レイニ-サイド ハ-パ-ズパブ

ケルティックハ-プ(アイリッシュハ-プ)奏者坂上真清に関する情報や日々感じた事などのコラム このサイトはリンクフリ-です

ケルティックハープ Songbook ライブ Vol.4 より "ローズマリー"

2016年04月30日 | 音楽動画

 

 

  

 

 

 

先日のSongbookライブからローズマリーという曲をアップしました

 

これは20代の時にやっていたバンド ヴァーミリオンサンズ 時代に作った歌を

楽器の為のインスト曲としてリアレンジしたものです

 

個人的にとても気に入っていた曲でしたが

収録するつもりだった2枚目のCDを作る前にバンドが活動中止になったため

その後ハンドリオンやハープソロで時々演奏していて

前回はその中でもとてもいい感じの仕上がりになりました (^^♪

 

 

ちなみに当時歌っていた蝋山陽子さんがつけたこの曲の歌詞は

アイルランドやイギリスの民話に出てきそうな妖精の市場を見に行った少女の話で

ローズマリーとはその少女の名前

 

残念ながら歌詞のきちんとした記述は残っていませんが

当時蝋山さんがライブで歌う前にMCで解説していた内容から以下の概要にまとめました

 

 

  妖精の市場で売っている果物は大変甘くて美味しく

  人間が1度食べたら忘れることが出来ない。

  ある少女がその甘い匂いに誘われて市場に迷い込み

  自分の金髪を売ってまでしてその果物を食べてしまう。

  そして結局彼女はそのまま妖精の虜になってしまった。

  可哀想なローズマリー 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ケルティックハープ Songbook ライブ Vol.4 写真

2016年04月28日 | 写真画像

 

 

 

 

     

 

 

土曜日のケルティックハープ Songbook ライブ は

この日の為に新調した帽子と一緒のじょんちゃんとの演奏でした

 

懐かしい曲から前日にタイトルが決まった曲まで沢山演奏したんですが

すべての曲が何かとても新鮮に感じました 

 

ハープとフィドル特有の音の余韻と隙間が

そう思わせたのかは分かりませんがとても心地良かったです♪ 

 

またあまり遠くない時期にこの形でもライブをやれたらと思ってます 

 

 

そしてこの日は遠方からもお越しいただいた方も何人かいて

皆さんありがとうございました

 

 

次回じょんちゃんとは6月18日(土)に

昨年11月以来になるアイリッシュフルート須貝知世さんとのトリオ

「風吹くそら」を音や金時で予定しています

 

こちらもきっといい一夜になる事と思うので是非聴きにいらして下さい

 

また告知します!

 

 

フェイスブックに上がってた写真などいくつかもらったのででここで紹介します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ケルティックハープ Songbook ライブ リハーサル 

2016年04月21日 | 演奏情報

 

 

 

        

 

 

 

23日(土)音や金時「ケルティックハープ Songbook ライブ Vol.4」のリハーサルでした

 

今回のゲスト じょんちゃんとは

ハンドリオン以前からやっているので長いんですが実は2人では今回が初めて

 

リハーサルで昔よく一緒に演ってた曲を合わせたら

当時それを演奏した色んな場所の風景が浮かんできたと同時に

何かもう自分ではない他人が作った曲を演奏している様な不思議な感覚になりました

 

あの頃からそれだけの時間が経ったという事なのかも知れませんが

お互いに演奏も変わっているだろうし

それがよりまた違う響きを伴ってそんな感覚になったのかも、、  

 

結局のところ自分でも良くは分からないんですが

だからこそとても楽しみでもあります ♪

 

皆さんご都合のいい方は是非聴きにいらして下さい ^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

"ジョングルールダンス" プロモーションビデオ

2016年04月18日 | 音楽動画

 

 

 

       

 

 

先日3月19日はハンドリオンのCD"森のサーカス夜奏会"発売2周年!

 

という訳で少し時間が経ちましたが ^^; 

「ジョングルールダンス」のプロモーション動画をアップしました

 

森のサーカス夜奏会 は旅のサーカス団、ロマ、など放浪民が

1つの大きなテーマになっているんですが

ジョングルールとは中世ヨーロッパを放浪した音楽サーカス芸人

 

彼らは音楽ばかりでなく恋物語や武勇伝の朗誦もすれば

動物使い、曲芸、人形使い、時には泥棒から売春もするという訳で

社会の最下層として扱われていましたが

彼らが歌ったり演じたり演奏していた音楽は今日残されてはいません

 

しかしそれは職業芸能人であったジョングルールにしてみれば

生活の資である大切なレパートリーをわざわざ楽譜に書き留めて

自分の芸を他人に盗ませるような愚を犯すはずはなく

音楽演奏を生業とした彼らがその芸を公にするのを好まなかったから

 

また彼らの様な器楽演奏は当時は即興によるのが本来なので記譜の対象にはされず

この辺は何か18世紀以前のアイルランドのハープ吟遊詩人達のようでもあります 

 

それに当時音楽を記録に残す事が出来る様な知識層の人達には

ジョングルールみたいな民衆の芸能に興味を寄せて

記録したり記譜しようとする人はほとんどいなかったのでしょう

 

 

 

ではそんな境遇でも力強く生きていたジョングルール達の

現在まで残されている不思議で楽しげな絵と共に宜しければご覧下さい

 

リッチーブラックモア風のフィドル、ジョンロードみたいなアコーディオン、

唸りを上げるハーディガーディ、聴きどころ多数です!

 

ってディープパープルか、、、

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ケルティックハープ Songbook ライブ Vol.4

2016年04月11日 | 演奏情報

 

 

 

        

 

 

 

昨年から不定期に続けているソロ企画  ケルティックハープ Songbook ライブ 

今月23日(土)に Vol.4 を開催します

 

主なコンセプトは自分のこれまで各方面に作ってきたオリジナル曲を

リアレンジして演奏するというという内容で 毎回ゲストを迎えていますが 

今回はハンドリオンで一緒にやっていた じょんちゃん(大久保真奈さん)です 

 

彼女とは丁度このブログをスタートした2008年から一緒にやっていますが

実は2人での演奏は今回が初めて (^O^)/

 

別に意図してきたわけでは勿論無いんですがたまたま機会が無かったんですね

 

せっかくだしこれまでの懐かしい曲、

そして初めての曲などを色々交えて演奏出来たらと思っています

 

勿論ソロライブなのでハープソロも演りますが ^^♪

ただ今回はせっかくなのでデュオ演奏を大きくフューチャー出来ればと思います

 

ハンドリオンのライブに来た事があるという方、そして初めてという方

皆さん是非聴きにいらて下さい!

 

お待ちしています 

 

 

     拡大版

    

 

 

『ケルティックハープ Songbook ライブ Vol.4』

 

4月23日(土)

坂上真清(ケルティックハープ)  ゲスト 大久保真奈(フィドル)

 

18:30 開場   19:30  開演

2500円 (+1オーダー)

 

西荻窪 「音や金時」 http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/ 

杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1

JR中央線 総武線 西荻窪駅北口下車 徒歩3分

 

問い合わせ先  03-5382-2020(音や金時)  17時以降

予約必要無し  開演後も入場出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

大阪アイリッシュハープ・フェスティバル  写真 第二日目

2016年04月09日 | 写真画像

 

 

 

     

 

 

 

大阪アイリッシュハープ・フェスティバル  第二日目

time blue の写真をもらったのでPart2として紹介します 

 

ほぼ70枚位ありますが終わりの方はもう訳わからなくなってます 

 

最期は残った人達の打ち上げ写真で

自分の今回の大阪アイリッシュハープ・フェスティバル は

この時に終了しました (^_^)/~

 

 

 

大阪アイリッシュハープ・フェスティバル Part2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

大阪アイリッシュハープ・フェスティバル  写真

2016年04月06日 | 写真画像

 

 

 

    

 

 

4月2日~3日に行われた

大阪アイリッシュハープ・フェスティバル の写真をいただいたので

フェイスブックから拾ってきたのと一緒にまとめました

 

 

1日目のYOSHUホールで行ったコンサートは

ハープソロありユニットでの演奏ありとバラエティ豊かな内容で

楽しい演奏会でした

 

演奏中の写真は自分の手元には無いのですが

リハーサルやコンサート終了後の懇談会の写真から

和やかな雰囲気が伝わればと思います

 

個人的にも懐かしい人達との再会や

初めてお会いしたハープ族など (この呼び方いつの間にか定着しましたね)

出会いの多いイベントになりました

 

 

 

2日目は場所をtime blueというスタジオスペースに移して

村上淳志君のワークショップ

自分とフィドルのさいとうともこさんとの演奏

アイリッシュハープ弾き歌いの人達でのコンサート という内容

 

特に前日出演しなかった人達が中心となったアイリッシュハープ弾き歌いは

本当に個性豊かな人達の集まりとなりました

 

こちらも本番中の写真は自分の以外は無いのですが

もしかしたら他で紹介されるかもしれません

 

 

そして個人的な感想

 

アイリッシュハープ族女子は美人度が高い 

 

これは写真を見てくれたら納得してもらえると思いますよ (^^)v

 

 

 

両日の出演者の細かいデータは以下になります

 

4月2日 YOSHUホール コンサート

坂上真清

村上淳志

Harper's Cafe (おのだかずこ&kumi) with 高野陽子

Hatao & Nami

古屋美樹

 

 

4月3日 time blue ワークショップ & コンサート

(ワークショップ)   

村上淳志

 

(レクチャーコンサート)  

坂上真清 &さいとうともこ

 

(アイリッシュハープ弾き歌いコンサート)

AGATA

松尾紗都呼

川島憂子&清水よしえ

妙遊

木村林太郎

 

 

 

最期に嬉しいお知らせ!

来年4月に再び東京で 第3回アイリッシュハープフェスティバル の開催が

ほぼ決定したという事です 

 

日本のアイリッシュハープ界における最重要イベントになりつつある

アイリッシュハープフェスティバル 

このイベントの主催者である木村林太郎君と村上淳志君には

ひとまず本当にお疲れ様 と声をかけたい心境です

 

そしてまた次回も一層の盛り上がりを期待しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント