みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

現在では日本でも、歯とお口の健康が重要だととらえ、法律や条例の整備などを進めています

2018-10-31 11:52:40 | 日記
スウェーデンは今でこそ「予防歯科先進国」として知られていますが、昔は多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。
そんな状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に「予防歯科」を国家的な一大プロジェクトとしてスタートさせました。プロジェクトの効果は大きく、現在では世界で最も歯科疾患が少ない国だと言われるようになりました。

スウェーデンに続け!日本の歯科医療
現在では日本でも、歯とお口の健康が重要だととらえ、法律や条例の整備などを進めています。その結果、「予防歯科」の感が方が少しずつ広まり、歯科医院で定期的に健診を受ける人や、積極的に「予防歯科」に取り組む歯科医院も増えてきています。スウェーデンでの取り組みに比べ、時期こそ遅れていますが、「予防歯科」の機運が高まっているのは喜ばしいことです。
歯科技工用エンジン
薬で歯周病菌を撃退!歯周内科治療とは
歯周病治療といえば、歯磨き指導と歯石の除去などが基本的な治療ですが、この基本的な治療とご家庭での歯磨きをしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方は多くいらっしゃいます。

21世紀に入ってから始まったこの「歯周内科治療」では、簡単に薬で治すことが可能になり、今までの歯周病治療と比べても患者さんの負担が軽く、治療計画に沿ってきちんとケアをすれば、2週間程度で驚くほどの改善が見られる治療です。
歯科 超音波スケーラー
歯周内科治療方法
位相差顕微鏡により歯周病の原因である菌を特定し、その菌や体質に合った薬を服用することで歯周病を治療していきます。また、位相差顕微鏡で確認した菌の画像を用いる事で、わかりやすい説明を行うことができます。

患者さんに自分の口の中の状態を知ってもらうことで、治療の意識を高め、より治療に積極的になって頂きやすいこともあり、位相差顕微鏡による検査が増えています。今までの歯周病治療で改善が見られなかった方も、是非1度ご相談下さい。
コメント

治療を繰り返せばダメージは蓄積し、歯の寿命は短くなっていきます

2018-10-31 11:16:36 | 日記
「痛くなったら行く場所」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
たしかに歯科医院は虫歯や歯周病といったお口のトラブルを治療する場所です。しかし、一度虫歯や歯周病になってしまうと、たとえ治療を受けても完全に元通りになることはありません。

治療を繰り返せばダメージは蓄積し、歯の寿命は短くなっていきます。そのため、治療が必要になる前から歯医者へ通って病気を予防するという考え方が、近年とても高まってきています。実は、欧米ではすでに「歯医者は予防のために通う場所」という考え方が主流になっています。そして、その意識の違いは、85歳時点での歯の平均残存数の差に顕著に表れています。
歯科 通販
アメリカでは15.8本、スウェーデンでは19.5本なのに対し、日本はなんとたったの7本。予防をしっかり意識して歯医者に通っているかどうかで、ここまでの差が生じているのです。残念ながら日本はまだまだ予防歯科後進国。1人でも多くの方が「予防のために」歯医者へと足を運んでくださることを、切に願います。

プラークの染め出し
染め出し液を用いて、ブラッシング後に口腔内に残っているプラークをチェックします。これにより、ブラッシングが行き届きにくい箇所やブラッシングの癖がわかります。

ブラッシング指導
プラークの染め出しの結果を踏まえ、患者さま一人ひとりに合わせた適切なブラッシング方法をお伝えします。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
通常のブラッシングだけでは除去できないプラーク・歯石を専用器具で取り除き、虫歯・歯周病の予防につなげます。
光照射器
フッ素塗布
歯質を強くし、虫歯菌への抵抗力を高める働きがあるフッ素を歯の表面に塗布します。ごく初期の虫歯では、この処置によって治癒が期待できるケースがあります。


歯垢や歯石を残さないことが大切です
歯科医院でのメインテナンスは、むし歯や歯周病を予防し、健康な状態を維持していくためにはとても大切です。細菌の集合体の歯垢は、毎日の歯磨きで除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌は歯磨きだけでは取れません。また、歯石になってしまった部分はいくら頑張って歯磨きをしても自分では取ることができません。
コメント

親知らずを抜く場合と抜かない場合

2018-10-30 14:46:44 | 日記
親知らずとは、真ん中から数えて8番目の歯のことで、多くの方は10代後半~20代くらいに生えてきます。
今は昔と比べて顎が小さくなっていますので、まっすぐに生えてくるための十分なスペースがなく、斜めに少しだけ出てくることや、歯ぐきや骨の中で隣の歯を押してしまっていることも少なくありません。このような状態を放置しておくと炎症が起き痛みも発生します。
超音波スケーラー
また、隣の歯を押していると徐々にその歯が倒れていき、歯並び全体に影響してくる可能性もあります。親知らずを抜歯する治療は様々で、数分で簡単に抜けるものもあれば、骨を削って親知らずを半分に切断して取り除かなければならない場合もあります。通常は、難易度の高い処置が必要な場合は、大学病院などに紹介状を書くことが多いのですが、当院では親知らず抜歯の豊富な経験と確かな技術により、あらゆる状態に対応することが可能です。

顎の関節にある軟骨がずれて、口が開けられなくなる・開けにくくなる・開ける時に音がなるといった症状が出ることがあります。これが顎関節症です。治療方法としては、マウスピースをお作りして、顎への負担を軽減したり、かみ合わせを改善することで顎のバランスを整えたりすると治療をおこなっております。顎に違和感や痛みがある方は、ご相談ください。

親知らずを抜く場合と抜かない場合
すべての親知らずが抜歯の対象となるわけではありません。お口全体の健康を考えたときに抜歯をしたほうがいい場合がありますので、親知らずが気になる場合は、一度当院までご相談ください。親知らずを他の場所へ移植することも可能です
生体情報モニター
むし歯や歯周病で抜歯が必要となった箇所に、親知らずを移植することがあります。移植をする場合、自分の歯を使う「自家歯牙移植」を行うと骨とくっつきやすく、安全に移植できる確率が高まります。自家歯牙移植を行えばインプラント治療よりも費用を抑えることができます。条件がそろえば保険も適用されます。お口の状態によってはとても有効な処置となるので、詳しくはお問い合わせください。
コメント

歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています

2018-10-29 14:16:50 | 日記
これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?
確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。

歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。痛くなってから行く→歯を削るの悪循環をとめることが重要です。そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。
ポータブルレントゲン 歯科
歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき放っておくと、むし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。

プロによるクリーニング "PMTC"
PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。PMTCをすることにより、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保ちます。
エアーモーター
長期間安定した審美性(美しさ)を保つ為には、その歯が歯周病などの無い健康な歯周組織の上にあり、かみ合わせのバランスもきちんととれている事が非常に重要です。きれいな歯並びや白い歯によって、より明るく美しい笑顔を得る事が出来ます。なにより精神面への影響も大きく、歯や口元のコンプレックスを取り除く事で性格的にも、より明るく積極的になることが出来るのです。

フッ素塗布
歯にフッ素を塗ることによって虫歯を予防することが出来ます。特に小児の乳歯列期や混合歯列期は効果が大きくみられます。3~4ヶ月に1回のペースで定期的に行い、効果を持続させていくことが最も重要です。
コメント

磨きすぎの部分は歯が悲鳴を上げて、冷たいものがしみるようになっています

2018-10-29 14:16:50 | 日記
歯周病予防を行う方に対するプログラムの一例を紹介します。
40才  女性  虫歯リスク-小  歯周病リスク-中
現状
・歯ぐきから血が出るようになった
・いろいろな歯に冷たいものがしみるようになってきた
予防に関しての要望
・主婦で時間もあるし、歯を守りたい。
・歯磨きは毎日頑張っているけど、自己流だからチェックしてほしい。
予防プログラム
・歯磨きは一日2回、10分以上時間をかけて行いましょう。
・歯磨き後はクロルヘキシジンでのうがいをしましょう。
・歯間ブラシは必ず併用するようにしましょう。
・3ヶ月ごとに歯医者での予防をしましょう。
歯科 ユニット
コメント
毎日歯磨きを頑張っておられますが、自己流だったために磨き残しのある部分もあれば、磨きすぎの部分もあります。
磨き残しのあるところの歯ぐきが腫れて、血が出るようになっていますので歯ブラシでは掃除の難しい歯と歯の間は歯間ブラシを使うようにしましょう。
磨きすぎの部分は歯が悲鳴を上げて、冷たいものがしみるようになっています。
硬い歯ブラシは使うのをやめて、歯磨き粉も研磨剤の入っていないものに変えましょう。しみるのは自然に収まります。
歯磨き後にクロルヘキシジンでのうがいをすることで歯周病菌の働きを抑えましょう。
歯科 超音波スケーラー
早期発見、早期治療にはリコールが欠かせません。
治療をしたあと、三ヵ月か半年などの一定期間が経ってから、再び治療することをリコールといいます。リコールは、症状が改善されているのか、また、新たな病気にかかっていないかを確認するために必要なことです。

リコールのときは病状の確認ばかりでなく、ブラッシングの大切さを改めて認識したり、プラークや歯石がたまっている場合には、スケーリング・ルートプレーニングも行います。長期的に見ると、リコールを行っている人と行わない人では歯を失う率に大きな差が出てきます。

スケーリング(歯石除去)
歯石は自分で取り除くことはできません。定期的に歯科医院へ行き、歯石を取り除いてもらいます。これをスケーリングといいます。また、ルートプレーニングによって歯ぐきのさらに奥の歯根面をなめらかにしてプラークをつきにくくします。
コメント