いやしの里

独自の生きた酵素乳酸菌と食事療法等で
手術、薬、リスク無でガン、難病等を
自然療法で回復させ、生涯健康を目指すブログ

足の筋力の重要性!

2019-07-27 23:24:41 | 寝たきり老人の防止法(介護の実際)

病気は予防から、またはしっかりした再発予防策を!
下記ブログランキングのバナーのクリックのご協力をお願いいたします
 
人気ブログランキングへ
代替療法ランキング
東洋医学ランキング


サラリーマンの人は

現役時代に

駅での階段上り下りで

足の筋肉を鍛えています


ところが最近は

都市部ではエスカレーターが

どこでもあり

それも怪しくなって来ています


若い時は気になりませんが

中年以降になると

この足の筋肉の強弱が

60歳くらいからの

健康に大きく左右する

もっとも大きな要因になるのです


足の筋肉は第二の心臓と

呼ばれています


血液が下に下り

それを心臓に戻すのは

実は足の筋肉なのです


この筋肉がないと

行った血液が足に滞る

ことになります


足が冷える

足が火照る

原因ともなります


もちろん心臓にも負担が

かかります


押し戻そうと心臓が

頑張れば高血圧の

原因にもなりかねない

かもしれません


足の筋肉がなければ

足はすぐに疲れてしまいます


筋肉に余裕がなければ

筋肉は硬くなり

血行が悪くなります


人間足から衰えると

言われるのも上記のような

理由からなのです


足の筋肉が硬くなれば

その影響は膝や腰に

来ます


年寄りになって

「膝が痛い」

「腰が痛い」

「股関節が痛い」

「背中が曲がって来た」


どれも足の筋肉のなさと

柔軟性のなさが影響しています


足の筋力が余裕があり

さらに日頃からストレッチを

行い、柔軟性を保って入れば

上記のようなことには

なりにくいのです


さらに足に血液がうっ血して

しまった状態は

身体中の血行も悪くなります


あらゆる病気の原因にもなり

脳の働きも悪くなります


さらにエコノミー症候群と

呼ばれるように

このような人になりやすい症状です

怖いことに突然死の原因とも

なるのです


若い人でも気をつけなければ

いけません


さらに物忘れや認知症の原因とも

繋がって行く可能性が

あるのです


若い時から足腰を鍛えておく

習慣をつけておきましょう


また中年になったら

意識的に足の筋力と

ストレッチの運動を優先させましょう


意識して運動を行わなければ

年配になったら筋力を

維持することはできません


全身の軽い体操

足の筋力保持とストレッチ

そして

基本食を守って

何も問題がなく

健康なら時々好きな食べ物を

食べて人生を楽しんでも

大丈夫です


せっかくの人生

他人のお世話になることなく

人生最後の最後まで

楽しむため、自分の足で

どこでも行けるように

しっかりと筋力を保持して

行きましょう


仮にあなたがもう年をとっていても

筋力は80過ぎてからでも

付いて来ます


今の記事で気がついたならば

いますぐに無理のない範囲で

始めましょう!


若い人は楽をせず

足を鍛えて行きましょう

日々の健康の基本と

なることでしょう!


ポッチ! がまだでしたら ポッチでここでまたお会いしましょう!
お読みいただけましたなら、下記のブログランキングのバナーのクリックをお願いいたします 

人気ブログランキングへ
代替療法ランキング

食事療法ランキング

キョウチクトウ 白

いくつになっても筋力はつく!

2016-11-04 23:42:19 | 寝たきり老人の防止法(介護の実際)

ポッチ! がまだでしたらここで 今日が良い1日でありますように!
代替療法 ブログランキングへ



人は何歳になっても

筋力は向上します


もし80になっても

90になってもです


無理のない範囲で軽い

筋力トレーニングすれば

筋力を復活させる事が

できます


100才になってもです

ただまったく運動した事が

ない人が、そんな運動を

する気にならないのが

普通です


ですから、意識した

今から軽い運動を

しておく事をお勧めします


そうしておけば

何かきっかけがあれば

中断していても

少々の運動をする気持ちに

なれますから


筋力を残す事は

あらゆる面で老化の

予防になります


実は筋力は年老いた程

重要です


筋力を保つ事は

寝たきり老人にもならないし

病気の予防にもなります


筋力を保持する上でも

入院や怪我のないように

気をつけて

日々過ごしたいものですね



ポッチ! がまだでしたら ここで明日またお会いしましょう!
代替療法 ブログランキングへ


立つ事の大切さ:足の筋力の確保(老人介護)

2014-11-09 23:56:19 | 寝たきり老人の防止法(介護の実際)

このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ



人は老いると足から衰える

そう言われていますが

その通りです


心臓から遠く、

重力に逆らって

血液を心臓に戻さなければ

ならない


その為にはふくらはぎなどの

筋力確保が必要なのです


しかし普通の生活をしていれば

椅子の座る時間が長く

老いれば歩く時間も

短くなってきます


一度足の筋力が衰えれば

立っている事も辛くなり

足をまっすぐ立っている

事も出来なくなってきます


若い人でも長時間立っている事は

辛いですが、老人では

短時間でもかなり辛いこと

なのです


足の筋力が衰えると歩く、立つ

という動作だけでなく

からだ全体の血液の流れ(血行)

に関わる問題にもなります


これは病気の発生にも

関連しますし、老化にも

関連してきます


若い頃から下肢に筋力確保に

意識的に行動して行きましょう


年取ったら、特に疲れるからと

車の利用を増やし、

エレベーターを利用してばかり

いると足の筋力は衰えます


また歩くのが大変だと

安易に車いすを使うようになると

あっという間に足の筋力が

失われるのです


足の筋力の衰えは先にも

書いたように老化や病気の

発生を高めてしまいます


ぜひとも老人だけでなく

中年以降では足の筋力を

衰えさせないような

意識的な行動が


病気の発生、老化を

抑制する重要な要素だと

知っておきましょう


ポッチ! がまだでしたら ここであなたにも私にも笑顔を!
代替療法 ブログランキングへ


この写真は私の撮影です (東京都多摩川河川敷)

長生きも病気発生も食事次第!(老人も中年も)

2014-07-18 22:52:46 | 寝たきり老人の防止法(介護の実際)

このバナーをクリックお願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ



中年になって来たら突然死を

防ぐ意味でも食事に気を

配らないといけません


多くの人は無頓着ですが

子供と10代前半 後半

20代、30代、40~50代

60代 70代 80代以上


すべて食事の内容は

本来変えなくてはいけないのです

現実的にはそうはいかないのは

わかりますが、


せめてこれは少なく これは多く

これは食べない

そのくらいは必要でしょう


何を食べれば良いかは

以前も述べさせていただきましたが

初めての方に簡単におさらい


例えば甘いもの
(本当は白砂糖は全年齢問わず少なく)
*ここではてん菜糖、オリゴ糖、米飴、
 メイプルシロップ、蜂蜜、黒砂糖
 などがお勧め
 (三温糖、果糖、キビ糖、グラニュー糖は
 白砂糖と同等です)

子供のうちは食べていても年齢とともに

少なくしていく
ここでは白砂糖を含めて

中年以降では毎日は避ける

70歳以上は時々

80歳以上は可能な限り少なく、、


もし甘い物を食べたければ

70歳以上は 白砂糖など同等品は

わずかでも避けた方が無難ななのです


老人の場合、確実に体調を崩します


この食事がきっかけで風をひき

肺炎など重度になっていく事もあるからです


肉類は注意を要します

本来は子供と老人は同等なのです

つまり魚主体で、次に鶏肉 などの方が無難

なのです


獣肉を食べて良い年代は10~20歳でしょう

後は出来るだけ少なくするべきかと

思います


子供や思春期の人が肉を食べると、

落ち着きが無くなり、

乱暴な感情になり、いじめなどの問題行動を

起こすリスクが高まるかもしれません


タンパク質は出来るだけ魚屋豆類でとる事を

お勧めいたします


更なる詳細はまたの機会としたいと思います


最後に ポッチ! して ピース<(_ _)>

代替療法 ブログランキングへ



和菓子はお年寄りの食べ物のイメージがありますが
お年寄りにはお勧めできないデザートです
もし食べるなら、てん菜糖などで作った特別な
物を作るか購入する方が無難です
もちろんそれであってもたくさん食べては
いけないのです
これらのデザートは若い人
子供向けなのです
それでも虫歯のリスクは高くなります
老人が食べるのであれば
一人前でなく半分に切って
出すとかの配慮が必要です
おじいさんや親に長生きして欲しければ
そのくらいの配慮は必要なのです
なお私の場合
親には原則として市販のお菓子は食べさせません
たまに手作りの物を食べさせています
また飲み物も手作りですが、
オリゴ糖で甘みをつけています
ジュースも量を制限しています


このバナーをクリックお願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ


いやしの里ではデザートを中心に
老人や病人にダメージのほとんどない
デザート類を手作り宅配しております
ぜひご利用ください
info@curespace.info


老人を寝たきりにしない為に(入院を避ける)

2014-05-16 07:41:06 | 寝たきり老人の防止法(介護の実際)

最初にポッチとして 爽快な日を過ごしましょう
代替療法 ブログランキングへ



介護の話は他のブログでも

数多くありますので


今回は老人の状況を

これ以上悪化させない

あるいは出来るだけ

遅らせる方法を

解説したいと思います


今日のお話は出来るだけ

入院を避ける

これが大事という話です


入院させたら歩けなくなった

入院させたら認知症を

もらって来た


また入院は本人にとって

楽なので入院依存症に

なりやすいのです


今日はまずは安易に入院させない

ここから老人介護を

考えていただきたいと

思います



このバナーをクリックしていやしの里の応援お願いいたします!
代替療法 ブログランキングへ

この写真はフリー素材から使わせていただきました


入院生活は寝たきり状態の予行演習の
ようなもの
脳への刺激も、体への
刺激もありません
人の体は動かさないでいると
あっという間にダメに
なってしまうのです
宇宙飛行士がそうですね
わずか数日でも
体の筋肉は急速に
衰えてしまいます
若い方でも週末に
何もしないで過ごしていると
月曜日には体がだるく
なってしまうものです
老人の健康保持はいかに
入院させない方法を考えられるか?
まずはそれにつきるかと
思います

幸せを感じる商品を作っています

美しい、お洒落、頑丈ケース
Metal JacketのSHIMURA 楽天市場店