みんな!おはよ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ここでは、歯を支える骨や歯茎の喪失を喪失していない段階です。 

2019-03-21 11:11:45 | 日記
もし、歯科医院で「あなたは歯周病にかかっています」と言われたとしても、珍しいことではありません。
成人の約8割が多かれ少なかれ歯周病にり患しています。歯周病は単なる歯肉の炎症から、歯を支える骨や歯肉に大きなダメージを与える重篤な状態までを言います。歯周病の進行を止めるか、遅らせるか、あるいは悪化させるかは、これ以降の歯と歯周組織の毎日のケアをどれくらいするかにかかっています。

なぜ歯周病になるの?
私たちのお口のなかは、バクテリアでいっぱいです。バクテリアは唾液などとともに歯の表面に粘着性で色のないプラークを形成します。ブラッシングやフロスをすることで、除去することができます。しかし、除去されないプラークが固まってブラシでは除去できない、歯石となります。歯石はプラークが固まったものなのです。これらが歯周病の直接的な原因となります。歯石は歯科医院で行うプロフェッショナルクリーニングで取り除くことができます。
シーパップ 通販
歯肉炎
プラークや歯石が歯に付着するのが、長ければ長いほど害も大きくなります。中にあるバクテリアが歯肉の炎症を引き起こします。歯肉炎と呼ばれています。歯肉が赤く腫れて出血しやすくなります。歯肉炎は歯茎の病気としては程度は軽く、通常、毎日のブラッシングやフロス、歯科医院での定期的なクリーニングで完治します。ここでは、歯を支える骨や歯茎の喪失を喪失していない段階です。 

歯周炎
歯肉炎が治療されずにいると、歯周炎へと進行します。歯のまわりの炎症という意味です。歯周炎になると、歯から歯肉が引き離されて(歯周ポケット)感染性の空隙ができます。免疫機構がプラークがまき散らしたり歯肉の下で育てられたバクテリアと戦います。バクテリアの毒性と体の炎症反応により、骨や歯をその場所に保つ結合組織は壊されていきます。治療を行わないと、骨と歯肉と歯を支える組織は破壊されます。歯は最終的にゆるくなって抜かなくてはならなくなります。
歯科バイブレーター
歯周病治療の主なゴールは、感染をコントロールすることです。歯肉の状態に応じて治療方法は数多くあります。どのような治療方法にしても、患者様自身が毎日自宅で歯をしっかりとお手入れする必要があります。治療効果を向上させるために、習癖改善(上下の歯を接触する習癖改善や、禁煙など)を提案することもあります。治療方法は主に以下になります。
深部のクリーニング(スケーリングとルートプレーニング)
歯科医院では、スケーリング・ルートプレーニングと呼ばれる方法で、歯肉の深い部分のプラークを取り除きます。スケーリングとは、歯肉ライン上もしくは下にある歯石を削り取るという意味です。ルートプレーニングとは、細菌が集まる歯根の表面の粗い部位を取り除いて、歯肉を悪くする細菌を付きにくくすることです。症例によってはプラークや歯石を取り除くために、レーザーを使用することもあります。この治療は、従来の方法に比べると、出血や腫れや違和感を少なくすることができます。
コメント

歯周病の原因はいろいろ考えられますが、一番の原因は歯の汚れ(=歯垢)と言えます

2019-03-21 10:42:17 | 日記
歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。
歯と歯ぐきの境目についたバイオフィルム(歯垢・プラーク)から歯の根にそって菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことが良くあります。
歯科 ポータブルユニット
歯周病はどうして起こるの?
歯周病の原因はいろいろ考えられますが、一番の原因は歯の汚れ(=歯垢)と言えます。歯垢(食べカス)が歯と歯ぐきのスキ間にたまると、その中にいる細菌が増殖して歯周病になります。
その他にも、噛みあわせや歯並びの不具合、過度の歯ぎしりや精神的なストレス、生活習慣の悪化(喫煙など)なども歯周病の原因と考えらています。

歯周病に年齢は関係ありません
歯周病は、中・高年以降の人に多く、軽度の歯肉炎まで含めますと成人の9割近くが歯周病と言われてます。また、お菓子や清涼飲料などを多めに摂取する子どもにも歯周病が多く見られます。そのため、将来の健康な歯を手に入れるため、若い時から歯周病の進行を予防していくことが大切になります。

歯周病になるとどんな症状がでるの?
歯を磨くと血が出ている。
ときどき歯ぐきが腫れている。
口臭が出る。
歯ぐきが後退し、歯が長くなったように見える。
歯と歯の間に隙間ができて、食べカスが入りやすくなる。
歯が動くようになり、以前より噛めなくなる。
歯がグラグラになり、最後には抜けてしまう。
歯科サクション
歯周外科治療
歯ぐきや歯周組織への外科処置を施すことによって、歯周病の進行を食い止めたり、遅らせたりすることができます。患者様の症例によって、骨を作るGTR法や歯ぐきの移植治療であるFGG法、CTG法等、幅広い治療方法を採用しております。きちんとしたプラークコントロールやスケーリング・ルートプレーニングを行っても症状が改善しない部分に対しては、歯周外科治療と呼ばれる治療が行われます。
コメント

歯が抜け落ちてしまう一番の原因、それはむし歯ではなく歯周病なのです。

2019-03-21 09:59:16 | 日記
日本人の約50%が歯周病で歯を失っています。歯周病は文字通り歯の周りの病気、歯槽膿漏(しそうのうろう)と言ったほうがピンとくる方も多いかもしれません。歯周病は歯周病菌が歯と歯ぐきの間深くにすみついて、その毒素によって歯の周りの骨を溶かしていってしまいます。その結果、歯ぐきが腫れたり出血したり、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまいます。
 歯科材料
歯周病は最近では生活習慣病の一つとされ、糖尿病・心臓病・早産・肺炎などの原因にもなると言われてます。
こんな症状はありますか?
  歯を磨くと時々歯ぐきから出血する
  歯がぐらぐらと揺れる感じがする
  口臭があるかもしれないと気になるときがある
  歯ぐきが赤く腫れたり痛むときがある
  歯ぐきを押さえると膿が出るときがある
  朝起きた時、口の中がネバつく感じがある
  前よりも歯ぐきが下がってきたような気がする
 
歯周病は全身にも影響を及ぼします
  カビが肺に入れば肺炎になるといわれています。
  歯ぐきの出血によって菌が血管に入り、心臓病になるといわれてます。
  歯周病の人は通常の2~3倍心臓病になりやすいともいわれてます
  その他、食道癌、糖尿病、早産、高血圧などにも関与しているといわれてます
 原因である歯周病菌を取り除くことが必要です。
タービン 歯科
歯周病の大きな原因の一つは、プラーク(歯垢)です。歯周病を予防するためには、日々の歯みがきなどが大切です。さらに、定期健診を受け、よりよい生活を心がけましょう。
①歯みがきの工夫
みがいた後に歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間にみがき残しがないかをチェックしましょう。
②正しい食習慣
何でも残さず食べ、規則正しい食生活を心がけ、プラークができやすい糖分を多く含む食べ物は、とり方に注意しましょう。
③タバコは注意
タバコは歯と歯ぐきにとってよくないことを覚えておきましょう。
④定期的に健診を
1年に2、3回は歯科医院で定期健診を受けるようにしましょう。
コメント

白く揃った綺麗な歯で明るく美しい笑顔をつくりましょう。

2019-03-20 11:10:09 | 日記
審美歯科とは、虫歯や歯周病といった歯の治療ではなく、歯や口元の美しさ・綺麗な歯の色・さわやかな息など美容的要素に焦点をあてた歯科医療のことです。歯周組織との調和・噛み合わせの良さなど学術的理論に基づき、歯の切削量は最小限におさえ長期にわたり美しく機能的な歯をつくります。
《審美歯科をおすすめしたい方》
笑ったときに銀歯が見えるのが気になる
歯並びが気になる(歯の大きさが不揃い)
前歯の着色や変色が気になる(歯を白くしたい)
笑うと歯ぐきが黒く見える
昔入れた被せ物の歯ぐきとの境目が黒い
前歯のすきっ歯をなくしたい
笑った時に前歯が斜めにみえる
歯の不揃いは顔がゆがんだようにみえる原因になることもあります。逆に美しい口元はファッションや髪以上にあなたの第一印象を大きくアップします。白く揃った綺麗な歯で明るく美しい笑顔をつくりましょう。
歯科用バイブレーター
《セラミックとは?》
セラミックとは瀬戸物など焼き物に使われる素材です。それを歯に応用して本物の歯と寸分変わらない綺麗な見た目の歯科治療を行うために改良された被せ物がセラミックです。
オールセラミッククラウン(ジルコニア)(自費)
ジルコニアを使用したクラウンが、ジルコニアセラミッククラウンです。金属を使わないため、金属アレルギーや歯ぐきの変色などの心配がなく、強度も高いため、奥歯やブリッジに使用することもできます。

メタルセラミッククラウン(自費)
中身は金属で、外側にセラミック(陶器)を貼り付けたものがメタルセラミッククラウンです。見た目が美しく、変色もしません。強度も高いため、人気のある治療法のひとつです。また、内側に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーのリスクを減らすことが可能です。
歯科用拡大鏡
ラミネートベニヤ(自費)
歯の表面をうすく削り、歯に貼り付けて形や色調を改善するのがラミネートベニヤです。クラウンに比べると、歯を削る量を少なくできますが、強度は弱いというデメリットもあります。

硬質レジン前装冠(保険)
硬質レジン前装冠とは、中身が金属で、頬側の部分だけにレジン(プラスチック)を貼り付けたクラウン(被せ物)です。金属を表面に出すことで、噛む力が強いケースでも、被せ物が壊れることを防ぐことができます。
コメント

歯髄(歯の神経)を取ったものの、クラウン(被せもの)で覆っておらず、歯が変色してきた方

2019-03-20 11:06:27 | 日記
審美歯科において重要なことは、顔全体のバランス。前歯を綺麗にしたい場合、歯の大きさや歯の色といった歯のみに着目するのではなく、顔全体のバランスを加味しながら治療を行うことが大切だと当院では考えております。そのため当院では噛みあわせはもちろんのこと、歯の長さや大きさを仮歯の段階で微調整しながら、患者様が最も美しく見える歯を作成していきます。そして審美的治療に入る前には、まず口腔内を健康な状態に戻すことも重要。歯を美しくする前に健康な状態に戻す必要があると判断した場合は、根っこの治療や歯周病の治療を行います。
歯科測色器
オールセラミック
補綴物(ほてつぶつ:詰めものや被せもの)の素材にはいくつかの種類があり、その中の一つに「オールセラミック」があります。オールセラミックは、すべてセラミックから成ります。 補綴物のなかには金属を使ったものもありますが、これには一切使われておらず、自分の歯のような透明感があります。

金属を使った補綴物の場合、歯茎が痩せると金属部分が見えてしまったり、金属イオンの作用によって歯茎が黒ずんだりすることがありますが、オールセラミックではこうした心配がありません。また、補綴物のなかで最も透明度が高いことから、前歯のように見た目を重視したい歯の治療に適しています。

オールセラミック治療はこんな方にお勧めです
前歯の形や歯並びを整えたい方
過去に金属を使った補綴物を入れて、見た目にお悩みのある方
歯髄(歯の神経)を取ったものの、クラウン(被せもの)で覆っておらず、歯が変色してきた方
金属アレルギーの方

ラミネートベニア治療
ラミネートベニア治療とは、歯の表面を薄く削り、オールセラミックやハイブリッドセラミックスで出来たつけ爪のような薄片を貼り付け、見た目を白くしたり、歯のすき間をなくしたり、欠損部分をカバーする治療のことです。
セラミッククラウンを被せる治療に比べ、天然歯を削る量の少ないのが特徴です。
ラミネートベニア治療はこんな方にお勧めです
パルスオキシメーター
前歯の歯並びが比較的良い方
ホワイトニングで満足のいく結果が得られなかった方
歯と歯のすき間をなくしたい方
歯肉退色のホワイトニング
歯肉が黒ずむ原因のうち、なんと言っても多いのは、メラニン色素の沈着です。皮膚が日焼けで黒くなるのは、紫外線から皮膚を守ろうとしてメラニン色素が分泌されるためですが、歯肉も同様で、タバコの煙などの刺激から守るために、メラニン色素が生成されて黒ずんできます。メラニン色素は歯肉の浅い部分に沈着しているので、薬品を塗布する「歯肉ホワイトニング」でピンク色の歯肉を取り戻すことが出来ます。
コメント