歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

fraise 2…

2015-04-30 23:50:18 | Ich-Roman
われの掌(て)の苺をつぶせ燃えやすき母の嗄声(させい)も罪の匂ひも
コメント

oiseau…

2015-04-26 00:53:49 | Ich-Roman
恋一つ抱いてどこまで揚雲雀(あげひばり)真昼空より罪落つるまで
コメント

fraise 1…

2015-04-16 14:24:16 | Ich-Roman
バス窓に額よせ追へば苺売り「下鴨神社前」は眩しき
コメント

mouvement…

2015-04-15 12:41:43 | Ich-Roman
あの日から終(つい)が消えたり唐突にわたしのなかの恋の楽章
コメント

espoir…

2015-04-14 14:53:12 | Ich-Roman
あなたとの初夏目裏(まなうら)の京の空「下鴨神社前」のバス停
コメント

brumeux…

2015-04-11 15:02:54 | Ich-Roman
花の季(とき)花降る下(もと)にかへりきて後を追はばやさくら流るる
コメント