レイニ-サイド ハ-パ-ズパブ

ケルティックハ-プ(アイリッシュハ-プ)奏者坂上真清に関する情報や日々感じた事などのコラム このサイトはリンクフリ-です

セカンドキャンドル

2018年12月09日 | 音楽動画

 

 

   

 

 

 

今日は待降節で言う第二主日で

アドベントキャンドルの2本目のろうそくに火をともす日


8年前のCD「ムジカハンドリオン」に入れたこのオリジナルのクリスマスの曲は

先日のケルティックハープ二人会でも、

そして16日(日)のクリスマス&CD発売記念ライブでも演奏する予定です 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

北島トラディショナルナイト Vol.19 ~てんこ盛りアイリッシュ音楽~

2018年10月19日 | 音楽動画

 

 

     

 

 

創世ホールに3回目に行ったのは2015年ケルトシットルケのイベントでした


この日のための特別ユニットでの演奏で当初名前は "ブルームーン&ハットトリックス"

にするつもりでしたが長いのでボツに  (-_-)


ブルームーンというのは勿論この曲から来ていて

8月にさいとうさん抜きで3人で演奏した時のハットトリックスもここからでした

 

 


トラッドにさいとうともこさんが日本語の詞をつけたこの "青い月" は

これまでも何度か演奏していましたがこの時が1番美しかったです 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

北島トラディショナルナイト Vol.14 ~アイリッシュハープの宇宙~ Part 2

2018年10月16日 | 音楽動画

 

 


2010年創世ホールのハンドリオンからもう1曲「ムサラの寺院にて」をアップしました

 

燦々と同じ「ムジカハンドリオン」収録で

やはり東欧の香りのするマジカルな曲、 途中少し四人囃子風な雰囲気もあります


組曲形式にもなっているのである意味プログレ的とも言えるかもしれません

 


ムサラとはブルガリアにあるバルカン半島最高峰の山の名前


ハープの手元アップの画像も結構来てます ^_^;







 

 

 

 

コメント

北島トラディショナルナイト Vol.14 ~アイリッシュハープの宇宙~

2018年10月15日 | 音楽動画

 

 

2度目に創世ホールに行ったのは2010年

1stCD「ムジカハンドリオン」を出す直前のハンドリオンでした

 


この綺麗な映像も前回と同じケーブルTV制作のものなので

長年アップするのを控えていたんですがもう8年も経ったし大丈夫だろうという事で

この機会に公開しました  (その分映像は若いです、、)

 


「燦々」はムジカハンドリオン収録の曲で

この頃は心が東欧的なものに惹かれていた時期でした


すでにYouTubeにこの曲がアップされていますが

あの演奏はまだ途中のアコーディオンとフィドルのソロの掛け合いが

無かった時のものなのでフルバージョンの演奏動画は初公開になります!


演奏も映像もいいので良かったらご覧下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

北島トラディショナルナイト Vol.2 ~アイリッシュハープの世界~

2018年10月14日 | 音楽動画

 

 

 

10月に伺う北島町創世ホールに初めて演奏に行ったのは

明石海峡大橋が開通した1998年

 

この時は1stソロCD「クラルサッハ」をリリースする直前で

何かでその事を知った主催の小西さんから突然連絡来て

話を聞くと前年には知り合いのシ・フォークが出演したと聞いて驚きました


そして結局この年はシ・フォークの吉田文夫さん、赤澤淳さんとのトリオ

"ディングルズ ヴュー"として演奏


飛行機で行ったので弾いてるのは金属弦を張ったイブですね ^^♪



ケーブルTVで放送された動画なのでアングルも凝っています





こちらはオキャロランのセット





この頃は普通にハープとブズーキを一緒に弾いてました







 



コメント

ホッジポッジ楽団ライブの写真と「蒼色のしじま」

2018年05月02日 | 音楽動画

 

 

 

   

 

 

日曜日のホッジポッジ楽団の写真いただきました

 

今回も北欧、ジャンゴ、ブルターニュ、アイリッシュ、スコティッシュ、ロシア、

オリジナルのロマの月、蒼色のしじま などのヨーロッパを巡るセットリストと共に

お陰様で補助イスを出す盛況のうちに終了しました

 

来てくれた人からも言われたのですが

ホッジポッジ楽団も何か1曲アップ出来たらとも思っています ^_^

 

 

次回は11月にやる方向で進めているのでまた早めにお知らせしますね 

 

   

       

       

 

 

あとこのライブで久々に演奏して懐かしかった「蒼色のしじま」


元々はスペインのトラッドをイメージして作った曲なんですが

当時のレコ発ライブからの動画を貼っておきます

 

この時はホイッスルの庄司さんが産休に入ったため野口君に参加してもらいました

 

また唯一CD通りのベース、パーカッション入りフルメンバーでの演奏でもあり

特に中藤有花さんのヴァイオリンがとてもいいです  

 

実はこれから2枚のCD制作にとりかかるのですが

それが完成した次に作りたいと思っているCDにこの「蒼色のしじま」を

リマスターして再収録する予定にしています

 

自分にとっても思い入れの深い好きな曲なので

是非こちらも楽しみにしていて下さい

 

 

 

 

 

また作った当時ネットから集めたイメージ世界の写真も貼っておきます

 

サイレンスオブブルーです!

 

良かったら眺めながら聴いて下さい 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

O'Carolanの命日に寄せて クラルサッハから "Miss McDermott (Princess Royal)"

2018年03月24日 | 音楽動画

 

 

         

 

 

18世紀アイルランド盲目のハーパー Turlough O'Carolan の

280回目の命日を3月25日に迎えるにあたり

1stソロCD「クラルサッハ」から Miss McDermott (Princess Royal)

をスライド画像付でアップしました

 

画像中にはこのCDで演奏しているスコットランドのハーブ職人ティムホブロウ制作の

15世紀スコットランド最古のハーブ Queen Mary Harp のレプリカの画像も

何枚か含まれているので施されている美しい装飾も確認出来ると思います

 

これは注文してからほぼ5年待って完成したものですが

その時の事を話すと色々と長くなってしまうのでそちらはまたの機会に ^_^;

 

クラルサッハは現在は販売元の バイオスフィア・レコードHP からのみ

購入出来る様でアマゾンなどでは新譜としては販売してない様です

(中古は別)

 

18世紀以前のアイルランドのハープ音楽を集めて

15世紀のケルティックハープで演奏するという

今じゃもう作れないであろう内容なのでもし興味ある方は聴いてみて下さい

 

クラルサッハに関しては こちら にまとめてあります 

 

またCDを制作した事務所のサイトにはクラルサッハの ホームページ

まだ残されていて制作裏話なんかも載っていますよ

こちらも良かったら是非!

 

そこにも書いていますがクラルサッハのマスタリングは

サザンのCDなどもやっていた日本が世界に誇るマスタリング職人

小鐵さんという方にやっていただいていて

CDが出た時は音楽雑誌なんかにも録音の良さを誉められた覚えもあります

 

 

 

 

明日25日(日)高円寺「グレイン」のオキャロラン命日ライブでは

久しぶりにこの Miss McDermott もやる予定です

 

予約無しでも大丈夫ですので是非聴きにいらして下さい♪

 

 

    

 

O’Carolan 280th Anniversary Live

中藤有花 フィドル
小松優子 コンサーティーナ
坂上真清 ケルティックハープ

・日時  3月25日(日) 18:30 開場   19:00 開演

・料金  2700円 (+1ドリンク 500円)

・場所  高円寺「グレイン」 
  http://grain-kouenji.jp
      東京都 杉並区高円寺北3-22-4 U.Kビル2階
      JR中央線、総武線 高円寺駅北口徒歩2分

・予約  TEL & FAX : 03-6383-0440 又は 080-5488-0195 (店主加藤)
      *留守録でも可
      メール : kouenjigrain@gmail.com

・お問い合わせ 「グレイン」 TEL & FAX: 03-6383-0440

 

 

 

 

 

 

コメント

「森のサーカス夜奏会」発売4周年 幻の未収録曲 "飛翔"

2018年03月19日 | 音楽動画

 

 

 

   

   

 

 

今日3月19日は現在までの自分にとっての最新作

「ハンドリオン・森のサーカス夜奏会」発売4周年 

 

ヨーロッパの伝統音楽の香りのするオリジナル曲集で

今も配信を含め少しずつ売れている様で嬉しいです

 

ケルティックハープ、フィドル、アコーディオン、チェロ、

バグパイプ、ハーディガーディが 紡ぎだすカラフルな音のファンタジックワールド

 

まだ未聴の方でピピッ!と来た人は宜しければ聴いてみて下さい

 

ハイレゾ配信 もされていますよ 

 

またレコーディング風景動画、収録曲PVを含む詳細は こちら に

まとめて載せていますのでご覧下さい

 

 

 

今回4周年を記念してレアな関連動画をアップしました

 

これはCDに収録予定だったにも関わらず時間的(体力的)な問題で最期に録音を断念した

プログレ風エスニックな楽曲の9年前シルバーエレファントでの演奏動画です

 

ハンドリオンが実質的に活動をスタートしたのが2009年1月 

 

この動画の日付は2009年5月

 

結局CDとしては未発表でしたがかなり早い段階からレパートリーとして演奏していたんですね

 

こんな綺麗な画質のが残っていたなんて実は最近まで忘れていました

 


収録出来なかったのは残念でしたが

もしこの曲が当初の計画通り「森のサーカス夜奏会」に収録されていたら

CD全体の印象もまた違っていたかも知れません

 

でも全員若いです ^_^ 

 

あともう時効なのでいいと思いますが

この日フィドルのじょんちゃんはインフルエンザになりながらの熱演でした

 

よく演奏したなと思うのと同時に、、、

 

その後誰かインフルになったという噂は現在まで聞いてはいませんが

お客さん ゴメンナサイ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

桃の節句に寄せて "3月の鐘" 

2018年03月03日 | 音楽動画

 

 

       

 

今日は桃の節句

 

これは2012年に作った東北復興のCDに収録した曲で

曲のタイトルは雪に閉ざされた世界に

春の到来を告げる鐘の音が聞こえてくるという意味ですが

初演の1週間後に震災がありそれ以降はタイトルが特別な意味合いを持つ様になりました

 

 

このユニット独特のシルキーハーモニーを

Daniさんの深いミックスがより際立たせてくれています

 

 

春の雪解けを待つ祈りの曲です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

静かな太陽

2018年01月31日 | 音楽動画

 

 

 

    

 

 

2012年 奈良で金環日食を見た

 

予報は雨だったけど日食のある午前中だけ雲1つ無い晴天

 

タイマーもかけていない中自然とその直前に目覚めて

これも偶然部屋の東側にあった大きな窓から真正面に太陽が見え

ベットに座りながら生まれて初めての日食を体験

 

昼過ぎからはもう雨になってしまったので

色んな偶然が重なった事を

その日東大寺の大仏様と春日大社の神様にお礼を言いました

 

そもそもいつも通り東京にいたらあんな綺麗な日食は見られなかった訳だし

 

そしてその時感じたのは日食というのは当たり前だけど何も音がしないという事

(テレビだったら絶対BGMが入る)

 

ホテルも興福寺近くの静かな場所だったので鳥のさえずり位しか聞こえない中

太陽がどんどん欠けていくのを目撃した時に

何か人知を超えたスーパーナチュラルなものを感じた

 

 

この「静かな太陽」はその体験を元に作った曲で

タイトルにもそんな意味が込められています

 

これもまだ未CD化なのでいつか音源としてきちんと残したい曲

 

CD「久遠の鐘」レコ発ライブからの動画です

 

 

 皆既月食の日に日食の曲を

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

空とそら 

2018年01月26日 | 音楽動画

 

 

 

       

 

2年前の昨日 吉祥寺コピス前で演奏していたら

2012年に参加した平泉世界遺産登録記念CD「久遠の鐘」のエンジニアDaniさんとバッタリ

 

これはそのCDからの曲で、

タイトルは奥の細道で芭蕉と共に平泉に立ち寄った門人の"曾良"が

どんな想いで奥州の空を見上げたか という様な意味

 

日本叙情のケルト的展開です

 

 

改めてDaniさんの美しいミックスに聴き惚れる

 

平泉の人も見た事が無いと言ってた台風一過のあの夕空

 

いずれこの曲を含めたオリジナル曲集CDを作りたい 

 

それ位自分にとって思い入れ深い曲

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

サイレントナイト

2017年12月24日 | 音楽動画

 

 

 

                            Happy Christmas  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

シシリアンワルツ と カレドニアの雨

2017年12月06日 | 音楽動画

 

 

 

先日12月3日はニーノロータの誕生日


これは4年前に作ったオリジナル曲集ハンドリオン「森のサーカス夜奏会」から

ロータの音楽にインスパイアされて作ったシシリア風ワルツのPVです

 

そう言えば先日 相撲理事会にイタリアンファッションで

もたれかかる様に座っていた貴乃花親方を見た時

頭の中でゴッドファーザーの音楽が鳴っていました ^_^;

 

 

 

 

 

 

 

あと先日のコピスのバスキングの様子がツイッターにあがっていました

 

これも「森のサーカス夜奏会」からのカレドニアの雨 

 

https://twitter.com/KisaragiYayoiM/status/934687092566777856/video/1

 

 

 

 

 

 

 

コメント

未発表の幻の2nd ソロから ~#2 Jug Of Punch / Paddy Ryan's Dream ~

2017年11月08日 | 音楽動画

 

 

             

 

 

 

2002年~2003年にかけてレコーディングして未発表に終わった幻の2nd CDから

2曲目に収録予定だったアイリッシュのスローリール セット

 

この音源をアップした中では最も再生回数が伸びているテイクで

修正無しのハープとホイッスル一発録音でした



ここで使用されているホイッスルは

一般のティンホイッスルより1オクターブ低いロー ホイッスルと呼ばれているものです

 

Celtic Harp 坂上真清、  Low Whistle 安井敬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

未発表の幻の2nd ソロから ~ #1 ディングルズ ヴュー ~

2017年11月01日 | 音楽動画

 

 

            

 

 

2002~2003年にかけてレコーディングしつつも諸事情により未発表に終わった

幻の2ndソロCDのラフミックス音源を1曲ずつ紹介! という事でYouTube投稿から昨日で5年目

 

1stの「クラルサッハ」がハープソロだったので

当時この2ndは全曲をアンサンブルで演奏するという企画にして

色んな人達に参加してもらった 

 

このディングルズヴューは1曲目に収録予定だったスコティッシュエアー風のオリジナルで

後に歌詞を付けてアニメ"灰羽連盟" の "Wondering" としてリメイクされ

自分としてもとてもいい出来だったため

当初の形で発表出来なかったのは少し残念だけど世に出せた事はとても嬉しかった

 

 

現在までまだ4曲目までしかアップ出来てないけれど 

ちゃんと完成しなかったラフミックス音源とは言え是非聴いてもらいたい思いもあるので

レコーディングした全11曲のアップもまた再開出来ればと思っています 

 

 

坂上真清 : ケルティックハープ      安井敬 : ホイッスル

西嶋佐知子 : フィドル              柳沢聡美 : コンサーティーナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント