みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

以下のような習慣を見直すことで、歯周病を予防することができます

2016-12-30 14:46:09 | 日記
不規則な生活習慣
睡眠不足などの不規則な生活習慣は、ストレスや疲労がたまるので免疫力の低下につながります。免疫力が低下すると、歯周病菌がお口の中で繁殖しやすくなります。
歯科治療器具
喫煙
ニコチンが毛細血管を収縮させたり、一酸化炭素が酸素供給を妨げたりするため、タバコは口腔内環境にとってマイナスです。喫煙習慣がある方は、歯周病菌がお口の中で繁殖しやすくなります。

歯ぎしり・食いしばり
特定の歯に強い負荷をかける歯ぎしりや食いしばりは、歯根や顎の骨に大きなダメージを与えるので、その周辺で歯周病が進行する原因となります。

ブラッシング不足
歯周病菌が潜むプラークを毎日のブラッシングできちんと取り除いていないと、歯周病が進行しやすくなります。正しい方法でブラッシングを行うことが重要です。

不適切な食習慣
よく咬まないと自浄作用があるだ液が十分に分泌されず、歯周病菌が繁殖しやすくなります。また、間食が多いと口腔内に食べカスがとどまる時間が長くなり、歯周病菌が繁殖しやすくなります。

歯肉炎・軽度歯周炎
歯ぐきに軽い炎症が起きている状態です。歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシングをすると出血したり、冷たい物がしみたりすることがあります。
ハンドピース
中等度歯周炎
顎の骨が溶けはじめ、指で押すとグラグラと動くようになった状態です。歯が浮くような感覚があり、歯ぐきは赤黒く腫れ、膿も出て口臭がひどくなります。

重度歯周炎
顎の骨がほとんど溶かされ、いつ歯が抜け落ちてもおかしくない状態です。支えを失いつつある歯はグラグラと大きく動揺します。歯ぐきが真っ赤に腫れ、膿や出血の量が増え、痛みや口臭がひどくなります。
コメント

歯磨きでは不充分なの?

2016-12-30 14:46:09 | 日記
歯の健康で一番大事なことは、歯は削ってしまうと元には戻らないということを認識した上で、予防に努めることです。人はだ液という、食事のさいに食べ物を洗い流し、歯の再石灰化を促進する自浄作用、抗菌作用を兼ね備えた分泌液を持っています。しかし現代の多様化した食生活ではだ液とブラッシングでも、きちんと清掃しきれないことがあります。
歯科材料
歯は元には戻りません
虫歯になり補綴物を装着したり、歯周病で抜歯となりインプラント治療をすることも、予防をしっかりしておけば避けることが出来ます。補綴やインプラントは維持にも費用や手間がかかるため、自然歯をケアするほうが負担が少ないといえます。補綴やインプラントで歯の機能を取り戻すことはできても、自然歯は取り戻すことができません。これらは素晴らしい技術ですが、自分の歯がもたらす違和感のない噛み心地は何ものにも代えがたいものです。歯を大事にすることが楽しい食生活や生活の質の高さにつながるのです。

痛みがなくても予防を
他の診療科目の病院と同様、歯科医院にも痛みや自覚症状が出てから来院される方は多いですが、歯は皮膚の怪我や骨折のように元通りに戻すことはできないため、定期的に通うことで虫歯や歯周病の予防をしていくことがとても大事です。 もう少し早くご来院いただければ、痛み出した虫歯は難しくても、初期の虫歯は防げたかもしれません。そうならないためにも、定期検診を心がけましょう。
歯科用オートクレーブ
P.M.T.C.とは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、「歯科医師、歯科衛生士などの専門家が歯のクリーニング用器具で行う、お口の中の清掃」のことです。専用の機器とフッ化物入りペーストを用いて、普段の歯磨きでは取れないような歯垢や細菌が形成する歯に付いたバイオフィルムというヌメリを除去します。そんな強力な洗浄ですが、ゴム製の器具で歯の表面を掃除しますので、痛くはありません。数億個の細菌がひそむ口の中を洗浄して、気持ちがいいだけでなく歯の健康のためにとても有効な洗浄です。歯ブラシだけではとれない汚れは蓄積するため、定期的なP.M.T.Cの受診をお勧めします。
コメント

「予防」こそが、大切な歯を守ります

2016-12-29 16:35:31 | 日記
虫歯や歯周病になってしまったときには、できるだけ早く適切な治療を行うことが大切です。しかし治療は、歯を元どおりにするものではありません。「歯を削る」など、必ずダメージを受けるものです。大切な歯を末永く守るには「予防」しかないのです。

予防メニューについて
定期検診
お口の中は日々変化していますが、その変化に自分で気づくことはできません。定期的に医師の目によるチェックが必要です。定期検診に通っていれば、何か異変が起きたときにも早期の対応が可能になり、ダメージを低減することができます。
歯科 ユニット
ブラッシング指導
お口の中の状態は一人ひとりまったく異なるため、それぞれに合った方法でブラッシングすることが大切です。歯科衛生士がみがき残しが出やすい部分をチェックし、正しいみがき方を指導します。

フッ素塗布
歯質を強くする効果があるフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。定期的に行うことで、虫歯予防につながります。

シーラント
奥歯にある深く複雑な溝は、汚れが溜まりがちになり虫歯になりやすいという特徴があります。そこであらかじめレジンでその溝を埋め、虫歯を予防する処置がシーラントです。
マイクロスコープ 歯科
PMTC
歯科の専門家が専用の器具を使って行う、歯のクリーニングです。ブラッシングでは落とし切れない汚れを、徹底的に除去し、最後に歯面をつるつるにみがき上げて、汚れの再付着を予防します。虫歯予防はもちろん、口臭の改善にもつながります。

咬み合わせのチェック
咬み合わせに乱れがあると、虫歯や歯周病を招きやすいうえに、顎や顔、全身にまでゆがみを招いてしまう場合があります。定期的にチェックし、必要があれば改善のための処置を行います。

生活習慣病指導
食事やブラッシングのタイミング、睡眠、喫煙など、生活習慣はお口の健康と深く関わっています。生活習慣を伺い、改善が必要であれば指導を行います。
コメント

健康で綺麗な歯をいつまでも

2016-12-28 16:02:09 | 日記
今も昔も、いつまでも健康で綺麗な真っ白な歯でありたいというのは、ずっと変わらず、誰もが持ち続けている願いです。笑顔が素敵な人=歯が綺麗であるということからも、歯や口元に美しさを追求されるようになってきました。白い歯や綺麗な歯並びをいつまでも保つことで、歯や口元のコンプレックスが取り除かれたり、食事が楽しめたり、通常の生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。 また、審美歯科による治療は、一時的な見た目の美しさだけではありません。
歯科用品
オールセラミック
内面に金属を使用せず、セラミックのみで歯の修復をする方法です。従来のものよりも歯肉の変色や金属アレルギーもないので生体にやさしく、より自然に近い透明感を得られます。また、強度にも優れプラスティックや硬質レジンに比べ摩耗・変色もありません。

メタルボンド
メタルボンドとは金属のクラウン(被せ物、差し歯)に、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたものです。金属のフレームを土台として使用する為、強度を得ることができます。
ハンドピース
ラミネートベニア
歯と歯の間に隙間がある方や、歯をあまり削りたくない方、ホワイトニングだけでは効果が期待できないケースに効果的です。この方法は、歯の表面をほんの少し削って、セラミックの白いシェルを接着する方法なので、歯の色の後戻りの心配がありません。
コメント

虫歯、歯周病治療、矯正歯科について

2016-12-28 15:34:25 | 日記
虫歯は擦り傷とは違い、自然治癒することはありません。歯から「痛み」という形で信号が送られても「この痛みならまだ大丈夫」と勝手に判断し放置してしまい、最終的に虫歯菌が神経まで進行し我慢できない痛さになってから受診しても、神経の根っこが化膿してしまい抜歯せざるを得なくなってしまうことがあります。神経を抜いてしまった歯は、再度虫歯になっても気づくことがないまま奥まで進行してしまい、抜歯しか治療法がないケースも多くあります。生活していく中で歯の大切さを忘れがちですが、自分の歯で食事をし、会話を楽しむためにも、自分の歯がある今から予防をするようにしましょう。そのためには早期発見・早期治療が大切です。歯科器材

こういった症状ありませんか?
「歯が痛む」
「鏡で歯を見た時に歯の表面に溝ができて黒くなって、欠けたりしている」
「舌で触って引っかかる」
「食べ物が同じ場所で挟まる・引っかかる」
「冷たいものや熱いもの、甘いものが歯にしみて痛い」
こういった症状に覚えがある方は虫歯の可能性がありますので、早めの受診をおすすめします。
ハンドピース
歯周病治療
一昔前は歯を失う原因の1位は虫歯でした。その1位の座を奪ったのが「歯周病」です。現在、予備軍も含めると日本人成人の8割が歯周病といわれています。歯周病の症状として挙げられる「歯茎から血が出る」「歯がぐらぐらする」といった症状が現れたときには、ある程度進行しています。歯周病は歯だけの病気だと思われがちですが、心疾患や誤嚥性肺炎、早産といった全身疾患にも関係していることが研究結果で分かっています。歯周病を予防するためには、正しいブラッシングで毎食後しっかりと歯磨きをすること、そして、定期的に歯医者を受診し自宅では行うことができないメンテナンスをしてもらいましょう。

矯正歯科
歯並びが悪いと見た目だけではなく、虫歯や歯周病といった病気の原因にもなってしまいます。抜歯するイメージが強い矯正ですが、成長過程にあるお子さまであれば抜歯をすることなく歯を動かすことが可能なので負担が軽く済むことがあります。歯並びが悪いままだと正しい咀嚼をすることができず、体や脳の発育に影響を及ぼしてしまいます。お子さまだけではなく、大人の方でも歯並びがコンプレックスになり、思いっきり笑うことができない、食事が楽しくないといった方も多くいらっしゃいます。
コメント