レイニ-サイド ハ-パ-ズパブ

ケルティックハ-プ(アイリッシュハ-プ)奏者坂上真清に関する情報や日々感じた事などのコラム このサイトはリンクフリ-です

営業受け付けます (-。-)y-゜゜゜

2010年11月27日 | 写真画像

 

 

 

 

 

 

昨日演奏した

  mana☆nama & 愉快な仲間たち 

の画像 入手したので ご紹介します   

 

 

 

 

 

                       

    

 

 

 

  

    

 

                        

     

 

 

 

 

 

           

                       

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

風に吹かれて

2010年11月26日 | 演奏情報

 

 

 

 

           

 

 

 

新宿ルミネエストの演奏

まず 寒かった 、、、

 

 

しかも天気予報が 夕方から雨の確立 50% という

1番イライラさせられるパターン

 

これならはじめからザーザー降りの方が

まだ気が楽である

 

 

でも結果的には演奏中どうにか天気はもってくれて

楽器は無事だったけど

屋上というのは地面にいる時とは風の吹き方が違うというのを

再認識した次第

 

 

こんな日は さぞかし山の上の方は寒いんだろうな

( ちょっと大げさか  ^_^; )

 

 

 

 

以前 アイリッシュのジグやリールって

少し寒そうな感じを受ける という様な意見を聞いた事があるけど

確かに演奏しながら こういう音楽には北風が似合うと感じた

 

風に吹かれながら演奏していると

何故か寒いのに 妙な心地よさがあるのである

 

 

日本海の荒波に向かって

津軽三味線を弾いている  みたいな感じに近いかもね

 

 

 

 

 

 

終了後の帰り道 しばらく歩いてたら

ついにと言うか 頭上からポツポツ と冷たい感触が

 

 

 

勿論 傘を持つ余裕などあるはずも無く・・・・ 

 

          

                

 

              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

オキャロランのクリスマス

2010年11月22日 | 演奏情報

 

 

 

 

 

           

 

 

 

12月4日 土曜日 

18世紀アイルランドの盲目のハープ奏者で吟遊詩人

オキャロランの作品を演奏するユニット

フェオエ (ファー・イースト・オキャロラン・アンサンブル) のライブがあります


 

場所はフェオエでは初めてとなる

ネパール料理のお店「音や金時」です

 

時期的にもいいので

クリスマスにゆかりのある オキャロランの曲も

やろうと思っています  

 

 

オキャロラン ファンの皆さん! (ここを見ている人の中にはいると信じます、笑)

予約は必要ありませんので

是非 聴きにいらして下さい

 

よろしくお願いします

 

 

 

 

  アイルランド18世紀の最後の吟遊詩人

盲目のハープ奏者オキャロランの作品を演奏するアコースティックユニット 

 

フェオエ  (ファーイースト・オキャロラン・アンサンブル) 


庄司祐子 ・ ホイッスル
中藤有花 ・ フィドル
坂上真清 ・ ケルティックハープ

 

12月4日(土)
西荻窪 「音や金時」  JR西荻窪 徒歩2分
18:30 Open 19:30 Start
チャージ料金 2600円
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

日がな一日

2010年11月18日 | よもやま話

 

 

 

ここの所 スカパーCSチューナーの調子が変である


普段自分は地上波テレビはほとんど見なくてCS放送ばかりの為

これってかなり大問題な訳で、、、

もう買って7~8年になるしやはり買い替えの時期だと思い

昨日 新宿の大手家電店テレビコーナーに行った

 

そしたら平日昼にも関わらずとても混んでて

整理券をとって待ってて欲しいとの事

 

番号を見たら何と 36人待ち 

 

どうも今月いっぱいで制度の変わるエコポイントの関係で

テレビを買う駆け込み客が殺到しているらしい

 

結局何時間待たされるか分からなそうだったので新品はやめて 

ヤフーオークションで同じモデルの中古を購入する事にした


これだと2~3千円で手に入るのだが

ただあくまで中古なので少し心配ではある


ほとんどが

「ノークレーム ノーリターンでお願いします」

みたいな事が書かれているし

この方法って安価だけど ある意味賭けみたいな所もあるよね


果たしてどうなる事やら 

 

 

 


ヤフオクついでにPCで色々見てたら

アマゾンでジョンレノンのCDを見つけた

 

実は先日ジョンのCDのリマスター盤が出たんだけど

今回のはすべてレコードで初めて世に出た当時のままの

ミックスがされているらしい


とりあえず1枚目の「ジョンの魂」を注文してみた

 


実はこれ 2000年位に1度リミックス盤が出てたんだけど

それまで聴いていたCDに比べて

楽器の音色、バランス、配置が大幅に変えられていて

ぜんぜん馴染めなかったのね   ┐('~`;)┌

(特にこの1stは酷かった)


 

でも今回は以前のミックスに戻したという事らしいので買ったけど

じゃあ 2000年のリミックスっていったい何だったの?


ちょっと商売旨すぎやしませんか ヨーコさん

 


まぁ そうとは分かってても結局ファンの性として

少しずつ購入していく事になりそうだけど・・・

何故かビートルズの時と同じようにまた限定生産とやらになっていて

よく分かんない展開になっているのである


いつものアップル社の商魂が炸裂しているのだ

 


でも最近は限定生産でも かなりの間アマゾンなどで入手出来る為

アップルの思い通りにはいかない様で痛快ではあるけど

 

 

 

 

徒労に終わった新宿だけど

せっかく行ったのに手ぶらというのも何なので

前々から行こうと思ってた中野中央図書館に寄って利用者カードを作った

 


ここには現在廃盤で手に入らない

ヴァルヒャのバッハ「イギリス組曲」のCDが所蔵されているので

それを借りるだけの目的である

 

さっそく予約注文したので

うまくいけば今月中には聴く事が出来そうだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

コメント

ニョロニョロの横で演奏した!

2010年11月14日 | 演奏情報

 

 

 

 

      

 

 

 

今日 吉祥寺にあるコピス吉祥寺前広場で

ハンドリオンのバスキング・ライブをしてきた

 

ここの所 屋外ライブづいているハンドリオンだけど

このスタイルは雨だと中止になるので

今日の様に曇りだとやや心配だ  

 

 

でも道行く人の多くが聞いてくれて

なんと9枚もCDが売れたのだ

 

おまけに前に置いておいたフィドルケースの中にも

若干の投げ銭が・・・

 

すべて通りがかりの人という事を考えるとちょっと凄い事だと思う

 

 

ここでは昨日からいろんなバンドが出演していて

今後の土日も続くイベントらしいので

吉祥寺にお出かけの際には是非お立ち寄りを!

 

 

また何とステージの横にはムーミンに出てくる

ニョロニョロ スタンドなるものがあって

僕は知らなかったけれど結構有名な所らしい

 

ワルツフォースナフを演奏するのに

これ以上ピッタリの場所などあるだろうか 

 

 

      

 

 

 

 

今後は

11月25日には フィドルの真奈ちゃん+イーリアンパイプとの3人で

12月25日には ハンドリオンで

新宿 ルミネエステ屋上イルミネーションの中 演奏する予定 

 

 

ちょい 寒いかもしれないけれど

防寒をしっかりして 是非聴きに来て下さい 

 

また告知します ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

15年ぶりの先鋭的硬派雑誌 発刊

2010年11月11日 | お知らせ

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

先日ハンドリオンが演奏した徳島創世ホールの館長である小西さんから

ご自身で製作した「ハードスタッフ」という本が送られてきた

 

これは氏が学生の頃から出し続けているという所謂ミニコミ誌だが

前号から何と15年ぶりの出版という事で

その内容もまさに15年分凝縮されたボリュームである


 

サブタイトルの先鋭的硬派雑誌という文字が目を引く表紙には

古典ホラーファンにはたまらない

ベラ・ルゴシという1930年代のドラキュラ俳優が使われ

またページを開くと怪奇大作戦の名作「京都買います」への

賛辞が載せられているではないか


これは自分と同じ趣味だと思わず唸ってしまった

 

 

    

 

 

 


先日小西さんとお会いした時は

まさかこんな趣味だとは知らなかった・・・

 

 


本の主な内容は上の表紙の通りだが

最初には関西パンクロックの重要人物 

故 林直人という方の大特集が組まれている

 

自分はこの辺りの音楽シーンにはまったく疎いので

とても興味深く

他も 伊福部昭、寺山修司、ダンスリー、赤塚不二夫などの

小西さんが好きだと思われる内容に彩られている

 

 

ご自身曰く  キャッチフレーズとしては

「ガロ」と「傷だけらの天使」と「大都会」と「松坂剛」と「ウルトラマン」と

「ウルトラQ」と「怪奇大作戦」をミックスしたような雑誌


というもので

これで分かる人には分かるという事  

 

まさに ~日本一過激な公務員~ の面目躍如です (笑)

 

 

 

実は昨日小西さんのミクシーを見たら

好みの映画やテレビ番組がかなり自分と同じ事が判明して

一連の円谷作品や栗塚旭、近衛十四郎の時代劇などが

あげられているではないか

 


なるほど 

これでベラルゴシや「京都買います」の意味も理解出来た気がした 

 

 

僕も「2001年宇宙の旅」や「惑星ソラリス」は大好きで

以前 こちら でもソラリスに関して触れている


もし小西さんこのブログ見ていたらご覧下さい

 

 

きっと

「ハマーフィルム」

「アミカスプロ」

「エクソシスト」

「ヘルハウス」

「血を吸うシリーズ」

「燃えよドラゴン」

「ピーターカッシング」

「クリストファーリー」

「中川信夫」 

「富田勲」

「金城哲夫」

「結束信二」


なんて どれもピン!とくるのではないでしょうか(笑)

 

 

これらのフレーズ 同じように何か感じた方は

ぜひ ハードスタッフ 読んでみて下さい


Amazon から購入出来ますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

初めての そして久しぶりの中目黒

2010年11月07日 | 演奏情報

 

 

 

   

       

 

 

 

今日は初めての場所となる中目黒の楽屋さんでのライブでした

 

藤野さんや真奈ちゃんはやった経験があるお店なので

ようやく自分も出演出来たという感じです 

 

かつてここ中目黒は日本にアイリッシュパブが無かった頃

東京在住の外人演奏家達を中心にした本格的なアイリッシュセッションが

初めて行われた英国料理店があった所で

自分も毎月来ていた思い出深い場所

 

そこでは自主コンサートも何度か開いて

先日久しぶりに会った吉田さんなんかにも来てもらったりしたし

クリスマスにはサンタの格好をしてキャロルを演奏したり (笑)

本当に懐かしい 、、

 

駅を降りて少し歩いたら

大通り沿いはすっかり店並びが変わっていたけど

裏通りに行くとほとんど当時のままで

ここでセッションの帰りに食事したなぁ とか

ここに車止めてて駐禁の切符をきられたなぁ とか

いろいろと蘇ってきた

 

 

 

さてそんなこんなで

13時に開演の為午前中にお店に行くという結構早いスケジュールで

何とか着いて看板を見ると な、なんと・・・・

 

      

 

 

なんか極悪な名前に・・・・

 

せめてジキルリオンだったら良かったのになぁ 

 

でも笑えるし まぁいいか 

 

 

一応やっぱり書き直してもらって ^_^;  リハ~本番と無事終了

 

土曜昼というため普段夜のライブに来ている人で

来られないという方もいたけれど

それでも沢山の人が聴きに来てくれました

 

今回は休憩無しで一気に1時間以上演奏するプログラム

 

CDに収録しなかった曲も聞いてもらいたかったので

何曲か織り交ぜての構成でした

 

終了後もCDを買ってもらった人にサインをしたりして

あっという間に時間は過ぎた感じです

 

客席にはジャケット全般を担当してもらったメリノさんも来ていて

何人かの人がCDにサインを貰っていたけど

 

そのCD ちょっと貴重かも知れません 

 

 

 

 

 

さて今年後半はCD製作中心に過ぎてしまった感じですが

とりあえずこのライブで一区切りという所です

 

CDを作ってから特にですが

少しでもハンドリオンの事を多くの人に知ってもらい

聴いてもらえたらと より強く思う様になりました

 

ただマネージャーがいる訳でもないので

メンバーで出来る広報活動というのに限界があるのも

実は結構痛感しています

 

それでせっかくインターネットという媒体があるので

これからはツイッターやマイスペース、ミクシィなども

もっと利用していこうなんて考えている所です

 

今までも You Tube などアップはしていましたが

やはりやらないよりはやった方がいいに決まってるし

実際に先日マイスペースにハンドリオンのサイトを作ったんですが・・・

まだ何もアップはしてません ^_^;

 

でもこれから動画や曲も少しずつ載せていけたらなんて考えています

 

それに地味ながらツイッターも実はちょっとだけやっているので

見つけたらフォロー よろしくお願いします (笑)

 

 

あと皆さんにも出来ればお願いなんですが 

それぞれやっているブログとかミクシー、ツイッターなどで

是非ハンドリオンのCDを聞いた感想とか、

ライブを観た感想などをどんどん積極的に載せていっていただけないでしょうか

 

勿論思ったまま、感じたままで結構です

 

結局本人達の言葉よりも第3者の感想というのが

一番説得力があるんです

 

それにきっとそういった草の根的な動きが

多くの人に知ってもらえる

大事な一歩なのかなと最近思うようになりました 

 

 

ハンドリオンを続けてきて感じるのは

音楽を聴いてもらった方達のリアクションが

こちらが考えている以上に良いという事がとても多くて

せっかくそれなら是非より多くの人に知ってもらえたらというのが

今 1番の思いです

 

 

是非皆さんよろしくお願いします  <(_ _)>

 

 

 

 

 

さてハンドリオンの通常ライブはこれで今年最後なんですが

実は12月25日のクリスマスに

新宿ルミネエスト屋上 イルミネーション群メインツリー前で演奏をします 

 

屋外ですが多分雨でもどこか屋根のある場所でやると思うので

中止という事は無さそうです

 

ただきっと寒いとは思うけど、、

 

18:00~ 19:00~  20:00~ 

それぞれ30分ほどやるのでもし良かったら遊びに来て下さいね

 

 

また通常のライブは年明けの

1月23日(日) 西荻の 音や金時 で行いますので

よろしくお願いします

 

こちらでは今日演奏出来なかった曲や

新曲も用意出来たらなんても考えています

 

 

随時またお知らせしていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

土曜日はCD発売記念ライブ

2010年11月04日 | 演奏情報

 

 

 

 

 

         

 

 

昨日 吉祥寺の点灯式のイベントがあり

いくつかの出演者に交じってハンドリオンで

30分ほど演奏してきた

 

駅前のロータリー広場に特設ステージを作ってというスタイルなので

当然の事ながら屋外の演奏になる為

雨の場合は中止になる性格上 特に告知はしなかったけど

運よく と言うか 晴れてしかも寒いという、、、、、

天候に恵まれた  

 

 

出演者も千差万別で

若手の女性演歌歌手や3人組のコーラスグループ、

シンカーソングライターの人、ハンドベル隊などなど

 

しかも何か吉祥寺の割りに客席に年配男性が多いなと思ってたら

どうも最後の演歌歌手の追っかけ隊みたいな人達が

多数陣取っていた様で・・

その歌手が出てきた途端 静かだった客席が一気にヒートアップ (笑)

 

ハンドリオンの音楽がどう聞こえたか定かでないけど  ^_^;

あまり経験出来ない面白いイベントでした

 

 

 

また 以前近くのシルバーエレファントで共演した

音楽絵本の川越さんとステージ裏でバッタリ!

 

どうも自分達の後に出た出演者のサポートメンバーとして出演するらしい

 

こういう事ってあるもんなんだね ♪

 

いつかまた シルエレでもハンドリオンで演奏出来たら嬉しい

 

 

リハーサルから本番までの時間は

藤野さんが講師をしている近くのスタジオでリハーサルをさせてもらい

土曜のCD発売記念ライブのリハや新曲の音合わせなども行なった

 

また来年1月のライブあたりで演奏出来ればなんて考えています

 

 

 

 

 

さて 今週の土曜は1stCD ムジカ・ハンドリオンの発売記念ライブです!

 

CDを出してから東京では初の演奏となりますので

是非皆さん 聴きにいらして下さい

 

 

勿論演奏後 会場でCDの販売も行いますよ

 

よろしくお願いします

 

 

      

     

 

 

◆11月6日(土)  《CD発売記念ライブ》

中目黒「楽屋」 http://www.rakuya.net/

12:00 Open   13:00 Start   チャージ料金 2500円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)