4CATS

この平穏退屈な日々にもそれなりに感動って在るもの。

右岸

2011-10-25 15:06:19 | 私の読書日記
江国香織の“左岸”が良かったので、それの対をなす作品、辻仁成の“右岸”も読んでみたけど、、、、正直、、、酷かった。

辻仁成の本、“そこに僕はいた”はすごく良かったし、江国とのコラボ小説“冷静と情熱のあいだ”も良かったので、今回普通に気になって読んでみたら、なんだこれ??って内容でがっかり。主人公も正直まったく好きになれないし、その母も。何もかもが「え???」って感じだった。いったいどうしちゃったんだろう・・・・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 図書館に行かなくちゃ!! | トップ | 小説 捨てていく話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私の読書日記」カテゴリの最新記事