歌集春雷

生きることはイッヒ・ロマン(Ich-Roman)....
   

薔薇…

2009-04-27 10:29:51 | Ich-Roman
昼の底薔薇(うばら)は勁(つよ)し陽に抱かれ身をくれなゐに燃やしけるかな
コメント

夕暮…

2009-04-26 09:38:12 | Ich-Roman
春の日のかなしき色は 背向(そが)ひあふ家にも隈なき夕暮れの色
コメント

時辺…

2009-04-25 19:20:52 | Ich-Roman
美(は)しくあれ 希(ねが)ひを置きし時の辺のふりわけ髪のながく愛(かな)しき
コメント

一会…

2009-04-20 20:03:34 | Ich-Roman
処女の日の一会は去らず 少年の唇(くち)に置きたる甘き涙も
コメント

一色…

2009-04-17 09:02:10 | Ich-Roman
ひと色に直立(すぐだ)つ性(さが)のひと恋ふは 二十歳の恋のかたみなるかな
コメント (1)

反撃…

2009-04-15 20:52:29 | Ich-Roman
ものもたぬ手につらきことさはありて 反撃といふ旗は昏(く)れゐつ
コメント

花嵐…

2009-04-09 09:21:34 | Ich-Roman
大き手でサッと崩(な)れゆく花びらのいのちは風のなかを流れる
コメント

彷徨…

2009-04-05 09:32:29 | Ich-Roman
より処(ど)なく彷徨(さまよ)ふこころきみの手に掬(すく)はれしばし温(ぬる)む時はも
コメント (1)

黄壁…

2009-04-05 09:19:50 | Ich-Roman
時を経て淡々(あはあは)映る 黄の壁のモーツァルテウムの黄昏の徑
コメント

口吻…

2009-04-02 09:23:45 | Ich-Roman
口吻(くちづ)けるただひと色の時をこそ きみに与(あづ)けめきみを思へば
コメント (1)

桜坂…

2009-04-02 00:35:29 | Ich-Roman
きみと見る淡墨色のやさしくて 幾たび廻(めぐ)る夕映えの道
コメント