広島なずなの会は、赤峰勝人さんの循環のはなしをつたえます

このままでは、人も地球も滅んでしまう!
地球・食・身・体・心・生き方。
すべては循環の中に。

8月5日(金) 第二回『 ひろしまかがり灯の祭典』

2016年08月10日 | 広島なずな イベント情報

8月5日(金) 原爆ドーム前にかがり灯をともす、第二回『かがり灯の祭典』が開催されました。

     

今年は、元安川親水テラスでは、10時から21時まで国際音楽芸術祭と題して、『ONE DREM』イベントがあり、そことジョイントして、19時から『かがり灯の祭典』を行いました。

  

   

    プログラムは、かがり灯の祭典  折笠 統括の挨拶から始まり、

①マンドリン演奏  ②詩の朗読  ③「世界の命・広島の心」の大合唱

  

  

④ 尺八グループの演奏 

  

⑤ デジュリドゥの演奏  (アボリジニの楽器) * ゲスト 小島トシさん

  

⑦ かがり灯点火式に入りました。

  

 川村名誉実行委員長が、トーチの火(消えずの火の霊火)をかがり灯点火係に火渡します。

         

 一灯、一灯 世界の恒久平和実現の祈りを込めて、かがり灯を点火します。

   

   

 15灯のかがり灯が、原爆ドーム前の川面で、オレンジ色の美しい鎮魂の炎となって輝きを放っておりました。

     

    

 嬉しくて かがり灯のなずな仲間と記念撮影!

 (森山さん、櫻井さん、木元さん、池田さん、青木)

  ⑧ 鎮火式 では、高崎 実行委員長が挨拶をし、かがり灯の祭典の幕が降ろされました。

 この日のかがり灯スタッフに参加した、なずなメンバーは、14名

● 統括  折笠さん、  ●実行委員長 高崎さん、  ●筏担当 三代さん、●合唱指導 渡辺さん

 ●撮影  酒井さん、●救護  森山さん、櫻井さん、大元さん、   ●案内 三好さん、

•広報  佐伯さん、 池田さん、出崎さん 、木元さん   • 司会  青木   

☀ 皆さま、暑い中、多大なご協力をいただき、かがり灯の祭典を盛り立ててくださり、ありがとうございました。

翌日の読売新聞の一面と毎日新聞にも「ひろしまかがり灯」が掲載されました。

ネットニュースにも広く取り上げられたようです。

   (毎日新聞)

   (読売新聞)  

  今年の第二回かがり灯の祭典では、新たな課題と共に、新しい発想も生まれ、

未来に繋げる確かな礎となるイベントであったと、成功をお祝いします。

 

  8月9日 反省会兼ねての打ち上げの様子

  

 

 

 

 

コメント

7月21日 (木) 「工藤 房美 講演会」を開催!

2016年08月10日 | 広島なずな イベント情報

   

7月22日(木)スイッチオンの奇跡の著者 「工藤房美講演会」を まちづくり市民交流プラザで、開催致しました。

      

   

120名満席!2時間にわたる講演で、皆さん熱心に、メモ取る方や深くうなずいておられる方々など多く、工藤さんのお話に感動されている様子が伺えました。

    

    

   この講演会の主催は、工藤さんと同じ体験を持つ櫻井頼子さん。

   櫻井さんも昨年、余命一ヶ月のガン宣告を受けられましたが、病床の中で、喜び遊びを日々繰り返す内に、いつしかガンは消えて、現在、広島なずなの会の活動と、ニンニクの会の代表をしておられます。

 櫻井さんの主催ならと、広島なずなの仲間が応援に駆けつけました!

   

(右から3人目が工藤さん、右端が、主催の櫻井さん)

 工藤さんの本も完売!講演会終了後の皆さんの笑顔が素晴らしかったです!

  

  翌日 7月22日(金)は、呉市広まちづくりセンターで、「工藤房美講演会」が開催されました。60名の参加で温かな雰囲気の中、感動に満たされる講演会となりました。

   

  「工藤房美講演会」は、2カ所共に大成功で良かったですね、櫻井さん♡

広島なずなの男性スタッフは、写真に写っておりませんが、広報活動や録画撮り、会場作りに協力してくれました。

櫻井さんと広島なずなチームで開催した「工藤房美講演会」素晴らしい感動に包まれた二日間でした❣️

工藤房美さん、みなさま、「ありがとうございました❤️」

  

 

   

コメント