをお願いします 
(ランキングに飛びます、ここに戻りたい人は1位のいやしの里をまたクリックしてください)
代替療法 ブログランキングへ



今では減塩という言葉が

常識とされるように

なって来ていますが


実はこの言葉の常識は

近年突然はやった常識です


減塩が叫ばれるようになったのは

この10〜20年くらい事

なのです


それ以前は?

というとむしろ塩は必要で

しっかりと取らなければならない

と言われてきた常識があります


人間の記憶というのは

あいまいです


年配の人は若い頃の

記憶をたどれば、減塩の必要性を

若い頃聞いた事もなかったはずだし

塩は人間の生命維持に

とても大切で不可欠と

聞いてたはずです


それが人類

数百万年の歴史の中でも

塩はとても大切な食べ物で

あったのが常識でした


それで私たちは塩を非常に

大事にして生命を営んで来ました


それがどうしてこの20年くらいの

間にその常識が

書き換えられたのでしょう?


良く言えば、この20年くらいの

あいだに世界中で肉食が

多くなった事があげられます


肉には塩が蓄積されています

だから塩を取ると過剰になると

言う考え方です


体内の水分量の0.85%は塩分です

体内の水分比率が60%として

体重70Kgの人の場合

360gの塩が体内にストック

されている計算になります


驚きませんか?

360gの塩ってすごい量ですね

人間の体の維持には

こんなにたくさんの

塩が必要なんです


これほど塩が常に必要な動物は

人間だけかもしれません


塩は合成で作れませんので

汗や尿で出てしまう塩は常に

供給されていなくてはいけません


過剰になる塩はカリウムによって

分解されます

また汗や尿としても出ますが

これは常に一定の塩分濃度のため

カリウムの摂取は非常に大切です


カリウムは野菜に多く含まれます

そこで実は私たちにとって大事なのは

野菜だったという事がわかります


減塩を叫ぶのは実は野菜不足を

叫んでいるのと同じです


以前にも何度も野菜食の大切さを

叫んできましたが、


塩を気にする前に野菜を取る事が

重要なのです

野菜を充分に食べていれば

塩の量は自然の味付けで食べていれば

良いのです


逆に肉を食べないベジタリアンの人は

塩の摂取は意識的にしなければならない

ほど重要です


以外とベジタリアンの人が

現在の常識の減塩にのっかり

塩を制限してしまう人も多いようです


そうすると顔が青白くなり

元気がなくなり、力も入らなくなります

当然病気にもなりやすくなります


マクロビオテックの人も肉の摂取量が

少ないでしょうから、この事を

考慮する必要があります


ただ、肉に含まれる塩と海水塩とは

成分が全く異なります


海水の塩は変質してなく、ミネラルが

たっぷりです


ですから、実は肉の塩では海水塩の

塩の代用はできないのです

肉の変質した塩分では体に必要な

ナトリウムとミネラルは補えないのです


ですから肉食でしっかり減塩すると

体のバランスが崩れる事になります


結論として、肉とは別に

野菜をしっかりとって質の良い

ミネラルが適度にバランスよく

含む海水塩で

味付けをするのがもっとも健康に

良いということになります


世間の常識とはちょっと

違う視点から今日は塩について

考えてみました


ご理解いただけましたでしょうか?


なおいやしの里では

常に玄米食をされている方

陰陽のバランスが保たれていない

病気の方など向けに

特殊な手間のかかる製法の

ごま塩を作っています

市販のただ胡麻と塩を混ぜた

物とはまったく異なる物です


単品でもお試し提供しております



いやしの里は商売利権抜きの本物の健康情報を無料提供しています!
いやしの里はボランティア精神で活動する健康クラブです
代替医療のロゴのポッチをお願いします 
(ランキングに飛びます、また見たい人はいやしの里の一覧をまたクリックしてください)
代替療法 ブログランキングへ


海は生命のふるさとです
人間は海水塩によって
支えられています

じんましん、発疹 原因と対策

2016-10-19 01:25:40 | 病気別対策

ポッチ! で皆さんにも本物の健康情報を!
代替療法 ブログランキングへ



じんましん、発疹

あるいはアトピー
(少し理由が異なります)

困る人が多くなっているようです


今回はじんましん、発疹

について考えてみましょう


比較的若い女性に多いように

思われます


原因はほとんどの場合

複合的な物で

これを解決して行くには

可能性がある事を一つづつ

潰していくしかありませんが

必ず原因があります


出来るだけやって欲しく無いのは

その原因を追及せず

ただ対処療法薬だけを使い続ける事


これを行うと最終的に

取り返しのつかない重大な

病気になる事です


ほとんどの場合

薬はステロイド系の薬に

なりますが、薬に習慣性があり

副作用は甚大なため

使い始めると


止めるも地獄

続けるも地獄になります


発生病としては

ガンなどはその代表ですが

同じガンでも単に生活習慣病から

来た物と違い、治療は非常に厄介

長期な物となります


あとでもっと苦しく事に

なるなら、今しっかり治して

置く事を強くお勧めします


さて原因ですが

非常に多岐に渡ります


かゆみが主に夜に出るか?

昼に主に出るか?

終日出るか?


短期に出るか?

長期に継続するかでも

理由はある程度

私は察しはつきますが


ここでそこまで

考え始めると


先に進みませんので

大雑把に理由を一覧に

してみます


ジンマシンに

下痢や嘔吐などがあるか?

ないかも違って来ます


ただ一般的に

じんましんや発疹は

アレルギーの症状がベースに

あるということです


それで突然 

じんましん、発疹が出たから

昨日の食事などに問題が

あったと判断しても


確かにそれは最終的な

きっかけですが

いつ限界になるかと

体はそう思っていただけの事です


食品に含まれる天然毒

食品添加物など合成毒


シャンプーや歯磨きなどの

化粧品関係の毒


肉、魚に含まれる毒および
食品特有の問題点

卵、乳製品の問題点
ケーキやパンにも入る

輸入小麦粉
多くの食品に使われる


合成甘味料または白砂糖
果糖ブドウ糖液糖など


果物、甘い食品
マンゴーや輸入果物

社会毒
電磁波、大気汚染、電波

その他 たくさんあり


これらの状況に

過労やストレスなどの

免疫力低下が

最後の発症のタイミングと

なってしまいます



まずは上記のカット出来る物から

始めましょう

改善しなければ

対象を拡大しましょう


もちろんどう体を休むかも

考えましょう


かゆみ止めは

極力 非ステロイド系の

薬にとどめましょう


薬に頼れば

その薬の毒でさらに発疹は

ひどくなり、それを薬で抑える


それを繰り返しているうち

肝臓や腎臓が衰弱してしまい

重大な他の病気の原因と

なってしまう可能性が

高くなるかもしれません


この機会に根元を治して行きましょう

乳酸菌などを飲みながら

免疫力を向上させることでも

発症を押さえて行く事も

重要です

野草や薬効のある

木の葉で作った

いやしの里の複合植物乳酸菌も

ご利用ください

いやしの里の商品群はこちら


このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ



イチョウ
薬効のある木の葉や
薬草は発疹にも有効です

乳酸菌が人間を支える要

2016-10-17 22:31:02 | いやしの里の目指すもの

最初にポッチとしていただける方はこちらでお願いいたします
代替療法 ブログランキングへ



乳酸菌は

動物や植物の代謝や

その特徴を支える

細菌軍の総称です


ほとんどの動植物は

この乳酸菌により

その生命体が支えられています


人間では主に腸の中で

大活躍していて

お互いに作用し合い

善玉菌、悪玉菌のバランスを

取りながら、生命維持に必要な

あらゆる活動をしています


無限大とも言える種類の

乳酸菌たちは腸の中でそれぞれの

役割を分担して毎日

休む事なく活躍しているのです


乳酸菌の総量が減ったり

その種類のバランスに偏りや生じれば

体に変調を来す事になり


やがて、病気や体の変調となって

現れて来る事になります


そこで乳酸菌が死滅する事のないように

腸の中の環境を整える事と

常時、外部からも多種類の

乳酸菌の供給を続ける事が大事です


乳酸菌の住みやすい環境は

食物繊維や良質な糖質、ミネラル

睡眠時間などの腸が活躍しやすい

環境を作る事が大事


乳酸菌の供給は鮮度の良い野菜や

発酵食品などです


古来から日本食が良いと

言われる本当の理由は


これらの乳酸菌の住みやすい

環境の食事と発酵食品の

供給食にありました


つまり玄米を代表とする

乳酸菌を豊富に含む、

豊富なミネラルと繊維質


発酵食品とそれらにこなれた

乳酸菌の餌となる塩分です


日本食はたくあんやぬか漬け

粕漬け、納豆、味噌、醤油などの

発酵調味料を常用して来た

ことです


現代の食生活はこれらの

食べ物が不足する傾向に

あるのです


マクロビオテックでは

玄米と良質な塩分を含む

漬け物や


良質な味噌や醤油を常用する事を

勧めてきました


それがマクロビオティックの

本当の姿です


乳酸菌を充分に含んだ発酵食品や

それらの餌となる玄米を

食べる事は体の健康維持に

とても重要な事なのです


もしあなたが、これらの

食べ物を充分に食べる事が

出来ない状態や


現在病気などで、体の乳酸菌を

多種類たくさん必要とするならば


いやしの里の野草複合乳酸菌を

お飲みいただくのも大きな助けと

なるかと思います


いやしの里 野草酵素乳酸菌には

数十種類の自然栽培の野草に

含む多様な薬効がある乳酸菌が

生きたまま飽和状態で

含まれています


飲みば 胃の酸に負ける事なく

生きたまま腸の中に入り

すぐに活躍を始める事でしょう


乳酸菌の住みやすい腸の中の

環境を作り、多様な乳酸菌を


取り入れる生活をする事を

お勧め致します

*市販の乳酸菌のほとんどは
 流通時間の中で発酵が進み
 爆発や味や品質の変化を防ぐため、加熱処理
 などが託され、乳酸菌は死滅または
 半殺しの状態で出荷されています
 いやしの里では、会員制の配布方式で
 直送体制によりこのような処理を
 する事なく生の生きた状態で
 提供しております
*なおスポットのお試しでは
 単品供給での希望数配布も
 しております

乳酸菌や無添加歯磨き、シャンプーなどいやしの里の商品群はこちら


病気のない世界となりますように ポッチをよろしく! 
代替療法 ブログランキングへ



お味噌は乳酸菌の宝庫
まじめに長期熟成された
お味噌を選んで、大切に毎日飲みましょう
なお味噌の乳酸菌を殺さないように
味噌はお椀に別添えにして
そこに味噌を入れていない具の入った
汁を注ぎ味噌を溶かしながら
作りましょう
味噌を沸騰させてしまうと
ほとんどの乳酸菌や酵素が死んでしまいます
マクロビオティックでは
ダシに魚の削り節を使う事を
お勧めしておりません
野菜の種類を多くしたり、海藻やキノコを
入れて、それらから複合的に出て来る
おダシで作る事をお勧めしています
慣れていないとあっさりした感じを
受けますが、次第にお野菜の本物の味が
おいしく感じられるようになります

マクロビオテック実践の注意点

2016-10-16 19:39:56 | マクロビオティック(食養)

病気のない世界となりますように ポッチをよろしく! 
代替療法 ブログランキングへ



マクロビオテックの

基本的スタイルとして


ご飯はなるべく玄米にする

白砂糖は出来るだけ避ける

肉食を出来るだけ減らす

野菜、海藻を中心とする


という基本的なスタイルが

あります


ですが、本当の狙いは

体の陰陽のバランスを取る

というのがあります


マクロビオテックを

断片的な知識だけで

行っている人が失敗する

パターンとして


玄米を食べる事がマクロビ

肉食を避ける事がマクロビ

野菜を食べる事がマクロビ


そのくらいでマクロビオテックを

行っている人が少なくありませんか?


実は最も大事な事は

陰陽のバランスを取る事なのです


野菜を果物と混同して

生のままでたくさん食べると

陰性過多に陥ります


陽性の食べ物は肉類ですが

肉を出来るだけ減らすのがマクロビの

基本ですので、代わる物の陽性としては

塩分や火を良く通した根菜物に

なります


これらのバランスがとても大事です


野菜過多であるいは玄米を食べると

カリウムの働きでナトリウムが

排出されてしまいます


そうなった場合、塩分不足に

なってしまいます


そこでさらに水分を必要以上に

取ってしまうと深刻な塩分不足が

生じます


マクロビを行いながら

減塩の流行のかけ声に乗せられて

減塩をすれば、顔色が青白くなり


よくマクロビをしている人は

顔色が悪いと言われる場合が

ありますが、野菜や果物を食べ過ぎ

塩分を取らない為に生じます


マクロビはベジタリアンとは違います

果物の量も考えなければなりません

また陰性である甘い物も

減らさないと陰陽の

バランスが崩れてしまうのです


その辺の事を気をつけて

野菜は根菜や海藻を中心に、

しっかりと

味付けをして、生で食べる野菜や

果物の食べ過ぎに注意して


あとは体の調子を良く考えて

食べ物の内容を考えながら

毎日の楽しい食卓を考えて

いただきたいと思います



本日ポッチ! がまだでしたら ここでぜひお願いいたします
代替療法 ブログランキングへ


リンゴは果物の中で
もっとも陰性度が低い
果物です
それでも重い病気の方は
火を通した方が良いし
健康な人でも一度に
食べる量としては
大きめなリンゴの場合は
1/4にした方が
良いでしょう
でも優良なポリフェノールを含み
良好な繊維も多く
お勧めな果物です

幸せを感じる商品を作っています

美しい、お洒落、頑丈ケース
Metal JacketのSHIMURA 楽天市場店