@越後の山歩き日記

新潟周辺、近県の百名山などが中心です。個人的な覚書ですが今後の山歩きの参考になれば幸いです。(2005.10.16~)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

火打山 夏真っ盛り

2010年07月25日 | 妙高山、火打山

2010.7.26(土) 晴れ

6:15笹ヶ峰駐車場~7:30十二曲り(7:35発)~8:15富士見平~9:00高谷池ヒュッテ(9:15発)~10:15火打山頂(11:40発)~12:30高谷池ヒュッテ~14:40笹ヶ峰駐車場

 
先々週の火打山、先週の妙高山と2週続けて竹の子刈りに精を出して、いずれも山頂まで上らず、7、8合目で引き返した。
 今週は天気も良さそうなので山頂へ。
 梅雨明けから1週間、連日の猛暑で、今日も予報は34℃。
 5時に別宅出発で6寺に笹ヶ峰駐車場に着いた。すでに30台ほどの登山口直近の駐車場は満杯で広い駐車場に向かう。こちらもすでに50台ほど。バスも2台。
 6:15登山開始。
 この時間帯は、さすがに標高1300mの笹ヶ峰は涼しさを感じる。
 順調に歩いて7:45十二曲り。水分補給とバナナ2本でエネルギー補給。暑いときは消耗も激しいのでとにかく補給だ。
 再び朝の登山道を行く。樹林帯の尾根道で日差しは遮られ、時々吹き抜ける涼風が心地よい。50分歩いて富士見平。それ程汗もかかなかったので、そのまま歩き続け9:00に高谷池ヒュッテに着いた。2週間前はまだ雪が残っていたテント場もすっかり雪なしとなっている。ここでおにぎりとバナナで補給。少し前に出発した10人ほどの小学生高学年グループも15分休んで出発準備を始めたので、こちらも出発することとした。
 高谷池のほとりを進むとキヌガサソウがいつも群生している場所に、今年も見事に咲いている。少し遅れた水芭蕉もちらほら。更に進んで天狗の庭にさしかかるとお目当てのハクサンコザクラの群生が見頃であった。

















 10:00に山頂に着いた。今日は風も弱く日が差して、山頂は昼寝には暑いが、敷物を敷いて横になった。山頂は次々と登山者が登ってきては、昼食を食べたり一休みして下山して行く。
 11:30まで、ゆっくり休憩して、山頂を後にし、14:40駐車場に戻った。
 今日は土曜日とあって午後になっても登ってくる人も多かった。後何年かして時間に余裕ができたら、ゆっくり登りたいものである。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火打山、妙高山で竹の子刈り

2010年07月11日 | 妙高山、火打山

2010.7.10(土) 晴れ

7:40笹ヶ峰駐車場~8:30黒沢~9:05十二曲り(9:15発)~10:10富士見平(10:15発)~(途中で筍狩り)~11:20高谷池ヒュッテ(11:30発)~(天狗の庭で花見)~12:10雷鳥平手前(10分休憩後、引き返し)~12:50高谷池ヒュッテ(13:30発)~(途中で竹の子刈り)~15:00十二曲り~16:00駐車場

 

 雪消えが遅かった今年も、7月に入り、本格的な登山シーズンとなってきた。
 高谷池ヒュッテのホームページをのぞくと、天狗の庭のハクサンコザクラが見頃を迎えるとのこと。
 相棒のあけちゃんを誘って笹ヶ峰から火打山を目指すこととした。梅雨明け前で天気もすっきりというわけではないが、予報は悪くはない。
 6時40分に別宅を出て、7時半に笹ヶ峰駐車場に着いた。今日は高山植物盗掘防止パトロールで関係者がチラシを配布していた。
 登山口に近い駐車場は、最後の1台分が空いていてそこへ駐車できた。
 7:40出発。気温はそれほど高くないが、梅雨時特有のじっとりした空気ですぐに汗ばんでくる。やや寝不足気味もあって、いまいち足取りが重い。
 黒沢まで50分かかった。標準タイムだが、何回か上っている中ではややスローペースだ。水分補給。更に30分歩いて十二曲り。ここで一息入れ、おにぎりも1つ食べた。
 15分休んで出発。1時間歩いて富士見平で水分補給。
 歩き始めて30分もすると笹原が低くなった向こうに高谷池ヒュッテと火打山が見えてきた。上空に雲はあるが山頂まで、はっきり見える。このあたり筍は出ていないだろうかと注意してみていると、竹藪の中からリュックを一杯にした初老の男性2人がひょっこり出てきた。「たくさんとれましたね。」と声をかけると、「筍はリュック半分だよ。」、もう一人が「100m下がれば、結構とれるよ」との答え。う~ん、急斜面を100mは大変とあきらめたが、登山道から見える範囲あたりのものを採取してレジ袋一杯くらいはとれた。
 11時半前に高谷池ヒュッテに着いた。途中でおにぎりを食べたこともあって、それ程腹も減っていない。山頂は風があって寒そうなので、個々で昼食を食べることにして、不要の荷物をここに置き、軽装で山頂まで往復することにした。
 天狗の庭は、ハクサンコザクラが見頃となってきている。雪消えの遅かったところはこれからなので、今年は7月いっぱいくらいは楽しめそうである。
 天狗の庭で写真を撮って、更に上り稜線上に出ると高谷池や天狗の庭を一望に見下ろすことができる。
 12時を過ぎて、足が重くなってきた。前日のスポーツジムでの運動しすぎ+午前中の竹の子刈りでバテてしまったようだ。しばらく休んだが、頂上に登ろうという気力がすっかり失せてしまった。
 こんな日は、いさぎよく撤退と決めて高谷池ヒュッテに戻り、焼き肉パーティーとした。今日はトレーニングを兼ねて、食料を山ほど持ってきた。ビール、焼き肉、サラダ、フルーツ、コーヒー……。
 1時間ほどで平らげて、下山開始。今度は腹が重い。
 再び、タケノコゾーンにさしかかって、タケノコ採取。帰りのザックも重くなった。
 15:30下山。苗名の湯で汗を流し、帰路についた。





2010.7.17(土)  晴れのち曇り、下山直後に雨

8:10燕温泉登山口~10:00黄金清水~(途中で竹の子刈り)~11:20長助池手前(昼食11:40発)~14:20燕温泉登山口



先週に続き、タケノコねらい。今回は燕温泉から妙高山へ。
 海の日3連休の初日で駐車場は混んでいるかと思ったら、意外に少なくまだ半分ほどの入り。拍子抜けした。
 今日は、午後遅くなると雷雨予報なので、竹の子刈りに時間がかかったら、山頂まで行かずに引き返す計画とした。時機としては遅い気もするが、黄金清水から上部辺りはどうだろうかと思いながら、黄金清水にさしかかると、上からタケノコでザックを一杯にした2人組が降りてきた。見るからに登山者ではなくタケノコ取りの出で立ちで足早に下っていった。
 黄金清水で一休み。いつもながらこの清水は冷たくてうまい。
 再び歩き出してしばらく行くと登山道脇にもちらほらとタケノコが出ている。しばらくタケノコ取りに精を出しレジ袋一杯分くらいとれた。
 長助池の手前で広場になっている辺りで、昼食とした。11時過ぎとなって、降りてくる人も何人かいる。山頂には雲がわいてきた。遅くなると天気予報どおり雨になりそうだ。 20分ほど休んで、予定どおり引き返すこととした。
 14:30駐車場について帰り支度を始めたら、計ったように大粒の雨。山の天気は変わりやすい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加