みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

【メタルボンド】高い強度を持ち、自然な美しさを再現できる

2015-08-31 14:04:00 | 日記
メタルボンドは、歯の土台部分を金属でつくり、表面をセラミックで覆った人工歯です。目に見える部分はセラミックですので、自然な白い歯の色合いを再現することができます。また、金属を用いることで、オールセラミックと比較すると、割安な費用で治療を行うことができ、より強度が高くなるというメリットのある治療法です。『口腔内カメラ

逆に金属を使用しますので、金属アレルギーの治療には向かない点にはご注意ください。

<メタルボンドのメリット>
金属を使っているため、耐久性が高い。
汚れがつきにくく、変色も少ない。
ブリッジなどの治療にも使える。

<メタルボンドのデメリット>
金属の影響で、歯や歯ぐきが黒ずんでしまうことも。
オールセラミックと比較すると、やや透明感が落ちる。 『歯科用品』.
コメント

シーラントの効果について

2015-08-31 11:12:44 | 日記
シーラントは奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。『ホワイトニング通販

このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。 シーラントは虫歯のない歯を対象にした予防です。しかし、フッ素、シーラントによる処方はあくまでも歯の強化にすぎません。一番大切なのはご家族の「仕上げ磨き」と「定期検診」であるということを忘れないでください。
生体情報モニタ』.
コメント

予防歯科のPMTC、スケーリング、フッ素塗布の紹介

2015-08-29 14:01:29 | 日記
予防歯科とは、従来の「痛くなったら治療する」という考え方とは異なり「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。今度は予防歯科の治療法を紹介します。『超音波スケーラー

PMTC
専門家による徹底的な歯面清掃で、美しい口元や健康な歯を維持する為の治療法です。PMTCとは口腔健康維持のためにプラークが付着しにくい環境を作ることを目的とした機械的な歯面清掃のことです。

スケーリング
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

フッ素塗布
歯科医師、または歯科衛生士が行います。フッ素塗布により、むし歯予防の効果もあり、また、初期のむし歯の場合には、回復することもあります。
歯科 海外 通販』.
コメント

クリーニングとホワイトニングの違いについての質問

2015-08-29 11:08:25 | 日記
ホームホワイトニングのメリットはなんですか?
1オフィスホワイトニングに比べ、後戻りが遅い。
2オフィスホワイトニングに比べ、費用が安い。『歯科器具

クリーニングとホワイトニングの違いはなんですか?
クリーニングとは、歯の表面についたたばこのヤニや、茶シブなどの表面的な汚れを専用の機械で落とす方法です。それに対して、ホワイトニングは、歯の表面にホワイトニングの薬を塗り、光を照射して歯そのものを白くしていく、歯の漂白のことです。ですから、本来の自分の歯より白くすることも可能です。審美歯科治療は専門な歯科機器が必要です。

白さはどのくらいもちますか?
食生活や生活環境に大きく左右されます。また、長く保つには定期的なクリーニングも必要です。

ホワイトニングをした後に注意することはありますか?
ホワイトニングをした後の歯は、着色しやすくなります。コーヒー、コーラ、カレーなど着色しやすい飲み物や食べ物の摂取はなるべく控えてください。
歯科レントゲン』.
コメント

虫歯治療の種類について

2015-08-28 13:53:15 | 日記
虫歯治療の基本は虫歯になってしまった箇所を「取り除く」ことです。細菌に犯されてしまった歯質は取り残しがないようにしっかりと除去することが重要です。治療の方法は虫歯の進行度合いによって異なってきます。『超音波スケーラー

小さな虫歯の場合 樹脂などで詰める
小さな虫歯は、削り取った後、樹脂などで穴を塞いで治療終了です。歯を元の形に整えて、光などを当てて樹脂を固めます。治療が1回程度で済むケースがほとんどです。

中程度の虫歯の場合 型をとって詰め物をつめる
中程度の虫歯は少し深く削るので、樹脂で塞ぐだけでは済まない事が多く、一度歯の型を取って、虫歯を削った部分にピッタリと収まるつめものを作ります。材質は金属や樹脂などさまざまです。型はすぐにはできないので、治療には最低2回程度かかります。

大きな虫歯や深い虫歯の場合 歯に金属などを被せる
大きな虫歯や深い虫歯の場合、歯と歯がかみ合う際の力に耐える事が出来るよう、歯を大きく削って被せることになります。中程度の虫歯の治療と同じく一度型を取りますが、歯に丸ごとかぶせる、「被せ物」を作ることになります。治療には数回通う必要があります。
オートクレーブ』.
コメント