広島なずなの会は、赤峰勝人さんの循環のはなしをつたえます

このままでは、人も地球も滅んでしまう!
地球・食・身・体・心・生き方。
すべては循環の中に。

吉田菜園だより (4月30日)

2014年05月01日 | 広島なずな 活動記録

 

矢後さん、門田さん、青木が吉田菜園に集いました。(遊心居の庭)

 

 前回の続きで、夏野菜の植え付けの土づくり。

 牛糞・鶏糞・ボカシ・発酵もみをたっぷり入れて耕します。 レタスがびっしり育っていますよー。

 

 

耕耘機がお得意の門田さんと「遊心居」の山本さん。 畑の真ん中あたりは、前回植えたジャガイモです!

 の~ど~か~な景色に癒されますねぇ

 

玉ねぎ畑に沢山のスギナ・ナズナ・ハコベが生えていました。どーゆーこと?親方赤峰さんのご意見をお伺いしたいですねぇ。

 

山本さんのお声かけで、「遊心居」でお昼休み。 ありがたい、憩いの場です。

 午後の作業開始。畑に向かいます。

 

3人で玉ねぎ畑の草取りをしました。

矢後さんは、この後、玉ねぎ畑に木草灰とにがりを撒く予定だそうです。矢後さんは、スゴイ!

玉ねぎ・レタスを少し収穫し、門田さんと私は、タイムリミット、畑を後にしますm(__)m 

 

             蔓バラが咲く時期が楽しみな「遊心居」

                         今日も、一日ありがとうございました。

                                                    (青木ふみこ記m(__)m)

 

 

 

コメント