広島なずなの会は、赤峰勝人さんの循環のはなしをつたえます

このままでは、人も地球も滅んでしまう!
地球・食・身・体・心・生き方。
すべては循環の中に。

吉田農園にて白菜の定植、大根とカブの種まきを行いました。

2015年09月17日 | 広島なずなの会とは

9月15日10時から16時まで、5名で吉田農園にて白菜の定植を行いました。

白菜は2棟、大根の種まきは2棟、カブの種まきは1棟行いました。

天気が良くてスムーズに作業を行うことが出来ました。

 

ジャガイモや、玉ねぎを植えるための床作りも重ねて行いました。

元気に育ってくれるのを楽しみにしています。

 

次回はサツマイモの芋掘りを行います。

是非お子様連れでお越しください。

日時はまだ決まっていないので、決まり次第掲載いたします。

 

ご興味のある方は 代表 森山 080-5625-7001 まで

ご連絡ください。

 

コメント

平成27年 赤峰農場見学9/12-13

2015年09月17日 | 広島なずな 活動記録

総勢23名(新参加者18名)で赤峰農場に行ってまいりました。

 

赤峰勝人さんが田んぼにジャンボタニシを入れて、

きれいにしてくれるところを見せてくれました。

稲がすくすくと育っています。

雑草がほとんど生えていないのに驚きました。

見るからにエネルギーのある田んぼでした。

 

来年も赤峰農場見学を行いたいと思いますので、

ご希望者の方はお早めにお問い合わせください。

連絡先:代表 森山 080-5625-7001

 

コメント

第一回ヒロシマかがり灯の祭典

2015年09月01日 | 広島なずな 活動記録

          

  8月28日 第一回ヒロシマかがり灯の祭典が、広島平和記念公園そばの元安橋、親水テラスで開催されました。

 

        

           山陽高校和太鼓部の皆さん

 オープニングの山陽太鼓 「弾」の 勇壮で迫力ある演奏に、大きな拍手が沸き起こりました!

 

         

           点火式

  ヒロシマかがり灯の祭典代表で、広島なずな会員で椿屋社長の折笠さんが、宮島の消えずの火の種火をトーチに点火致しました。

       

        

       合唱隊「世界の命、平和の心を歌おうよ」の会

 出演者の方々の歌や演奏には平和への祈りが込められ、とても厳かで美しくステージいっぱいに感動が広がっていました。

 

        

         NPO法人邦楽広島クラブの皆さん

  

       

  100年後の広島に繋ぐイベントになるように、15灯のかがり火の一灯一灯に平和の祈りを込めて点火されました。

     ボートに乗り、トーチの火をかがり灯に点灯しますが、なかなか火が点かず、ハラハラドキドキの場面もありましたが、燃え上がると幻想的で美しい光景でした。

 

          

    合唱隊とスタッフ、参加者全員で「花は咲く」「ふるさと」を合唱♪

   スタッフと出演者、参加者がひとつになって盛り上げたイベントは、感動の内に幕を閉じ、来年も平和のかがり灯を点そうと誓いを新たにしました。

 * 広島なずなの会代表の森山さんは、警備や広報の協力スタッフとして参加してくれた瀬戸内高校サッカー部員や、経済大学の学生さん他スタッフに100個のおにぎりを差し入れて下さいました!ご馳走様でしたm(_ _)m 感謝☆

 

 

 

 

 

 

コメント