歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

cheville…

2015-08-29 14:44:05 | Ich-Roman
たましひの花をはるまで性あつし白き足首擦りつつ愛(かな)し
コメント

briller…

2015-08-25 14:35:19 | Ich-Roman
こみあげる感覚赤し目の澄める蕩児の指に下半身灼(や)く
コメント

jardin2…

2015-08-16 14:42:56 | Ich-Roman
名も知らぬ人忍び入る黙深く赤き花立つ夏の日の隅
コメント

re^ve…

2015-08-15 02:42:12 | Ich-Roman
巻きしめる脚の温もり夕やみに崩(く)れゆく姦の花房は熟(う)み
コメント

soleil…

2015-08-13 16:00:42 | Ich-Roman
むせるほどみだらをさそふ密会の愉楽はあかき日輪に似て
コメント

part des anges…

2015-08-09 14:13:30 | Ich-Roman
生なれば眠るべき夜を擦りあはす老の破身もけだものくさく
コメント

chaleur2…

2015-08-01 15:44:07 | Ich-Roman
好色の眩しき眼(まなこ)十八のこひびとよきみの風の鳴る海
コメント