@越後の山歩き日記

新潟周辺、近県の百名山などが中心です。個人的な覚書ですが今後の山歩きの参考になれば幸いです。(2005.10.16~)

針の木雪渓~蓮華岳、針の木岳  猛暑日に涼を求めて

2010年08月25日 | 北アルプス

2010.8.21(土) 快晴

5:00扇沢駐車場~ 6:00大沢小屋~ 8:20針の木小屋~ 9:30蓮華岳山頂(10:10発)~10:50針の木小屋~ 11:30針の木岳山頂(12:00発)~ 12:50針の木小屋~ 14:50大沢小屋~ 16:00扇沢


連日のように猛暑記録を更新している今年の夏。
 少しでも涼しいところを歩きたいと、北アルプス3大雪渓の一つ、針ノ木雪渓を歩くこととした。
登山口の扇沢は7年前に黒部湖観光で訪れて以来である。登山で訪れたのは20代の頃に、鹿島槍
に登ったとき以来30年ぶり。
 金曜日夜に別宅を出て、2時間半、22時に扇沢に着いた。ターミナルや駐車場は、この時間でも
外灯が煌煌と点けられて外を歩くに不便はない。
 半分ほど埋まった駐車場に車と止め、ビール1本飲んで車中泊とした。
4時半に目覚ましで起きた。辺りはようやく明るくなってきたと言うところ。軽く食事をしたりして
出発準備をしていると、マイカーや観光バスで次々に登山者がやってくる。
 大半は、アルペンルートで立山方面へ向かったり、鹿島槍方面へ行くようだ。5時出発。針ノ木雪渓
へ道を分けると急に静かになる。
 今日は快晴、歩き始めは樹木に覆われた登山道と開けた車道を交互に行く。朝の日差しはまだ弱く
谷間の登山道からは遠くの視界は利かないが、上空は雲一つない。自然と足取りも軽くなる。
 1時間歩いて大沢小屋到着。おにぎり1個食べながら小休止。
 朝6時とあって、テント場で出発準備中の登山者もいた。

 再び樹林帯を歩いて30分ほどで雪渓取り付きに出た。



  先を見ると既に数人の登山者が雪渓を歩いて
いるのがよく見える。
 4本爪の軽アイゼンを装着して、出発。先日登った白馬大雪渓と比べると幅は狭いが斜度はかなり急な雪渓がずっと上まで伸びている。
 先行者は宿泊装備でかなり大きなザックの人が多い。



 軽装なので、それらを次々に追い越して、雪渓最上部まで1時間。最後の水場で一休みし水を補給し、
再び歩き出す。途中で上から降りてくるグループから「今日は最高の天気、蓮華岳からは富士山も見
えたよ」とうれしい情報。自然と足も速くなり、1時間。登山口から3時間で稜線鞍部に建つ針の木
小屋に到着した。
 小屋前では、10人ほどが雪渓を見下ろしたり、遠くの山並みを眺めたりして高山を満喫していた。
富士山はまだ見えないので、雲がわかないうちに山頂に上がろうと、休憩もせず歩みを進める。
 しばらく行くと更に視界が開け、蓮華岳山頂、そして富士山が見える稜線が広く傾斜も緩いところで
2人の登山者が山座同定をしていたので、仲間に入れてもらった。大概の山から一目で分かる槍ヶ岳、
富士山を始め、間近の舟窪岳、反対側は剱、立山、鹿島槍、扇沢を囲む稜線がよく見える。















 更に稜線を気持ちよく歩いて9時半、蓮華岳山頂に着いた。




  この頃になると少しずつ雲が沸いてきてやがて富士山などは見えなくなってしまった。やはり山は朝早いほどいいらしい。



 30分ほど山頂で過ごして、一旦針ノ木小屋の建つ鞍部に下り、今度は針木岳に向かう。こちらも
1時間ほどで山頂に着いた。既に北アルプス南部の山は雲に覆われてしまったが、北側の立山、剱は
間近に見える。そして見下ろすと黒部湖が濃い水色の水を湛えて美しい。





 30分ほど休憩して、山頂を後にした。







  下りの雪渓は更に急斜面を感じたが軽アイゼンで何とか
踏みとどまりながら降りてきた。途中に出会ったベテラン氏によれば、「周回するなら雪渓は登り
コース」とのこと。



 扇沢に降りてきたら、午後の日差しが照りつける中、登山者と観光客が入り交じってかなりの盛況で
あった。
 大町温泉郷、薬師の湯で汗を流して帰路についた。

コメント

妙高山

2010年08月10日 | 妙高山、火打山

2010.8.9(月)  晴れ

6:00 燕温泉駐車場~ 7:25黄金清水(7:40発)~ 9:10妙高山頂(9:40発)~ 11:00称名滝(温泉入浴。11:50発)~12:30駐車場


 そういえば今年はまだ妙高山頂に登っていなかった。
 天気のいい日は毎朝窓から見える四季折々の妙高山。昨年は3回登ったが、今年は竹の子刈りで7合目付近まで行ったきりで、山頂まで行っていなかった。
 暑い盛りであるが標高2,400mまで登れば涼しくなるだろうと燕温泉から山頂を目指した。
 6時出発。真夏とはいえ、標高1,300mの燕温泉登山口の朝はまだ涼しい。朝露も残る下草を感じながら快調に高度を上げる。
 1時間半で黄金清水に着いた。冷たくてうまいわき水を飲んでおにぎりとグレープフルーツを食べる。
 しばらく休んでいると下の方からしっかりとリズムのよい足音が近づいてきた。何となく山慣れした
感じだなと思っていたら女性単独行であった。何度もここに登っている常連さんかと思ったら、「妙高には初めて登る」とのこと。東京の方でいろいろなところへ出かけているとのことだった。
 ここまで、やはり1時間半できたと言うからかなり早いなと思っていたら、この後、山頂までも私より少し遅れて付いてこられたので燕温泉から山頂まで休憩を挟んでも3時間とかなりのペースで、やはり、山慣れた印象のとおりだったと感心した。
 長助池はワタスゲがちょうど見頃できれいだった。
 大倉乗越からの合流点からは高谷池ヒュッテや黒沢ヒュッテに昨晩泊まった登山者がちょうど妙高山
に朝登るという時間帯で上り下りともかなりの登山者であった。
 山頂には9時過ぎに着いた。早朝に登山を開始した日帰り登山者のほか、昨日火打山に登りヒュッテで泊まって今朝妙高と百名山2座ねらいの登山者も多く、入れ替わり立ち替わりで写真撮影など賑やかな山頂であった。
 ゆっくり昼寝という雰囲気でもないので、20分ほど休憩して、登ってきた道とは反対側の登山道を
下ることにした。
 時間はまた10時前であり、こちらの登山道がむしろメインルートということもあり、次々と登りの
登山者とすれ違う。
 急ぐわけでもないので、登り登山者に道を空けている間は、景色を眺めたり写真を撮ったりであった。
 1時間半歩いて称名滝に到着。
 ここにはお目当ての露天風呂がある。昨年は簡単な葦簀の目隠しが設置されていたが、今年はそれもなく登山道から少し外れた滝壺の脇の湯船に乳白色の温泉がかけ流されているだけである。
 この時間に通過する登山者は多くなく脱衣に気を遣う必要もないので、湯船の脇に荷物をおいて入浴した。
 入ってしまえば乳白色であり問題はない。滝の音を聞き、時折吹き抜ける風の涼しさを感じながら入る硫黄泉は正に秘湯であろう。
 しばらくは入っていると若者3人連れが降りてきて、「おおう、これはすごい」といいながらやってきた。それ程広い湯船手はないが5人くらいは十分入れるので、「どうぞ」というと入ってきた。
 あまりゆっくりもしていられないらしく、10分ほどで上がっていった。
 こちらは、午後の予定もなく高田に帰っても猛暑で暑いだけなので、ゆっくりすることにし、お湯に浸
かったり、お湯から出て、滝壺から吹き渡る涼風で体を冷やしたりと40分ほどゆっくりした。
 12時近くなり、そろそろ下山者も多くなる頃なので温泉を後にした。
 その後40分ほどの道のりはあまり汗をかかないようにゆっくり歩いたが、標高1,300mとはいえ照り
つける太陽には勝てず、やはり汗ばんでしまった。
 帰りがけにもう一度関温泉で汗を流して、午後はエアコンの効いた図書館で読書三昧であった。
 それにしても暑い今年の夏である。

コメント

白馬三山 日帰り花の旅

2010年08月02日 | 白馬岳、 周辺の山

2010.7.31(土) 曇り一時晴れ

6:00猿倉~6:50白馬尻小屋~7:30大雪渓~8:30お花畑避難小屋~9:00村営頂上宿舎(9:15発)~11:00白馬鑓ヶ岳~12:30白馬鑓温泉小屋(入浴、昼食。13:20発)~14:50小日向のコル~16:15猿倉

 今年は白馬大雪渓の雪が多いと聞いて、久しぶりに歩いてみることにした。欲張って槍温泉も回ってくることとした。
 白馬三山縦走は山頂の小屋か鑓温泉小屋で1泊するのが通常だが、朝早く出て大雪渓の登りで稼げれば、昼には鑓温泉に着いて入浴もできるという目論見である。
 念のため鑓温泉小屋に泊まることも想定して宿泊費だけは用意した。
 金曜日の仕事を終えて、登山用具と車中泊用のシュラフを車に乗せて7時半に別宅を出た。高速で糸魚川、そこから148号線で白馬、更に猿倉へと順調に進み9時半に猿倉に着いた。直近の駐車場は9割方埋まっていた。
 猿倉駐車場は登山最盛期とあって金曜夜でも8割方埋まっていた。
 目覚ましを4時にセットし、缶ビール1本飲んで車中泊。
 夜中に到着する車もあり物音で熟睡はできなかったが、横になっていた時間が長かったのでまあまあの朝であった。ところが夜半は何事もなかった空模様が朝4時に目覚めた頃から雨となった。天気予報は次第によくなるとのことであり、雨具を着て出発する人もいたが、模様眺めの人もいた。
 朝早く出て、大雪渓を登り、白馬三山縦走、鑓温泉入浴後下山の予定で、4:30には出発しようと思っていたが、登頂が遅くなったら大雪渓往復に変更することとして、しばらく様子見とした。
 5:40頃になって雨は止み、空も明るくなってきたので出発することとした。
 6:00に猿倉山荘に登山届けを出しに行くと、団体ツアーも含めて大勢が出発準備をしていた。
 
 登山届けを提出して出発。たいした雨ではなかったようで、登山道も歩きやすく、6:40白馬尻小屋に着いた。更に20分歩いて大雪渓にとりついた。今年は雪もたっぷりで大雪渓も長いようだ。
 雪渓の上に立つとひんやりした空気が気持ちよい。




 
 白馬岳には何回か登っているが、新潟県側の蓮華温泉から登ることが多く、大雪渓を歩くのは
多分4回目。10年ぶりくらいである。
 今年の雪渓は確かに多く、お花畑避難小屋上部の小雪渓に大量の雪が残っているところを歩い
たのは初めてだった。



↓↑ 雪渓上部から見下ろす。夏山最盛期の土曜日とあって登山者が蟻の列のように連なっている。




 雪渓歩きが大半を占めたため、登山時間は大幅に短縮され、猿倉から3時間で村営頂上宿舎に
到着した。



 あいにく頂上付近はガスガスで山頂は全く見えない。風もあって9時のこの時間はじっとして
いると体が冷えてくる。
 村営宿舎で休憩することして、中に入るとストーブが焚かれていた。
 しばし休憩して、おにぎりを食べ、これからの行程を最終決断するためにもう一度地図を確認。
 ここから白馬山頂まで登ると往復1時間弱を要するので、何度も登っている山頂に眺望の全く
ない日に登っても仕方ないので、その時間を節約し、白馬三山経由、鑓温泉に入浴し、夕方まで
に下山すると決めて、杓子岳に向け歩き出した。夏山真っ盛りであるが、標高2,600mの稜線上は
かなり強い北西風で湿気を含んで冷たい。手袋を着け、雨具の上を着込んで丁度よく感じる。
 幸い風向きが追い風だったので歩くには苦はないが、髪の毛は湿気を含んだ風のせいで露に
濡れたようになっている。
 ほとんど眺望のない稜線上を、時々、可憐な花を見せるウルップソウやコマクサといった高山
植物を愛でながら黙々と歩く。



 時々、すれ違う登山者ともゆっくり立ち止まって話せるような天気でなく軽くあいさつを交わ
す程度である。
 涼しいので水分補給や休憩の必要もなく一気に2時間歩いて11時、白馬鑓ヶ岳山頂に到着。
相変わらずガスで眺望はない。軽く水だけ飲んで標識の写真を撮り、再び歩き出す。



 20分で大出原の分岐に到着。
ここからは稜線を離れ、風が当たらない道を下ることになる。
 少し下ると、少し視界が開け、時折、薄日も差すようになってきた。ここでようやく、雨具を
脱いだ。気分爽快。
  大出原はハクサンコザクラやチングルマ、ハクサンイチゲなど初夏から夏の高山植物が花盛り
である。








 12:30鑓温泉小屋到着。



  ちょうど本日ここに宿泊予定の団体ツアーも到着して、ガイドさん
が食事や部屋割りの案内をするなど小屋前はちょっとしたラッシュ状態。小屋の入り口には「本日は
混雑で一畳に2人の見込み」との張り紙も掲示されている。
 そんな光景を横目に売店受付に日帰り入浴料金300円を払って早速温泉へ。
 先客も10人ほどいたが、湯船は十分広く、ゆったりと40分ほど湯につかり朝からの疲れを
ほぐすことができた。着ていたTシャツもたらいに湯をくんで洗濯し、脇に干しておいたら30分
ほどで着られるほどに乾いた。速乾素材はありがたい。
 今日は既に6時間歩いている。猿倉まで3時間の道のりだから1時過ぎに出ても4時過ぎには
下山できる。他の入浴者はほとんど今日はここで泊まるようだ。温泉から上がり、軽く食事をして、
13:20出発。
 ここからの道も雪が残っていて、歩きにくいところもあるがベンガラや旗で道がつけられていたり、急斜面のザレ場には
ロープが取り付けられたりと、それなりに整備はされている。反対側から登ってくる登山者とも
多くすれ違う。



 午後になって、気温も上がり、また汗をかいたが、Tシャツに染みついたかすかな温泉の硫黄臭
が妙に心地よい。
 16:00、朝登ってきた道に合流した。



 残り15分は足取り軽く駐車場に戻った。
 快い疲労感と充実感で10時間の白馬三山周回+秘湯の山歩きを終えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント