4CATS

この平穏退屈な日々にもそれなりに感動って在るもの。

マイ スイトウ

2008-01-31 20:17:56 | とりとめもない話
エコのためと毎日のジュース代節約の為、とうとう水筒を買いました。
350ml入るこの水筒は、持ち運び的にも、中身の量的にもわりと理想かなと思って。
お金も貯まるし、地球も汚さないし一石二鳥になるかな~

絵柄はハート柄のてんとう虫。なんだか幸せになれそうです
コメント

新宿シティマラソン 健康部門に参加して~

2008-01-27 22:04:37 | とりとめもない話
いつかホノルルマラソンに出たいね!!と誓い合った職場の仲間二人とマラソン超ビギナーとして、手始めに新宿シティマラソンの健康マラソン部門に参加しました

健康マラソンなので、走行距離、たったの3キロです
だけど私にとって、人生初の3キロ。

これまで、最高でも運動会で1000メートル走に参加したことしかないもん。。。


だいぶ前から決まってたにも関わらず、練習(というか体を動かしただけ)を始めたのは今年になってから。
それも寒さに負けまくって、スポーツセンターでエアロビしたり、なんとかバイクこいだり、卓球したり全然特訓になってないって・・

当日、腰の捻挫で断念した友達に代わり、二人で頑張りました。
国立競技場からスタートして、絵画館前を抜けて戻ってくるコース。余裕だったのは最初の100メートルくらい。あとはもういつ走るのやめて歩き出そうかと、だけどちょっと前を走る友達の背中に励まされ、もうちょっともうちょっとと、ラストスパートは切ることさえ出来なかったけど、なんとか完走することが出来ました

走り終わった後は、モヤモヤしてたものがすごい勢いで取っ払われたような妙な爽快感。これがよくて皆走ってるのかな??
でも、冗談じゃなく本当に楽しかった

新しくウェアも買ったし、このまま怠けず走るの続けてみよう。


コメント

サッカー 日本VSチリ戦

2008-01-27 00:02:53 | とりとめもない話
行ってきました。
防寒対策、かなりしたつもりだったけど寒かった
私の席はゴール裏だったので、立ち見。立ってる足の指がしんしんと寒い。
もう寒すぎで、集中できない。ホットウィスキーとか体の芯から温かくさせてくれるものが必要だよ

おまけに今日の日本代表はなんとなくかなりテンション低くて、盛り上がりに欠けた。
サポーターもいつもに比べると俄然大人しかったなあ。
きっと寒いからだ。

2/6のワールドカップ予選は、靴にカイロを入れて観戦しようと思います。。

コメント (2)

誕生日には花を贈ろう

2008-01-22 23:54:05 | とりとめもない話
仕事中、下らない用で母にメールをしたところ、思いがけない返事が返ってきた。
それは、母の幼馴染で親友だった人の突然の訃報の知らせ。

その人は、母のひとつ年下で、もう60歳になるのに未だに軟式テニスを本格的にやり、県代表になって試合で日本横断しているような、母の友達の中でもダントツ一番にパワフルな女性だった。結婚して東京に出てきてからは、頻繁に会うこともなくなったけど、子供時代目の前に住み、学年は違えど、常に一緒に行動を青春を共にしてきた仲だ。私自身はそんなに会ったことはないけど、話だけは耳にタコが出来るほど聞いて育った。二人の青春時代の話はどれだけたくさん聞いても、ネタに尽きることがない。その人が息をひきとったその日の朝も彼女の話を聞かされていたばかりだったのに。

今回、彼女の夫から訃報の電話が来るまで、彼女が病気で入院していたことはまるで知らなかったことだったから、もうただただ信じられない思いがした。聞けば、癌とわかって入院してから半年だったという。治ると信じていたから、周りにも殆ど連絡なんてしなかったらしい。

母は、もっと昔話をたくさんしておきたかった、と言う。私じゃ単に聞くことはできても、けして分かち合ったりは出来ないからだ。

想い出を共にわかちあうことって、ほんとに楽しいことだもんね。
それが出来なくなった今の母の気持ちがわかりすぎるほどわかって悲しい。


ちょっと話が外れるけど、描いている絵をどんなに制作途上で、これからまだまだ手を入れるからといっても、毎回毎回その途中途中の絵を、未完成品としていい加減に終わらせてないで、筆一本いれる度ごとに、常にそこで終わりと言われても平気なように一筆一筆いい加減に塗っていてはいけないと言われたことがある。以来、それについてはわりと気をつけてるんだけど、これって、人間関係にも言えるのかなあとふと思った。つまり、言いたいこと、伝えておくべきことは、常にその時々で言っておく。ちゃんと伝えておくこと。


私も九月最後の日に、母にとってのその友達とまったく同じような幼馴染で親友の子とケンカをした。今回ばかりは堪忍袋の緒が切れたし、男も絡んでたしで、もう友達でも何でもない、と大人気なく絶交を実行していたけど、誕生日に花が贈られてきて、複雑だったけど、それ以上にほんとはすごく嬉しかったくせに、ついに「ありがとう」の一言さえも返さないまま、今日まで来ていた。
もうすぐ彼女の誕生日。送るかどうか迷ってたけど、やっぱり贈ろうと思う。
ただ、私以上に大酒飲みの彼女には、花か、ワインか(またはシャンパンか)ちょっと躊躇しているところだ。
コメント (3)

ブラッド レンフローの死

2008-01-17 23:31:36 | とりとめもない話
ブラッド レンフローが25歳の若さで急死しましたね。
“依頼人”や“マイフレンドフォーエバー”で抜群の美少年ぶりで世界を魅了した彼の突然の死のニュース、驚きました。

死因はまだわかってないようだけど、ドラッグとかもやっていたみたいだし、ハリウッドの光と影について考えさせられるなあ。有名になって脚光を浴びても、一生スポットライトを浴びた華やかな舞台に立っていられるわけじゃないし、これって、ハリウッドの世界だけじゃなく、頂点を極めたスポーツ選手や、他の人にも言えることだと思うけど、大事なのは舞台を降りた後の生き方なのかもしれないと。私なんかは、今のとこ脚光を浴びるような心配は全くないけど、転ばぬ先の杖ってわけじゃないけど、その後の人生のことをしみじみ考えて生きることも大事かなあって。でもそうゆう悩みを持ってる人って世の中たくさんいると思うから、その悩み、心にしまわないで、誰かと共有することも大事なのかな、私の場合は、本や、映画に思いっきり頼ります。本や映画はいつもかなりいろんなことを私に教えてくれてると思うこれ、とっても健全だと思うし。
つらくても、お酒や薬に頼ることだけは避けたいもの。
だってやっぱり、お酒は楽しく飲みたいものね

でも彼の死は、あのリバー フェニックスを彷彿とさせる。
心からご冥福をお祈り致します。
コメント (2)

ー○○ーに見えるかな??

2008-01-15 20:53:10 | とりとめもない話
私は普段眼鏡を掛けてるんですが、(目の中にブツブツがあるので、コンタクトは常用しないように言われているので)とある映画でマリア カラスを演じたファニー アルダンがかけていた黒縁眼鏡姿に妙に惹かれて、2個目の眼鏡を買いに行きました。(もちろん黒縁)一つ目もZoffで買ったので、2個目もそこで買ったのですが、あまりに混雑してるのに驚きましたそこには眼鏡を買うお客の列が。こんなに皆眼鏡買うの???ってくらい、ひっきりなし。Zoffのように眼鏡がぐっとリーズナブルになったお店が出来て以来、今や眼鏡を着替えるのは当たり前になったのかな~
コメント (2)

生きてこそ

2008-01-14 16:47:47 | 映画あれこれ
今日はちょっとひと昔前の映画の紹介です。
といってももちろん、クラシック映画ではなく、今となってはもうわりと昔の映画の話。

これは高校時代、友達にすごく見るのを薦められたまま、何年も放置していた映画。心のどこかではずっと気になってたんだけどね、ちょっと重いなあと思って、ずっと敬遠していたのです。

その友達とは数年前ケンカしたりで今はほぼ音信不通状態なんだけど、これを機に手紙でも書いてみようかなんて思ってます。


さて、映画生きてこそ
これは実際に1972年に起こった飛行機墜落事故での話。
チリで試合をするために向かった南米のラグビー部員とその家族を乗せた飛行機が、アンデス山脈で墜落してしまう。生き残った部員たちと家族が生きて無事助けられるまでを描いているんだけど、それがすごい。もう墜落のシーンからしてすごい衝撃。これはこれから飛行機乗る人は絶対見ないほうがいいかも。今まで飛行機墜落の映像ってあまり目にしたことがなかったけど、実際こんななのかなあと思うと、本当にぞっとする。そして落ちたのが雪山。それもアンデス山脈。もう見てるだけで寒い。墜落した飛行機と人間。その光景は悲惨極まりないけど、学生たちは突然の悲劇にショックを受けながらも、協力し合い、生き抜こうと、絶対に助かると励ましあう。その辺の精神状態もすごい。挫けたら、そこで終わりだ。だけど、全員ほぼ挫けない、時には神に祈る。私は無宗教だけど、こうゆう時、こうゆう場面で信仰心は結構大事なものなのかもしれないと思った。それからそんな過酷な状況でも時にジョークを言う。それもかなりキツイブラックジョーク。だけど、どんな時もユーモアを忘れないことの大切さ。これはアメリカ映画なんか見てるとよくあるけど、すごく大事なことだと思う。

もう私ならたった半日で、もうダメだと死んでしまいそうな状況の中、彼らは生き抜く。その日数がすごい。見てて一人で「えーー」って声を上げちゃうくらい。長い日数。あの雪山で。それからどう生還していくかはぜひ見てください。
本当に生きてこそ。生き抜いてみせると誓ったものの強さ。すごく逞しく、精神が洗われるようないい映画を見せてもらったと思います。

主演は、イーサン ホーク。彼はわりと本当に質のいい映画に出てるなあとつくづく思いました。
コメント

長靴を履いて~

2008-01-12 18:19:16 | とりとめもない話
ひさしぶりの雨。ちょっぴり期待してたけど雪にはなりませんでしたね。。

11月に長靴を買った私にとっては待ちに待った恵みの雨。
やっと長靴を履いて歩く機会が出来たわけです

今まで避けたり跳んだりしてた大きな水溜りも今日からは全然平気雨の日に履く靴に悩むこともなくなって。水溜りにもジャブジャブ入っていけるし。


でもやっぱり雪が楽しみだ~
今年こそはスキーに行きたいな
コメント (2)   トラックバック (1)

カンナさん大成功です!!

2008-01-09 23:12:38 | 映画あれこれ
今日はレディースデイなので、ビックカメラの上にあるシネカノンで韓国映画“カンナさん大成功です”を観ました。

これは、あの“白鳥麗子でございます”の鈴木由美子が書いた同名漫画が原作。
私も昔読んで超面白かった覚えが。鈴木由美子の漫画はほんとどれも可笑しい。そのくせホロリとさせてくれる、最近はとんとご無沙汰ですが、昔はほんと大好きでよく読んだなあ~


映画のカンナさんは、原作とは殆どストーリーが違ってます。
デブでブスのカンナさんが整形美人になるベースは一緒だけど、そこに韓国ドラマ風の味付けがたーっぷり。意地悪美女に、権力を振りかざす嫌な社長、やたら流す涙に、病気の父、それにいい友達。
なかなか笑えます。

だけど個人的には、原作のが好きだったなあ~
ほんと、今思い返しても笑える。



ところで、映画の前プランタンの地下2階のアールバーガーという店に入ってアールバーガーセットを食べたのですが、めちゃくちゃ美味しかった
かなり病みつきになりそう。それからその横にあるクレープ風に巻いたピザも美味しかった
コメント

ハチミツとクローバー

2008-01-08 22:42:33 | とりとめもない話
見ましたハチミツとクローバー。

切なかった~
やっぱ少女漫画の世界最高

あれ見てると、私も美大生になりたくなる!!!!!

友達から聞いてはいたけど、皆一方通行の恋なのね、いまどき珍しいけど、ああゆうのって、現実にあるのかなあ?あんな長い一方通行の連鎖はありえないだろうけど、ああゆう純粋に誰かを好きになる気持ちって今の自分じゃ考えられないけど、いいなあって思ってしまった。もう立派なおばちゃんだ。私

でもせめてドラマの中だけでも片足つっこんだ気持ちで見ちゃおう
コメント