レイニ-サイド ハ-パ-ズパブ

金属弦ケルティックハ-プ奏者「坂上真清」の演奏やCDの情報、またこれまでの音楽の動画などを中心に紹介しています。

三月三日で「燦々」リマスター音源

2021年03月03日 | ハンドリオン 演奏動画 PV

 

 

   

 

 

今日3月3日とのゴロ合わせで CD ムジカハンドリオン から

めくるめく奇数拍子が交差する東欧風のオリジナル曲の 燦々。

 

スライド画像の様な太陽が照りつける世界のイメージの曲です。

 

リマスター音質なので

出来ればヘッドフォンやイヤフォンなどで聴いて下さい 

 

 

 

 

 

 

コメント

クラルサッハ発売日記念 テレビの演奏動画

2021年02月24日 | ハープソロ 演奏動画 PV

 

 

  

 

 

今日2月24日は1stソロCD クラルサッハ の発売日。


CDで使用したのは現存する最古の3つのケルティックハープの1つ

15世紀クイーンメアリーハープのレプリカで

スコットランドのハープ製作者ティムホブロウに

5年がかりで作ってもらったもの。

 

彼は古楽ハープで有名なアンドリューローレンスキング

のハープも作っている職人です。

 

あと画面でも少し分かると思いますが

ボティには美しいケルト装飾が施されていて

15世紀当時と同じ柳の木から作られています。

 

勿論このハープは今も我が家に置いてあるので

いつかまたブロンズ弦を張り直して音を出せたら

なんて時々考えたりはするんですが、、、

 

ただ弦の間隔がとても狭く今使っているハープの半分位な為

これを弾くには慣れるための練習が必要で

今の演奏活動と並行してというのは

時間も含めると中々難しいのも実情 😌

 

 

ライブを自分で撮影するなんて

まったくしていなかった時代でもあり

現在このクイーンメアリーを弾いてる動画は

テレビカメラで撮影された2つしか残っていなくて

以下の動画は今となっては貴重なその中の1つ。

 

当時日本で開催されたケルティックフェスティバルの

プロモーションで出演した時のものです。

 

曲はアイルランドの古いものの1つでブライアンボルーマーチ。

シンプルだけどもしかしたら最も好きなアイルランドの曲かも、、

 

 



 

 

 

 

 

コメント

音の歳時記から "燦々" と "シシリアンワルツ"

2021年02月04日 | ハープソロ 演奏動画 PV

 

 

   

 

 

音や金時のライブが終わった後体調を崩して

1週間ほど寝たり起きたりの生活がつづいていました。

 

演奏するのもまずは健康体が最優先される事を

つくづく実感しています。

 

めまい系の症状で熱はまったくなかったのでコロナではありません。

念のため、、、😌

 

次は3月28日(日)に音や金時で音の歳時記を開催予定なので

少しずつ回復をしていけるような生活を心がけようと思っています。

 

近づいたらまたお知らせします♪

 

 

さて1月のライブから2曲フェイスブックに動画がアップされています。

 

フェイスブックのアカウントを持っていなくても観られます。

 

 

 

7と5の奇数拍子が行き交う東欧の音楽を意識した

ムジカハンドリオン 収録の 燦々 という曲のハープソロバージョン。

原曲よりテンポを落とし砂漠にメラメラと陽炎が沸き上がる様な

世界のイメージ。

 

 

 

 

 

森のサーカス夜奏会 収録の シシリアンワルツ のハープソロ。

敬愛するニーノロータを意識した曲で地中海の水平線に沈む夕陽の様な風景。

 

 

 

 

 

 

コメント

ケルティックハープ 音の歳時記 「In The Midwinter ~真冬の中に~」

2021年01月11日 | ハープソロライブ 写真 告知

 

   

 

ホームページ には載せていましたが

1月24日(日) 久しぶりの 西荻窪 音や金時

ケルティックハープソロ「音の歳時記」のライブがあります。

 

もっと早く告知したかったのですが

緊急事態宣言の店側の対応を待ってからにしました。

 

とりあえず20時までの時短要請に従う形で

営業するという事なので15時スタート17時終了予定で開催します。

 

店内では換気、消毒、食事無しなど

出来る限りの対策をしているとの事。

 

限定人数の予約制なので予約は

オフィスバンティングまでお願いします。 

キャンセル可能です。

(音や金時では受け付けていないのでご注意下さい)

 

予約&お問い合わせ 「オフィス バンティング」

e-mail  :   36ebunting@gmail.com

Tel  :  03-6383-5779 (留守電にでも可)

 

今回はタイトルにある様に

冬をイメージする様な曲を中心として

オリジナルとトラッドを演奏します。

 

音や金時は尋常では無い位音が響く場所で

金属弦ハープを弾くと本当に凄いんです。

 

そういう理由もありエスニック音楽のメッカとして

様々な民族音楽の演奏家が長年集っている場所ですが

ライブハウスはまた再び試練の時を迎えてもいます。

 

お店がこれからも存続できるように

是非応援もしていけたらと思っているので

もうあまり時間も無いですが宜しければ聴きにいらして下さい。

 

いらしてくれる人達の為にこれから色々準備して演奏しようと思います。

よろしくお願いします。

 

 

ケルティックハープ 音の歳時記 「In The Midwinter  ~真冬の中に~」

 

日時  1月24日(日)  開場 14:30 / 開演 15:00 (人数限定予約制)

料金  チャージ¥2500 (+1ドリンクオーダー ) 

場所  西荻窪 「音や金時」

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1 JR西荻窪駅北口 徒歩4分
TEL : 03-5382-2020  
 

予約&お問い合わせ 「オフィス バンティング」

e-mail  :   36ebunting@gmail.com

Tel  :  03-6383-5779 (留守電にでも可)

キャンセル可能です

 

 

この動画は以前音や金時でやったハープソロライブから

「雨の中のティアラ」です。

まったくエコーはかかっていないのにこの響き

 

 

 

 

 

 

 

コメント

森のサーカス夜奏会から ブルーベリーポルスカ 年内公開中!

2020年12月29日 | ハンドリオン 演奏動画 PV

 

 

   

 

 

ライブにもいらしてくれたミムラ姉さんの声を担当した

莊司美代子さんが今年4月に亡くなったため

ハンドリオン 森のサーカス夜奏会 から

ミムラの曲ブルーベリーポルスカのPVを年内限定でアップ中です。

 

何故ミムラ姉さんがブルーベリーなのか? 

の答えはコレ。

 

     

 


6~7年前に100均ローソンで展開していた

ムーミンキャラのパンがヒントでした。

 


他にもスナフキンのシナモンロールや

ムーミンパパのコーヒーロールなんかもあって楽しかった。

ただ何故かムーミンは覚えていない 😌

 

     

 

 

     

 

 

タイトルのポルスカとはミムラの故郷である

北欧の伝統音楽の3拍子系リズムの1つ。

 

31日まで公開中です!

 

 

[parts:eNozsjJkhIPUZENDA6Nks2Ln7JygspD0Cr9IJlMzAyZjQ1MmAyYEcHBwAAAUnwk8

 

 

 

 

 

コメント

ジャッキーマクシーの誕生日 上野さんとのトラッドライブから

2020年12月25日 | その他の演奏音楽動画

 

 

   

 

 

英国の伝説的なバンドだったペンタングルの歌姫

ジャッキーマクシーは今日12月25日のクリスマスが誕生日 

 

これは上野洋子さんとのライブで2人で演奏した

ペンタングルの英国バラッド Once I Had a Sweetheat。

 

グロッケンを叩きながらトラッドを歌う洋子さん。

結構レアだと思います ^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

巡音ルカが歌う Wondering

2020年12月21日 | その他の演奏音楽動画

 

 

   

 

 

今日12月21日はアニメ灰羽連盟のサントラ ハネノネ の発売日。


収録されたオリジナル曲の Wondering は色々カバーされていて

中でもこれは 巡音ルカ が歌ってくれている珍しいカバーです。

 

発売は1stソロ クラルサッハ と同じ今は無き パイオニアLDC で

これも不思議な偶然でした。

 

今でも灰羽連盟はDVDなども発売されていて人気があるので

どこか他のレコード会社さん

リマスターして発売してくれないだろうか 😌

 

 

これは実は元々 ヴァーミリオンサンズ の2ndの為に用意していた曲で

後には2002年にレコーディングした幻の2ndソロCD用に

Dingles View というタイトルでレコーディングしています。

 

2度この世に出そこなった曲だったんですがようやく

このハネノネに収録されてめでたく発売されました。

 

詳しくはこちらの ブログ で書いているので

良かったら合わせてご覧下さい。

 

 

以前はYouTubeにもアップされていたけど

今は削除されていたのでニコニコから。

 

 

          =補足=

そして何と毎年冬至は灰羽連盟の日という事になっているそうで

それが今年は今日だったんですね。

 

Twitterにツイートが沢山流れていて驚いた。

サントラのハネノネ発売日と重なるなんて凄い偶然!

 

 

 

 

 

 

コメント

セカンドキャンドルの演劇が県大会で3位に!

2020年12月09日 | ハンドリオン 写真 情報など

 

 

     

 

 

以前 こちら でお知らせした

ムジカハンドリオン 収録の セカンドキャンドル を音楽に使用した

横浜市最優秀賞作品  横浜市立洋光台第二中学演劇部の「アイズ」が

神奈川県大会で3位にあたる中文連会長賞と青少年センター館長賞

を受賞したそうです。

 

しかも大会開催日も12月6日(日) 

待降節第二主日のアドベントキャンドルで

2本目を灯す日という奇跡の様な偶然。

 

神奈川県には演劇のカリスマと呼ばれる

常勝の指導の先生などもいてレベルが高いという事なので

とても素晴らしい結果だと思います。

 

全国大会も来年あるそうですが学年も入れ替わってしまう時期なので

どちらにしても今の3年生部員にとってはこれが最後の舞台。

 

そんな事もあって顧問の先生によると生徒さん達とても頑張ったそうです。

 

 

してまた自分が作った音楽がそんな演劇の大事なラストシーンを

盛り上げる1つの要素になった事もとても嬉しく思っています。

 

本当におめでとうございます 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ハンドリオン の スコットランド関連曲

2020年12月01日 | ハンドリオン 演奏動画 PV

 

 

   

 

 

昨日11月30日はスコットランドの聖人を祝うセントアンドリュースデイ。


ハンドリオンの2ndCD 森のサーカス夜奏会 には

スコットランドに関するオリジナルを2曲収録しています。

 

1つは  "モスクワ広場のパイプ吹き"  という曲で

モスクワに赴任したスコットランド人が休日に

モスクワ広場でバグパイプを演奏するというストーリー。

(実際にモスクワ広場というのがあるのかは知りませんが、、)

 

たまに日本でも日曜に井之頭公園や上野で

バグパイプを吹いている外人がいるけどあんな感じのイメージです。

 

中間部にはモククワ広場でスコットランド人が演奏している

バグパイプの定番曲 Scotland the Brave が出てきます。

ライブではよく手拍子をしてもらっていました♪

 

 

そして彼は夕暮れになると楽器をしまい1人モスクワの街中に消えていく、、

 

 

森のサーカス夜奏会 レコ発ライブからの映像です

 

 

 

 

 

もう1曲は "カレドニアの雨" という曲で

こちらはPVを期間限定でアップ中です。


カレドニアとはイギリス北部の古い名称で今のスコットランド辺り。

 

高地の山間に降る夏の小雨みたいなイメージの曲。

雨のハイランド地方の美しい風景と共にこちらも宜しければご覧下さい。

 

また 森のサーカス夜奏会 のCDは現在も アマゾン

販売していますのでもし良かったらそちらも聴いもらえたら嬉しいです (^^♪

 

 

 

 

 

 

 

コメント

12月12日(土)「YOKOHAMAミッドナイトHAR★BAR 2020」演奏のお知らせ

2020年11月20日 | ハープソロライブ 写真 告知

 

 

     

 

 

12月5日、12日の2日間

横浜みなとみらいのクリスマス スペシャルイベント

「YOKOHAMAミッドナイトHAR★BAR 2020」が開催されます。

 

多様なプログラムの中で音楽イベントも目白押しですが

自分は12日(土)夜に演奏します。

 

横浜ベイホテル東急 1Fロビー

12月12日(土) 19:00    20:00    21:00   (各30分位)

 

このフライヤーの光景と金属弦ケルティックハープの音色は

キラキラ感があってクリスマスにはピッタリな感じですね

 

昨年も開催していた様なのでこれが第2回になるのかな?

 

 

今年は高円寺グレインの閉店により

毎年行っていたクリスマスライブが消えてしまったので

こちらの方へ宜しければ観にいらして下さい。

詳細は 公式ホームページ に

 

 

  

 

 

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

コメント