歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

花群…

2010-06-27 00:20:30 | Ich-Roman
花園の薔薇のときめき消へむとす エロスは地にて美(くは)しかりしや
コメント

火衣…

2010-06-20 17:30:02 | Ich-Roman
火のころも纏(まと)ひたるかな からみ合ふ裸身はあまたの闇を灼きしが
コメント

禁忌…

2010-06-17 07:23:53 | Ich-Roman
禁忌の扉(と)開くれば美(は)しき外国(とつくに)の をみなの眸(まみ)に愛は充てりき
コメント

四肢…

2010-06-15 09:03:17 | Ich-Roman
戒律に背けど愛の明(さや)かなる 四肢のま白きをみなのめぐり
コメント

風紋…

2010-06-11 07:43:06 | Ich-Roman
風紋を辿ればひとり水無月に失せしをんなよ心さわめく
コメント

葡萄…

2010-06-05 23:33:52 | Ich-Roman
ロザリオの玉散乱(ちりば)ふる空音かや 青き葡萄の零(こぼ)る水無月
コメント

磔刑…

2010-06-02 22:51:35 | Ich-Roman
唇のルージュを吸えば水無月の 炎(ほ)に闌(た)けてゆく胸の十字架
コメント

展翅…

2010-06-01 08:00:22 | Ich-Roman
さびしもよ内に炎(ほのほ)の唇(くち)をもて ルージュ闌(た)けたる六月の修道女(あま)
コメント