歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

garance…

2013-10-31 14:58:17 | Ich-Roman
ほの白き背(そびら)が揺れて人妻の脚より染まる夕茜かな
コメント

vivre…

2013-10-29 17:21:37 | Ich-Roman
かなしみの乳房に赤き実の立ちぬ雌性は猛(たけ)く生きてあるらし
コメント

joue…

2013-10-29 17:17:13 | Ich-Roman
いくつものさびし夢みる幼子の涙量れよ声なき頬の
コメント

femme…

2013-10-28 18:03:42 | Ich-Roman
罪なせる身が朱色(あけいろ)に染まるときかすかに乳のにほひ垂るらし
コメント

arome…

2013-10-27 01:03:07 | Ich-Roman
唐突に乳房に花のかをりする雌性すがしき証なるべし
コメント

larme…

2013-10-23 12:44:25 | Ich-Roman
ぽろぽろと頬をこぼるる幼子の涙の清くこよなかりける
コメント

azur…

2013-10-18 04:31:44 | Ich-Roman
少年の青の薔薇窓朝明けて風となるらむひと恋ひゐたり
コメント

incarnation…

2013-10-15 11:38:38 | Ich-Roman
娶(めと)られし日よりをんなの裾さびしカニバリズムのごとき間男
コメント

ourlet…

2013-10-15 11:27:27 | Ich-Roman
少し間を置いてあなたが裾を割るいつも話が途切れたあとで
コメント

marques…

2013-10-15 11:25:38 | Ich-Roman
明かりさす乳房に情事の痕ゆるす守るものなく寝(い)ぬる夫人は
コメント

30ans…

2013-10-06 15:22:54 | Ich-Roman
かりそめも快楽(けらく)は美(くは)し頬熱くをんなが踵(きびす)踏む昼下り
コメント

violon…

2013-10-04 03:04:23 | Ich-Roman
海鳴りの音生(あ)れつぎてさめやらぬ夫人の勁(つよ)き足に夏照る
コメント